スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツイートテレビ  放射能、原発関連情報

     ツイートテレビ USTREAM中継チャンネル
   画面中央の大きな再生ボタンは押さないで左下の再生ボタンを押してください
    

       ツイートテレビ YouTube版 チャンネル
    スマホではYouTube連続再生リスト


   ツイートテレビ ホームページ・解説版へ

必見!「島津論文」動画!
原発事故~オウム事件~安倍晋三首相をつなぐ闇>





正確な全国汚染マップ ※黄色はOK
2011 [SAVE CHILD]放射能汚染から子供を守ろう.
放射能予報、汚染食品の注意など総合サイト
食品の放射能汚染 完全対策マニュアル (別冊宝島)
世界一わかりやすい放射能の本当の話 完全対策編

【まとめ】放射能・放射線量ホットスポットの地図とセシウム 汚染
【まとめ】放射能汚染マップ|放射能、地図、職業基金訓練etc
「政府をあてにするな」ブログ
全国の放射能濃度一覧
全国の食品の放射能調査データ
放射能数値の異変をメールでお知らせ!
スポンサーサイト

あの森永卓郎さんが「日航機墜落の真相」についてラジオで的確に解説!

あの森永卓郎さんが元日航客室乗務員の青山透子さんが書かれた「日航123便 墜落の新事実」についてラジオで的確に解説されていた。


青山透子さんが書かれた「日航123便 墜落の新事実」
20170803190724.jpg

特に秀逸なのは、この著者の青山さん(当時、客室乗務員)が同僚の客室乗務員の死亡した本当の原因を追究するため、日航を辞め、東大の博士号を取得し、自分でも客観的に事実を検証し、さらに専門家の見解を聞きながら書き上げた事だった。
 そして、特に強調している事が

〇米軍機が墜落場所を事故直後に把握していたのに、救出活動が12時間後になった理由が未だに不明である。自衛隊や政府、NHKなどは、御巣鷹山付近に墜落したという多数の目撃情報を無視し、救援活動を意図的に遅らせたとしか考えられない(自衛隊による「証拠隠滅」の時間が必要だったのだろう)。

〇救援活動に当たった多数の医師や消防団員の証言によれば、遺体は原型を留めないほど炭化していた(航空機事故では稀だという)。また、航空機用燃料(灯油とほぼ同じ成分のケロシン)とは異なるガソリンとタールの匂いが充満していた。燃焼区域は広範囲で、しかも燃料タンクが落下した地点とは離れていた(軍事専門家によれば、火炎放射器を用いた意図的な証拠隠滅の可能性があるという)。

特に後者の執拗なまでの生残り乗務員(特にパイロットらや機関士)を焼き殺した事だった。
DKAPyzHVAAEMYMR.jpg

ただ完全に絶命している乗客達はそのままだったようだ。
DKAP0oEUIAIywcV.jpg

また、当時、朝日新聞などにも掲載されていた、相模湾上空で日航機を撃墜したオレンジ色のミサイルが、乗客に撮影されていて、その解析結果も、専門家の分析により、ミサイルであった事が確認されたようだ。
DKAP2N-VYAAkXFC.jpg

 そして極めつけは、最近になって朝日新聞の記事になっていた、相模湾で発見された日航機の残骸の事だった。こんな重要な証拠物件を引き揚げしたのかどうかもわからず、その後、一切、この関連ニュースが出てこないことも、秘密保護法の成立のためか、と推測していた。
20170918223250.jpg



30213 (1) 

30214.jpg

 なお、この事件がボーイング社の修理ミスと捏造したことで、当時、GNP比1%以上の軍事費も国会でやっと認められたものの、逆に日本はアメリカに大きな弱みを握られてしまい、ヨーロッパのエアバスを買うこともできず何年も過ぎてしまった、と言うのだ。


墓場まで持っていこうとしている中曽根元首相。
e0069900_02295172.jpg

果たして日航機墜落の真相は語られることはあるのだろうか?




安倍政権から日本を守るときに野党は何をやっているのか!

 金融マフィアらが仕掛けた戦争やエボラ出血熱、最近は韓国MERSコロナウイルスなど、CH0TPNJUwAAYe7e.jpgCH0TPNMUcAAWb9t.jpg
国際情勢が不安定な中、今「アメリカの仲間」とみられるだけで斬首されるほど、テロ組織はアメリカに向いている。
実はイスラム国=ISISもアメリカの生んだ戦争屋の申し子であることはわかってきているが...)




このような時に、現政権は日本人を日本の国を守れるのか?なんとしても、安倍政権を引きずりおろさない限り、日本の平和はないように思う。

そんな野党がまとまって向かうべきときに、社民党や民主党は選挙で候補者擁立に自公とあいのりしたり、福島県知事選ではあの渡部恒三の甥で元福島県知事の佐藤栄佐久知事を失脚させて登場した佐藤雄平に出馬要請をしたり、本当に理解に苦しむ。社民党は党存続を望むあまり、魂を売り渡したと言ってよい。(和順庭ブログの「特捜に罪人に仕立てられた福島県佐藤栄佐久元知事は唯一イラク戦争に反対した県議会の知事」
http://wajuntei.blog.fc2.com/blog-entry-455.html
・ 「世界中のメディアに追い込まれる子殺し佐藤(雄平)福島県知事」
http://wajuntei.blog.fc2.com/blog-entry-830.html
を参考にしてもらいたい)

 何と言っても現政権について警鐘を鳴らしているのは、島津論文であろう。前回ブログに挙げたが、さらにわかりやすくまとめられているカレイドスコープの内容「安倍晋太郎、オウム真理教、ソ連の軍事科学者、これらの接点」を、カレイドスコープ「4号機の謎-安倍の核弾頭密輸話、オウム、イスラエルの工作」から一部抜粋してみた。


必見!「島津論文」動画!
原発事故~オウム事件~安倍晋三首相をつなぐ闇>




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
BvhDeSdCMAEJt1b.jpg

4号機の謎-安倍の核弾頭密輸話、オウム、イスラエルの工作
http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-3002.htmlから一部抜粋

安倍晋太郎、オウム真理教、ソ連の軍事科学者、これらの接点

日本の核保有を悲願としている安倍晋三は、どうしても核を手に入れるために、「ロシア・カード」を切ろうとしました。
米国大使館の2007年9月22日付け外交電で言及されているように、読売新聞は、ホワイトハウスに挑戦的な働きかけをしているのです。

「政府と国内の電力会社は、原子力発電所で使用するために、ウラン濃縮をロシア国営の核独占企業、アトムプロム(Atomprom)に移管するために、ロシアとの最終交渉に入ったことを昨日、知らされた」。
読売新聞は、このことをホワイトハウスに伝えたのです。
読売新聞が「国内の電力会社」と書いたのは、もちろん、東京電力のことであることは間違いないでしょう。

安倍晋三が日本の核武装を提唱するのは、彼の家系から発しているのです。

彼の祖父である岸信介は、戦時中、日本の原爆開発計画を育成し、戦後は首相として、民間の核開発計画を実行に移した男です。
岸信介は、正力松太郎などとともに中央情報局(CIA)から資金提供を受けていたとされています。

外務大臣を務めた晋三の父親である安倍晋太郎は、1980年代、オウム真理教分派(外国の情報機関のフロント)によって運営されていたロシア日本カレッジ(the Russo-Japan College)という研究機関の設立のために資金を提供したりして、ロシア・カードを使えないかと探っていたのです。
このロシア-日本カレッジは、崩壊するソ連から軍事科学者をリクルートしていた機関です。

日本の核武装をアメリカに受け入れさせるに際しての主な障害は、ペンタゴンでした。

キャンプ・デービッドでの大きな進展

安倍晋三のワシントン訪問に続いて行われた「取引」については封印されています。
ブッシュは、リチャード・ニクソンの失墜につながった盗聴を警戒して、プライバシーが確保されるキャンプ・デービッドでの会合を好んでいたようです。

そこにある質素なロッジで、2007年4月27日、ブッシュと安倍は、45分間、密かに協議したのです。
彼らの間で話し合われたことは一切外部に漏れていません。
ロシア・カードが示唆するように、安倍は濃縮ウランを買いに来ていたのです。

アメリカで製造された純度99%のウランとプルトニウムは、世界でもっとも純度の高い核物質です。

安倍は、難解なテクノロジーについての広い知識を持っています。安倍晋三の最初の仕事は、1980年代め、神戸製鋼のマネージャーとしての仕事でした。

そこにいた研究所員のうちの一人が、天文物理学者の村井秀夫だったのです。
彼は、コールド・モールドの金型にソ連の電磁技術を応用した人間です。
村井氏はその後、オウム真理教の科学部門を担当するようになりました。

オウム真理教は、安倍晋三の父、安倍晋太郎が始めた計画の下で、ソ連の兵器技術者をリクルートしていました。

安倍晋三は役人になった後、JETRO(日本貿易振興機構)の米国事務所に配属されました。

そのニューヨーク事務所は、先進技術を盗むため、ペンタゴンと防衛関係の請負業者のデータベースを解読するためのコンピュータを設置・運営していたのです。
ハッカー・チームは東京大学のトップのゲーマーに率いられ、この人物はオウムに入信しました。

1995年に東京地下鉄サリン事件が起こった後、安倍晋三は、父親である晋太郎のPRキャンペーンを展開していた“フランケンシュタイン・カルト”から距離を置きました。

イスラエルの裏切り

日本への核の出荷は、ホワイトハウスが持つ法的否認権のため、第三者の立ち入りを必要とします。

情報筋によれば、イスラエルは追加支払い金を東京に請求する際、エージェントというよりは、むしろブローカーのようにふるまい、日本に輸送する新しい核弾頭を古いものと差し替えて日本の届けたといいます。

その古い劣化した核弾頭は濃縮を必要とするため、日本側は激怒してイスラエルが差し替えた新しい核弾頭を返すよう要求したものの、イスラエルはこれを拒否したのです。

2008年秋、安倍総理が辞任した時から、ブッシュは御用済みになったので、東京(霞が関と永田町)は彼らを頼ることを止めたのです。
それで、日本の核開発者である経済産業省は、福島第1原発でウラン核弾頭を濃縮する以外に方法がなくなってしまったのです。

福島第1原発は核拡散防止条約の検査官の発見を避けるのに十分遠い場所にあります。

日立とGEは、プルトニウムのレーザー抽出工程を開発しましたが、それには膨大な量の電力を必要とします。
そのため、(原子炉のオーバーホールや部品の交換などの)決められたスケジュール以外にも、原子炉一機を余分に稼働をさせなければならないのです。2011年3月に巨大地震が襲ったとき、実際に、それが行われていた
ように。

東京は、国連でパレスチナ人の権利を支持し、テルアビブ(イスラエル)に軽い非難を加えていました。
イスラエルの秘密情報機関は、黙ってそれを見過ごしたわけではありません。日本の核施設をスタックス・ウイルスで攻撃したのです。


コンピュータのファイアウォールは、東北地震が起きるまで、スタックス・ウィルスを水際で防いでいました。

地震動は、第6建屋の後方に建っていた送電線の鉄塔を倒しました。そのために起こった停電によって、ファイアーウォールは瞬間的に解除され、制御システムを乱したのです。

コンピューターが再びオンラインになると、スタックスネットは予備電源である発電機をシャット・ダウンするために侵入し、その結果、地震が起こって津波が 襲ってくるまでの20分間、福島第一原発のポンプとバルブ(管理人注 ドライベントのバルブのことを指していると思われる)が作動しなくなり、タービン室 のある地下室は、そのまま津波にさらされ水没したのです。

そして、使用済み燃料プールへの冷却水の注入が止まり、プールの水の蒸発を早めたのです。
そのため、加熱した炉心の核分裂によって、爆風とキノコ雲が巻き起こったのです。

海辺に建つ福島第一原発を見おろす山の頂上付近に住んでいる飯館村の住人たちは、煙状のプルームを目撃し、のどの中で金属の味がしたと証言しています。

スタックスネット・ウィルスを放つことができるのはマグナBSP

信じられないことに、イスラエルの同盟国であり、経済的に庇護してきたアメリカが、そのイスラエルを標的にしているイランに濃縮ウランの提供を日本にやれ、と言ってきたのです。

この発表と同時に、2011年3月18日のHaaretzが報じているように、イスラエルの警備会社・マグナBSPが福島第一原発の警備会社として採用されることになった
のです。

figures (1)



島津論文に大筋で沿っている記事を、私も知らず知らずのうちに書いていたことに気がつきました。私は島津論文の存在を知りませんでした。

イスラエルは2010年2月24日に、福島第一原発の破壊を決めていて、その極秘任務に当たる2名のマグナBSP職員(もちろん、モサドだろう)が2011年3月11日の3週間前まで、マグナBSPのヘッドクウォーターで「訓練」を受けていたというのです。

しかし、島津論文が言うように、「日本政府が国連でパレスチナ人の権利を支持し、テルアビブ(イスラエル)に軽い非難を加えていた」ということが、福島第一原発破壊工作の原因だ」とするには、やや無理があるようです。

イスラエルのパレスチナの子供を狙い撃ちにした容赦のない攻撃は、ほとんどの西側諸国や国連の猛反対があろうと、まったく止む気配さえ見せていないからです。イスラエルは、いつものように平気で国際世論を無視しています。

もっとも、島津氏も本当のことは避けて書かなかったのかも知れません。
それは、こうです。

「福島第一原発を破壊しようという計画は、
「2003年に、小泉内閣の決定によって蒸気凝縮系機能」が、わざわざ10億円をかけて外された」ときに、その片鱗をのぞかせていたのです。攻撃の下準備は、2003年から始められていたということです。あとは、好きな時に最適にコンピュータ・ウィルスを流し込めばいいだけ。マグナBSPのヘッドクォーターで訓練を受けていた2名の隊員でもできるでしょう。

これは確認が取れないことですが、この記事で「小泉純一郎とブッシュとの間には、福島を核の最終処分場にしようという日米の密約があった!?」という情報を紹介しています。


すべては、ここから始まった・・・

つまり、ブッシュ、チェイニーらのネオコンも、イスラエルも、グルだったということです。
騙されたのは、相変わらず日本の政治家、小泉純一郎と安倍晋三だということです。


しかし、福島第一原発事故が起こった後の両者の身の振り方は、鮮やかなコントラストを描いているようです。

安倍晋三は、「CSISに帰ってきました」と言いました。
小泉純一郎は、「脱原発」を叫んでいます。

しかし、この両者は、実は同じゴールを目指しているのです。
それは「核の最終処分場の建設を急ぐ」ということです。

そして、安倍晋三は再稼動、核燃料サイクルの継続へと突き進み、軍事利権を掌握するでしょう。
片や、小泉純一郎は、自然エネルギー関連企業から原子力エネルギーとの攻防戦が激しくなる中、寄付金の額を増やすことができるでしょう。

衝撃!安倍首相と原発事故・オウム事件をつなぐ「島津論文」と元自衛官の告白

必見!「島津論文」動画!
原発事故~オウム事件~安倍晋三首相をつなぐ闇>




 ブログを書かずにいるうちに、日本だけでなく世界の戦争屋を始めとする金のためなら何をやってもいいという巨大な権力とそれを何とかしようという悪と善とのせめぎあいが、だんだん浮き彫りになってきて、書かずにはいられなくなった。

安倍政権の増税とガソリンなど諸物価高騰。国民からは厳しく取り立てながら企業減税するなど、今の政権も異常なら、庶民の味方とか平和とかブレーキをかけるといいながら、創価学会・公明党がアメリカの指令を受けて安倍政権と一緒になっている現状はさらに空恐ろしい。

止めることができず放射能が垂れ流しになって、まだ仮設に多くの避難民がいるのに、原発を再稼動させると言う疑問も、テレ朝スクープの長年政界工作をしてきた関西電力元福社長内藤千百里氏の歴代の首相への年2千万献金(国民の電気代から払われている)告発で納得できる。これは首相だけではないだろう。そして、このような献金を東電・中電も続けているらしい。

「3A(安倍・麻生・甘利)+1S(菅)+公明党派」による国民の議論を無視した集団的自衛権決議だけでなく、震災・原発事故、オウム事件、そして秘密保護法案をはじめとする権力側の隠ぺい工作。

そして、見えなかった一見バラバラな出来事が、ある日ツイッターに流れた元ジャパンタイムズ編集長の「島津論文」によって、繋がった。

これをどう判断するかは読者それぞれだが、安倍首相が原発事故にもオウム事件にも、さらにアメリカのチェイニー副大統領ともイスラエルとも深く関わっている存在だということがよくわかる。

 内部告発やマスコミのスクープなど、メディアや権力下にあった人達も目覚め始め、日本も世界も大きく変わろうとしている。

 ここでは、島津論文と元自衛官の集団的自衛権の危険性を指摘する告白を挙げた。アメリカの人達が、チェイニー元副大統領の陰謀を暴き始めたように、世界中の国々であらたな事実がわかりはじめてきた。一人ひとりが書くこと、言うことなど自分にできることをすることから、日本のいや世界中の人達が救われるのかもしれない。

と、ここまで書いていると、ドイツ紙Wahrheit für Deutschlandが、マレーシア航空のボーイング777型機を撃墜したとみられるウクライナのスホイ25のパイロットから、マレーシア機を撃墜するために同機に搭載されている砲を使用した話を聞くことに成功したという記事を掲載したニュースが飛び込んできた。これについては、真偽のほどを確認して、また述べたい。






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1、衝撃暴露情報!元ジャパンタイムズ編集長の「島津論文」


http://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=46952からの引用
_________________________________________

コメント追記:[rakuchi氏]元ジャパンタイムズ編集長の島津洋一というジャーナリストが書いた、超ド級暴露情報「島津論文」の内容をあっさりまとめてみます。
2013/05/21 1:00 PM NWO(新世界秩序) / 原発・放射能, 国内政治, 国家工作・諜報, *政治経済
竹下雅敏氏よりコメントをいただきました。

これは驚きました。幻の4号機の爆発シーンが見られるとは!
これまでなぜ4号機爆発の動画だけがないのか不思議におもっていましたが、あるもんですね~。
そしてこういう理由で出せなかったんですね。
(竹下雅敏)

はっちです。
超ド級の真相暴露記事の簡易要約です。とてもわかりやすいです。
(寄稿者のコメント)
転載元より抜粋)
取締り110番 12/12/9
自民党の現在の総裁は「安倍晋三」という男です。この男の経歴を知って、この男にまつわる疑惑を知って、それでも自民党に投票しようと言うのであれば、もはやかける言葉もありませんが、自分の息子や孫が徴兵されて戦争に駆り出されるリスクをどう考えているのか聞いてみたいところではあります。

安倍晋三については、元ジャパンタイムズ編集長の島津洋一というジャーナリストが書いた、通称「島津論文」を読んでみるのが一番良いでしょう。

http://mkt5126.seesaa.net/article/237609107.html

「長そうだから読みたくない」というモノグサな人の為に、内容をあっさりまとめてみますと

安倍の祖父の岸信介は、戦前は原爆開発、戦後も原子力政策に関与してした。親父の安倍晋太郎は、ロシア日本カレッジという研究機関の設立に出資し、この機関はオウム真理教によって運営されていた。安倍晋三は神戸製鋼に勤めた時期があるが、この時の同僚の一人が村井秀夫(後のオウム真理教幹部にして、暗殺された男)である。」 
文以外の情報を挟みますが、オウム真理教の「宗教法人申請」を東京都は拒否し続けていました。それに圧力を掛けて強引に認可させたのが、時の運輸大臣だった「石原慎太郎」です。地下鉄サリン事件が起こると、自分への繋がりがバレる前に(というよりも裏取引によって、政界引退と引き換えにマスゴミ緘口令を敷いてもらったのでしょう)石原慎太郎は突如国会議員を辞めます。
そんなオウムとの繋がりが濃厚な石原慎太郎を、地下鉄サリン事件が起きた東京都の都知事に何度も選んでしまうのですから、都民の民度も知れたものですね。(私も知らずに投票してしまったことがあり、反省しています) ここで「島津論文」に戻ります。

(続きはここから)

「サリン事件が起こると、安部晋三はオウムとの繋がりが隠し始めましたが、自分が首相の時には核武装への夢が捨てられず、ブッシュ・チェイニーと交渉し、兵器級プルトニウムの提供と、秘密裏の日本の核武装容認を求めました。安倍にはロシア寄りのカードがあったため、「ホワイトハウスが日本の核武装を認めないなら、日本はロシアと組む」というメッセージを、読売新聞を使って伝えたようです。

ブッシュは日本の核武装を認め、PANTEXという核兵器貯蔵施設から兵器級プルトニウムを盗み出させ、イスラエルを使って日本に密輸しようとしました。仲介者にイスラエルを使ったのは、万一事が発覚した時に、アメリカも日本も「知らん」と言える為の保険です。

しかし、イスラエルは、アメリカから渡された兵器級プルトニウムは自国の核兵器の為に掠め取り、代わりに劣化したプルトニウムを日本に届けました。(核弾頭のプルトニウムは時間の経過と共に劣化するため、定期的に新鮮なものと取り換える必要があります)

激怒した日本は返金を求めましたがイスラエルはこれを拒否し、ブッシュ政権末期になったこともあり、その後は日本も何も言えなくなりました。劣化したプルトニウムは再濃縮しないと核兵器として使えません。

そこで、日立とGEはレーザープラズマ濃縮技術を開発しましたが、これには膨大な量の電力を必要とするため、原発一基を営業外運転する必要がありました。そこで秘密裏に稼働していたのが福島第一原発4号機なのです。東電の発表では「定期点検中で燃料棒は抜かれていた」ハズなのに、4号機があのような「不完全核爆発」をしたことには、そのような裏があったわけです。」


大分要約してしまっているので、気になる人は原典を読んで下さい。いずれにしてもショッキングな内容ですが、厚さ10cmもの鉄筋コンクリートの建屋の壁が、小学校の理科実験でもたまにやるような「水素爆発」程度のもので破壊できるわけがないことは、自分の頭で考えられる人ならわかるハズです。しかも水素爆発なら水しか出ませんから煙は「白か透明」にしかなりません。さて、4号機爆発時の煙は何色だったでしょうか?


http://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=gDXEhyuVSDk



日本の海岸線に54基もの原発を建設したのは、中曽根を筆頭とした自民党の面々です。フクシマの惨劇が起きた後でも、自民党は一度も謝罪も反省もしていません。今後も原発を再稼働し、憲法を改正して基本的人権を削除し、自衛隊を国防軍にして核武装すると言っています。こんな政党に投票して自分や自分の子孫を危険に晒すのが目的でしょうか?

ポドン日本の敵国が存在するとして、日本を壊滅させるのは簡単です。海外線に並んでいる原発のどれかにミサイルを撃ち込めばいい。北朝鮮のノドン・テ程度のミサイルも迎撃出来ずに太平洋側に着弾させているような有様で、アメリカが売りたくて仕方のないPAC3をいくら並べた所で、一発も着弾させずに迎撃できるだなんて、本当に思っているのでしょうか?しかも、原発は電源を喪失するだけで自爆する事が立証されたのです。何もミサイルを撃ち込まずとも、原発に送電している鉄塔を倒せば事は足ります。そう言えばフクシマの時も、フクイチに電力を供給していた東北電力の鉄塔が「不思議に倒壊」しましたね。

まだ必要でしょうか?今度の選挙で自民党に投票する人を見かけたら、私は「大馬鹿者かパラノイア、そうでなければ国民を虐殺したがっている殺人鬼」だと思うでしょう。

自民党は、「消費税増税賛成」「原発推進」「改憲して核武装」「日米同盟強化」です。一応TPPには反対しているフリをしていますが、TPPとは企業を用いて日本の富をアメリカに流す方法です。自民党は昔ながらのやり方で、米軍と兵器購入を用いて戦争ビジネスでアメリカに富を流そうとしているだけです。最低賃金の引き上げにも反対しています。これでは、国土を守る前に国民が死に絶えますね。

_____________________________________

「超ド級暴露記事![島津論文]極秘のUS-イスラエルによる核兵器移動が福島の爆発をひきおこした」からの引用

http://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=46923
2013/05/20 9:30 PM NWO(新世界秩序), 地震・災害 / 原発・放射能, 国内政治, 国家工作・諜報, 竹下氏からの情報, 竹下雅敏氏, *政治経済
印刷用ページ
竹下雅敏氏からの情報です。
超ド級の真相暴露記事。この事が知られれば安倍首相をはじめ、事件に関わった者は全員絶体絶命だ。これから世界はどうなるのか。
非常にオモシロクなってきた。
難しい文章なので、ややこしい部分は省きました。
興味のある方は、元記事で全文をご覧下さい。
(竹下 雅敏)
————————————————————————
極秘のUS-イスラエルによる核兵器移動が福島の爆発をひきおこした(島津論文)
転載元より抜粋) 憂いの果てに ~次男坊のアフォリズム~ 11/12/30

Yoichi Shimatsu
10-2-11

ワシントンの情報筋によると、実際の爆発の原因は、アメリカの核兵器製造施設から不法に持ち込まれた核弾頭の核分裂で、使用済み核燃料冷却プールの冷却水の蒸発が、そこに保存されていた兵器級プルトニウムとウランの起爆につながった。

アメリカとイスラエルが、秘密裏に日本の核武装を支持しているという事実は、最近の歴史の中で最大の公的隠蔽とされている。アメリカの戦略兵器の盗難が、ブッシュ/チェイニー・チーム ー 安倍晋三首相 ー イスラエル政府のエフド・オルメルトという3つの関係の下、最も高いレベルで認可されたことを、一連の出来事の経過が示している。

東京のストレンジラブ

2007年前半に、ディック・チェイニー副大統領は、彼の最も親しい側近と東京へ飛んだ。新聞社説は、彼の訪問が秘密に包まれていると記している。

チェイニーは、久間章生防衛庁長官



を秘密会談から閉めだし、冷たくあしらった。防衛庁長官が、秘密の日本核開発計画をペンタゴンに明かすかもしれないという懸念だった。ホワイトハウスへの認可を求める日本の核開発計画に、統合参謀本部が反対するのは確実だったのだ。

発表されていないチェイニーの訪日の理由は、アジア太平洋地域における四カ国同盟を進めることにあった。4つの礎石 - 米国、日本、オーストラリア、インドが、中国とその同盟国である北朝鮮とロシアを囲い込み、対峙するように求めることだった。日本は、この大同盟が釣り合いを欠いているという見方をしていた

安倍は彼自身の核への野心のために、ロシアよりのカードを探っていた。

自民党が2006年9月に安倍を首相に選び、タカ派的な安倍は、防衛の厳格な体制と非核原則という戦後の政策を乗り越えていくことを繰り返し求めた。日本の核装備への支持は、彼の家系から生まれたものだ。彼の祖父である岸信介は、戦時中に原子爆弾のプロジェクトを育て、戦後は首相として、一般の核開発計画を制定した。彼の父安倍晋太郎(元外相)は、1980年代にロシアと取引をして、ロシア-日本カレッジを後援しているが、ここはオウム真理教(外国諜報機関のフロント)に運営され、崩壊したロシアから軍事科学者を雇っていた。

日本の核装備をアメリカが受け入れるにあたっての一番の障害はペンタゴンで、そこでは真珠湾と広島がアメリカ軍の優越性を正当化するシンボルとして残っている。

(続きはここから)

安倍が示したロシアのカードから、彼が濃縮ウランを買っていたことが示唆される。アメリカ製のウランとプルトニウムは世界で最も純粋な核物質で、99.9パーセントの純度をもつ。

安倍には、難解なテクノロジーに対する広い知識がある。彼の1980年代最初の仕事は、神戸製鋼のマネージャーだった。その研究者のうちの1人が、天体物理学者村井秀夫で、



村井は後にオウム真理教の主任科学者になったが、オウム真理教は安倍の父によって始められたプログラムの下、ソビエトの武器技術者を雇い入れた。安倍は政府の活動を始めると、JETRO(日本貿易振興会)の米国支所に配属された。そのニューヨーク事務所は、ペンタゴンと主な防衛システム開発請負業者の先進技術を盗み出すための、データベースを解読するコンピュータのホストをつとめた。そのハッカー・チームは東京大学の最高のゲーマーにより率いられ、彼はオウムに入った。


1995年の東京地下鉄サリン事件後、安倍は公共関係のキャンペーンのため、オウムと距離を置くことになる。

テキサスでの犯罪

BWXT Pantex(アメリカの核弾頭施設)は、有効期限を終えた核弾頭の保存場所として用いられている。

ブッシュと安倍がキャンプ・デービッドで会談している間、Pantexの500人の組織化された警備員が、45日間のストライキを始めた。

2ヵ月間にわたるストライキの合間を縫って、弾頭芯を載せたトラックがゲートから出た。容器に詰められた約16トンの核弾頭は、核分裂防止のため冷蔵された容器の中に入れて牽引された。

イスラエルの裏切り

日本への核の積荷は、ホワイトハウスによる法的否認権のため、第三者の仲立ちを必要とした。情報筋によれば、イスラエルは追加支払れを拒否した。対してイスラエル秘密情報機関は、日本の核施設をStuxnetウイルスで攻撃した。2008年秋、安倍総理が辞任した時から、東京は援助を求めることイスラエルは彼ら自身の兵器のために新しい核弾頭をかすめ取り、古いものを届けた。劣悪な弾頭は濃縮を必要とするため、日本は激をやめ、ブッシは役に立たなくなった。

日本の核の開発者である経産省は、福島第1原発でウラン弾頭を濃縮する以外に方法がなかった。(福島第1は核拡散防止検査官の発見を避けるのに十分遠い場所にある)日立とGEはプルトニウムのためのレーザー抽出方法を開発したが、それには膨大な量の電力を必要とする。これは原子炉一機が予定外の稼働をしなければならないということで、3月の地震が襲ったとき、それが実際に行われていた。

日本は国連のパレスチナの権利を支援することで、テル・アビブに対して平手打ちをあびせたが、それに対してイスラエル秘密情報機関は、日本の核施設をStuxnetウイルスで攻撃した。
いを東京に要求する際、エージェントというよりブローカーのようにふるまった。怒して返済を要求したが、イスラエルはこれを拒否した。

福島第一原発事故の真相に迫る! 4 〈スタクスネットが世界中の原発をメルトダウンさせる?!〉

東北の地震までは、ファイアウォールがStuxnetを寄せつけなかったが、地震は6機の原発の背後にあった送電塔を倒壊させ、停電がコントロールシステムを崩壊させ、少しの間ファイアウォールを停止させた。コンピュータが再びオンラインになると、Stuxnetは予備発電器をシャットダウンするために浸入し、地震と津波の間の20分間、福島第1のポンプと弁が動かなくなり、タービン室は洪水被害にさらされた。

貯蔵プールへの冷却水の流れが止まり、蒸発が速まり、過熱した核弾頭の分裂が、爆発ときのこ雲につながった。

課せられる罪

東北の地震と津波は、福島第1に損害を与えるのに十分強力だったが、この天災は2つの外部要因によって非常に拡大されることとなった:津波前の危機的な20分間にコントロールシステムをシャットダウンしたStuxnetウイルスの拡散; そして核施設を破壊し全ての地域を汚染した兵器級核物質の存在。

関係する3つの勢力の中で、誰に最も罪があるのか?

ホワイトハウス、特にブッシュとチェイニー、そしてDoEの共謀加担者は、安全装置なしで違法に核弾頭を運び出し輸送したことに対する責任がある。

イスラエル国家は、アメリカの戦略的装備を盗み出し、日本政府に対する詐欺と強奪をおこなった。そして戦争行為にも等しい重要なインフラへのコンピュータ攻撃に関係し、致命的な結果を招くことになった。

安倍首相と経産省は、憲法に反して兵器級核物質を供給し、危険性を無視して、向こう見ずで無秩序な保管、濃縮、抽出をおこなった。安倍が、最初にウランとプルトニウムの濃縮を求めなかったならば、他の勢力が関係することはなかっただろう。日本が犯罪への加担を生み出したのだ。

国際刑事裁判所は、何百万人の人々の健康-日本、カナダ、アメリカ合衆国、ロシア、南北朝鮮、モンゴル、中国、おそらく北半球全域に関する訴訟をとりあげるだけの十分な根拠を持っている。福島の災害は、卑劣な独裁による人権侵害以上の罪であり、ニュールンベルクや東京裁判所の告訴に匹敵するほどの、人道に反する罪だ。起訴をしないということは共犯のようなものだ。

もしもあらゆる暗雲の中に希望の兆しがあるとすれば、それは東北の地震と津波が、第三次世界大戦への動きを止めることで、さらなる愚挙から世界を救ったということだ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2、元自衛官(防空ミサイル部隊所属)の告白

ブログ「思索の日記」からの引用
http://blog.goo.ne.jp/shirakabatakesen/e/40768d2be233f251b6ff75903613f0db
街頭(6月30日 神戸・三宮の街宣活動に飛び入りで) 元自衛官(防空ミサイル部隊所属) 泥 憲和さん


 突然飛び入りでマイクを貸してもらいました。 集団的自衛権に反対なので、その話をします。 私は元自衛官で、防空ミサイル部隊に所属していました。 日本に攻めて来る戦闘機を叩き落とすのが任務でした。

 いま、尖閣の問題とか、北朝鮮のミサイル問題とか、不安じゃないですか。 でも、そういったものには、自衛隊がしっかりと対処します。 自衛官は命をかけて国民をしっかり守ります。 そこは、安心してください。

 いま私が反対している集団的自衛権とは、そういうものではありません。 日本を守る話ではないんです。 売られた喧嘩に正当防衛で対抗するというものではないんです。 売られてもいない他人の喧嘩に、こっちから飛び込んでいこうというんです。 それが集団的自衛権なんです。

 なんでそんなことに自衛隊が使われなければならないんですか。 縁もゆかりもない国に行って、恨みもない人たちを殺してこい、 安倍さんはこのように自衛官に言うわけです。 君たち自衛官も殺されて来いというのです。 冗談ではありません。 自分は戦争に行かないくせに、安倍さんになんでそんなこと言われなあかんのですか。 なんでそんな汚れ仕事を自衛隊が引き受けなければならないんですか。 自衛隊の仕事は日本を守ることですよ。 見も知らぬ国に行って殺し殺されるのが仕事なわけないじゃないですか。

 みなさん、集団的自衛権は他人の喧嘩を買いに行くことです。 他人の喧嘩を買いに行ったら、逆恨みされますよね。 当然ですよ。 だから、アメリカと一緒に戦争した国は、かたっぱしからテロに遭ってるじゃないですか。 イギリスも、スペインも、ドイツも、フランスも、みんなテロ事件が起きて市民が何人も殺害されてるじゃないですか。

 みなさん、軍隊はテロを防げないんです。 世界最強の米軍が、テロを防げないんですよ。 自衛隊が海外の戦争に参加して、日本がテロに狙われたらどうしますか。 みゆき通りで爆弾テロがおきたらどうします。 自衛隊はテロから市民を守れないんです。 テロの被害を受けて、その時になって、自衛隊が戦争に行ってるからだと逆恨みされたんではたまりませんよ。 だから私は集団的自衛権には絶対に反対なんです。

 安部総理はね、外国で戦争が起きて、避難してくる日本人を乗せたアメリカ軍の船を自衛隊が守らなければならないのに、いまはそれができないからおかしいといいました。 みなさん、これ、まったくのデタラメですからね。 日本人を米軍が守って避難させるなんてことは、絶対にありません。 そのことは、アメリカ国防省のホームページにちゃんと書いてあります。 アメリカ市民でさえ、軍隊に余力があるときだけ救助すると書いてますよ。

 ベトナム戦争の時、米軍は自分だけさっさと逃げ出しました。 米軍も、どこの国の軍隊も、いざとなったら友軍でさえ見捨てますよ。 自分の命の方が大事、当たり前じゃないですか。 そのとき、逃げられなかった外国の軍隊がありました。 どうしたと思いますか。 軍隊が、赤十字に守られて脱出したんです。 そういうものなんですよ、戦争というのは。

http://radiobondoodle.tumblr.com/post/88373244083

ブログ再開します。

2月からずっとお休みしていましたが、また書き始めることにします。去年は、治療のためやらなければならない庭仕事がほとんどできずにいたので、暖かくなってからは、一日中庭仕事に追われていました。気がつくと半年ほど書かずにいたことになります。

 この間、ツイートテレビとすっぴんトークで意見を述べるだけでしたが、ブログもまた書くことにします。

この指とまれ!脱原発の止まり木は細いけどみんな集まれ!

脱原発!この指とまれ!一市民・無党派の止まり木に、みんな集まれ!吉永小百合さんも山本太郎さん、地方の新潟の泉田知事や沖縄名護市長らも、政党を超えて、集まれ!国民が変える日本の政治!

細川護熙候補を応援する有志記者会見が行われた。この何とか日本のために、危険な原発を止めようと立ち上がった人々の思いを無駄にしたくはない。日本が民主的な国家であるためにも、このまま進むのは危険!私達国民がはっきりNO!をつきつけて政治を変えよう!


【都知事選】細川護熙候補を応援する有志記者会見140131: http://youtu.be/pe9Fd-CmSDY

テーマ : 2014東京都知事選挙
ジャンル : 政治・経済

乳癌 治療にあたって心がけたこと

 誰でも癌の宣告をされるということは、平静を装っていても、実際はパニック状態になる。冷静に事実と向き合えるようになるまでの心の葛藤がないとはいえない。そこで、いくつかの治療を受ける上での心がけることをまとめてみたい。

 ジェイン・プラントもその著「乳がんと牛乳」で述べているように、よりよいがん治療を受けるためには、一般外科医ではなく、乳癌の専門グループ(外科医、放射線治療医、化学療法担当医)の治療を受けることや、診察で治療について説明を受けるときは、決して一人では行かないこと、重要な選択を迫られたときはその場で決めずに先送りにすることなどを心がけて治療を受けるようにするとよい。

 特に、私は検査結果の説明を受けるときや、今後の治療方針を決めるときは、必ず夫に付き添ってもらうようにしている。親でも友人でもとにかく一人で説明は受けないことが大事だ。

なぜなら、パニック状態になっていると、聞いた言葉がただ通り過ぎるだけで、肝心なことが残っていない。後で夫に言われて、そんなこと言われたかというようなこともある。また、夫と聞いたことで、抗癌剤治療をどうするかなど、家庭でも相談することができる。

医師のメモや、説明の記録などが、どれだけその後のセカンドオピニオンを受けるなどの相談や診察の際、役にたったか。メモなどを取りながら聞くのもよい。

乳房切除にするか部分切除にするかなど、とりかえしのつかない重要な選択をしなければならないときには、パニック状態に陥っているなら決定を急がずに 先送りにするようにし、自分が冷静でないときは重要な決定をしないようにする。

 ある時、私は通院している病院の受付でいきなり「この病院は、一人で来るんです。」と言われたことがある。この受付担当個人の考えだと思うから、何もわかっていない発言だと思い、ぐっとこらえ無視したが、こんな病院には通えないとそのときは心底思った。何人でくるかまで強制されたくないし、される必要もない。何人で来ようと患者の自由だ。

不用意な受付の一言がその病院の信頼度にもかかわってくる。癌患者をどうフォローするのかを知っていれば、このような言葉は出ないはずだ。そのように言われたが、その後も説明を受けるときは、決して一人では行っていない。ただし、この担当者が受付にいると今だにいい気はしない。

 放射線・抗癌剤・ホルモン治療といくつかの病院を渡り歩くと、おのずと病院の体質というのか、医療への取り組み方が見えてくる。

医師や看護士に何か患者を怒らせるようなことがあっても、それを教訓として、スタッフがよい方向へ導こうとする病院は、だんだん安心して治療を受けられるようになる。病院の体制が患者に向き合おうとしているからだ。

 癌摘出手術後、麻酔が切れて激痛が走ったとき、医師がおらず、しばらく手術室前に放置され、痛みに耐え切れず叫んだときも、看護士さんは必死で医師を探し、病室で痛み止めの注射をしてくれた。医師は現れずじまいだった。

放射線の医師の心無い一言に傷ついたときも、その後の看護婦さんなどはそれをフォローする体制でカバーしてくれたように思う。

 治療は、標準治療が確立され、どのような医師でも同じような説明になるだろう。問題なのは、それに患者の精神状態がなかなかついていかないことだ。冷静に受け止められる生活が送れるようになるまで、何ヶ月もかかる。

 特に、抗癌剤については、医師の立場からすすめる意見と抗癌剤で殺されるという意見と真っ二つに分かれ、悩む。私は、セカンドオピニオンを受けたり、雑誌「プレジデント」『「がん」解明9つの真実』の中の近藤誠医師の記事の信憑性を求めて、夫に出典となっている英文のデーターを徳大の図書館で探して分析してもらったりもした。その結果、引用しているデーターから、その記事には何ら説得力がないという結論に達した。

多くの患者がともすると機械的に処理されてしまうから、私たちは治療に協力しながらも理不尽なことは理不尽と言わなければならない。患者の声を聞くことが、病院にとってもよくなる一助となるだろうし、またそのようにできない病院は、多分今後見向きもされなくなっていくことだろう。

テーマ : 乳がん
ジャンル : 心と身体

プロフィール

和枝

Author:和枝
 高校教師をやめ、ガーデニングのブログを書くうちに、気づいた小沢問題の陰に潜むマスコミや検察の腐敗をブロガーたちと追究し、小沢一郎氏の無罪判決を得ることができました。

「和順庭の四季おりおり」と題したブログの時から御支持いただいた真実を追究する仲間や冤罪被害者の皆様に支えられ、市民メディア「ツイートテレビ」を立ち上げ、私も生まれ育った東京を離れ、「生活の党と山本太郎と仲間たち」に習い、心機一転、主人の郷里・徳島にてエネルギッシュで常に現実に向き合い情報発信する生活をしています。
 
 それに伴い「和順庭」と名づけた庭も徳島県へ引っ越しました。



※寄付のお願い
■郵便局からの振込みの場合
口座 ゆうちょ銀行
記号 10000 番号 88352491

■銀行からの振込みの場合
口座 ゆうちょ銀行
店番 008 普通預金
口座番号 8835249
口座名 服部 和枝

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。