スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

検察審査会を政治的に利用して検察の権限行使の限界を超えさせようとする動き

「小沢対検察」シリーズも終わるかに思えたのだが、検察審査会の「起訴」決定により、また書き始めることにした。この「起訴」について、「日々坦々」ブログが、週刊朝日の「「検察審査会を政治的に利用して検察の権限行使の限界を超えさせようとする動き」を引用し、「郷原信郎氏と上杉隆氏による『暴走検察』緊急出版特別対談」を取り上げている。

検察の決定を左右するほどであるのなら「検察審査会」や告発市民団体のメンバーについても明らかにし、具体的に起訴理由を国民に知らせることをしなければ、「国民の代表」とか「市民の代表」とかとして登場してくることに国民や市民は戸惑いを覚える。

マスコミ操作により、小沢幹事長の政治生命を絶つために、日本国民の不利益になることへ黙ってはいられない。書いても無駄だと思いながら書かずにいられない。

田中角栄は、日本国民のための政治をしようとして無罪ながら裁判半ばで死去したが、同じ轍は踏ませない。

このことにより、検察・特捜部に徹底的にメスが入れられることを望む。

 このときとばかりテレビで小沢批判を繰り返す民主党生方議員に、ここへ来てテレビ出演者も冷静に判断し、意見が言えるようになってきていることに救いを覚える。

沖縄県民のために努力している民主党や政府を批判するばかりでなく応援のエールをおくっている者もいることをわかってほしいと思う。


日々坦々
http://etc8.blog83.fc2.com/blog-entry-424.html

日々の出来事をボヤキつつ、日本が直面している諸問題の根源を追求する

「検察審査会を政治的に利用して検察の権限行使の限界を超えさせようとする動き」(週刊朝日)

2010⁄04⁄27(火) 06:00

先週は少し批判的な評価を下してしまった週刊朝日だったが、今週の合併号はあらためて考えさせられた、いい内容だった。

(週刊朝日5/7・14号)

まず≪尽くして尽くして足蹴にされる日本・・・アメリカにもの申せ!≫では日米関係のあり方を問うている。
この内容は買って読んでいただくとして、ここではリード文だけを紹介させていただく。

≪アメリカは同盟国である日本をどう思っているのだろうか。普天間基地移設問題では、鳩山政権が模索する新たな移設案に耳も傾けず、米紙は日本の首相を「愚か」だと酷評した。だが、米国の政策に従い、米国財政を支え、米国民の雇用を助けてきたのは日本ではないか。そろそろ、最大の同盟国との関係も、冷静に「仕分け」してみてはどうだろうか。≫ 
大賛成である、日米関係は仕分けの対象とすべき。

今号での一番の注目記事は、何といっても郷原信郎氏と上杉隆氏による『暴走検察』緊急出版特別対談。

タイトルは 「小沢捜査 検察審査会の"判決"を斬る」 だ。

リード文
≪検察が執着した「小沢追及劇」は歯止めの利かない公権力の恐ろしさを浮き彫りにした。彼らは、どこで道を踏み外したのか。一連の本誌特集記事をまとめた『暴走検察』(朝日新聞出版)の著者でジャーナリストの上杉隆氏と、元検事で『検察が危ない』(ベスト新書)を上梓したばかりの郷原信郎・名城大学教授が、語りつくした。≫


郷原氏は検察審査会が2009年5月から「起訴相当」の議決に強制力を持たされた意味を二つ上げている。

一つは、刑事事件の処分において被害者・遺族の意向を尊重する方向性
で、

「明石歩道橋事故」や「JR福知山線脱線事故]などの強制起訴はその流れとのこと。
もう一つが今回の小沢さんの事件で、これについては郷原氏は、検審の議決は性格が違うんじゃないかと次のように言っている。

≪そもそも小沢さんの事件は、検察自身が勝手に暴走した挙げ句、力尽きた。それを、マスコミが検察審査会をあおることで、再び暴走の方向に戻そうというもので、検察審査会を政治的に利用して検察の権限行使の限界を超えさせようとする動きに見えます≫ 
 



この部分を読んだ時に、以前よりモヤモヤしていたものが少し整理された、と感じた。
これは私見だが、 検察とマスコミを操っているのは、やはり同一の存在であるということだ

民主党政権が続いてもらっては困る、というその存在は、牽引者である小沢一郎にターゲットを絞り込み、政権交代前から仕込んできたが、最終的に検察は、それに応えられず失敗した。その後、今度はマスコミを使って煽り続け、検察審査会を利用して追及劇の幕を閉じさせないように、こじ開けようとしているのである。

マスメディアによる世論誘導で、世間の鳩山政権を見る目は日に日に冷たくなっていることを見れば、完全に成功している、といえる。が、それが即、鳩山政権と民主党を崩壊させるだけのものではないため、とにかく最終的に小沢さんを辞任にまで追い込むことが至上命題になっているのではないかと思う

この対談の中で、郷原氏は結果に対して否定的だったが、上杉氏が気になることを言っている。

≪小沢サイドを取材すると、いまの世論では「起訴相当」が2回出されて強制起訴となることを織り込んでいるようです。その2回目が参院選後になるのか、・・・・そのとき、また1年前と同じ戦いが待っているだろうと覚悟している。実際、小沢事務所は、そうした事態を見込んで「最終戦争」の準備をしているといった感じです。≫


*****政治ブログ***********

連日、マスメディアによるネガティブ情報に接している一般国民が審査をすれば、結果としては世論調査の数字が反映されることになる。その審査員が、マスメディアの情報以外のものに到達でき得れば、少しの希望もあるが・・・。

やはり、マスメディアの中でもテレビの影響力というものは、スゴものがあると思う。視覚によって入ってくる情報は、手軽で安易に入り込み、潜在意識の中に刷り込まれる。新聞・雑誌などは、ブログやネットメディアを通して、同じ活字媒体として、微々たるものだが対抗していける要素は少しはある。

しかし、テレビなどの視覚メディアについては、その規模も視聴者の数も大きすぎて対抗手段がほとんどないのが現状である。しかもニュース番組だけではなくバラエティまで政治を取り上げ、連日、時間を空けず民主党バッシングに興じている。

今後、ユーストなどで個人が発信する視覚メディア的なものが無数にできてくれば、少しはアンチマスメディア的情報に接する機会ができることになるが、何せ相手が大きすぎる。
これには、やはりクロスオーナーシップ制度を推し進めて、強大な力を削ぐしかないか。

また、郷原氏がここまで言って大丈夫なのかと心配してしまったフレーズ。

≪この1年の特捜部の動きは極めて政治的でした。『東京地検特捜部』の名称で政治団体の届け出を出したほうがいいんじゃないか、と思うくらいです
(笑)≫

一時、郷原氏は、小沢さんの不起訴が決まったときの記者会見の言葉に敏感に反応し、「反小沢に鞍替えしたのではないか」という憶測がネットで流れた。
私は以前より郷原氏に対して感じているのは、反小沢、親小沢という政治的な次元では全く論じてなくて、最新刊「検察が危ない」を読めばわかるが、「正義感と憂い」であると思っている。そして、それは上杉氏にも言えることだ。

そんな両氏がここでも触れているが、検察批判を繰り返したおかげで、当局から目をつけられていると言っているのが気にかかる。

郷原氏は冗談ぽく、≪私がいつ逮捕されるか、あるいは週刊誌でスキャンダルが出て社会的に抹殺されるか、・・・万が一、そういうことが検察の意図によって行われるとしたら、検察の実態は、私が書いた以上に危ないということになります。≫

上杉氏もかつて秘書をしていた鳩山邦夫元法務相が、法務省や東京地検内部から「上杉はちっと調子に乗りすぎている」と睨まれてる、という忠告を受けている、ということだ。

狙った獲物は別件でも、でっち上げでも、逃さないのが暴走・極悪検察である。

このお二人には、まだまだ「検察=正義」と信じ込んでいる国民が多い中、今後とも情報提供していってもらわなければならない重要人物である。
対談の最後で上杉氏が≪・・・郷原さんや私の役割は、人々がこれまで当たり前に「正義」とか「一流」だとか洗脳されてきたものに、ちょっとだけ疑問を持ってもらうこと。

待てよ、これはおかしいな』と声を上げる人が一人でも増えたら、それでいいんじゃないかなと思うんですよ
≫と締めくくっている。
本人は謙虚にそう思っていると察するが、私は、このお二人の功績は計り知れないものがあると思っている。

週刊朝日の記事をまとめた最新刊『暴走検察』は、上杉氏と郷原氏、そして山口編集長を含む週刊朝日と検察との闘いの記録である。この本の帯には>≪一連の出来事を『犯罪捜査』だと考えるから真実が見えにくくなる。これは、人事と既得権を死守しようとする検察=記者クラブメディア連合体と小沢一郎の「権力闘争」なのである。

新聞・テレビに小沢の悪性情報が溢れる一方、ネット上のブログやツイッターでは、一斉に検察批判が流れ出した。検察が「正義」であった時代は終わろうとしている。(本文より)≫と書かれている。

  
時期を同じくして、郷原氏が『検察が危ない』、平野貞夫氏も『小沢一郎完全無罪』を上梓している。
この三冊は、いずれも、今のマスコミの論調に対抗し、マスメディアによって曇らされた目を、真実へと向かわせてくれるものである。

鳩山邦夫氏が上杉氏に忠告した時に、こんなことも言ったとのこと。

「ここまできたら引くなよ。引いたらやられるぞ」

この言葉から、検察のそこはかとない「おぞましさ」と、最高権力者としての「プライドの高さ」が暗示されていて、歪んだ日本社会の"現実"が重く横たわっているのを感じた。
スポンサーサイト

前官房長官・河村をビビらせた野中広務の告白 機密費食い逃げ疑惑に新証拠:新築祝いに3000万円!?

 小沢幹事長に対して、検察審査会が「起訴」との決議をしたという。今後、特捜部は再捜査して判断するというが、特捜部が不起訴としても審査会がさらに起訴とすれば起訴が確定するという。

何としても政治生命を絶とうとする勢力に対しては、裁判で闘うことになるだろうが、そうなるといずれにしても長い年月がかかるだろう。

 「高速無料化」を掲げた民主党が、無料どころか大多数の者が値上げとなるような案など認められるはずないのだが、連立与党で審議されず?国会での決議となるという。小沢幹事長がクレームをつけたのは、出来上がった案が申し入れとあまりに違っていたからだというが、そのことの真偽も国会の場で論議され、民主党を混乱に陥れようというのだろうか?

事前の根回しなしに国会で議論されるというのは、ある意味ガラス張りといえるかもしれないが、こんな自公政権の時より値上げとなる案をよりによって選挙前の6月に出す前原大臣は、民主党の内部分裂を起こそうとしているとしか思われない。なぜこの時期なのか?来年3月までに考えればいいことなのに。

社民党の辻元副大臣は何を考えているのか?この国土交通省の6月・前政権より値上げととれる案を平気で出すとはどういうことか?民主党の立場を危うくして選挙に突入か?

事あるごとに社民党の連立に参加している姿勢に疑問を持たざるをえない。社民党はやはり共産党としか同じスタンスをとれないのだろうか?それなら連立をすぐにでも離脱すべきである。

政権交代を果たしてから、マスコミ・検察など民主党に政権をとらせていたくない勢力がまるで一斉蜂起したかのような中で、これからどうなるのかという民主党のブロガーも不安な気持ちでいる。

検察審査会・特捜は、「ゲンダイネット」に書かれているような大阪市の市民団体に背任容疑などで東京地検に告発されている河村前官房長官の官房機密費疑惑にどう対処するのだろうか?

他党などの告発を取り上げない検察だとしたら、日本のためにも憂うべきことだといえる。(どうせ書いても、マスコミや検察は自公政権下の不正など取り上げないというあきらめの気持ちを持ちながらも書いてみた。)

日刊ゲンダイネット 
http://www.gendai.net/articles/view/syakai/123424


前官房長官・河村をビビらせた野中広務の告白

【政治・経済】
2010年04月26日 掲載
機密費食い逃げ疑惑に新証拠



●新築祝いに3000万円!?

 自民党の河村建夫・前官房長官がビビりまくっているという。河村は政権交代直後の昨年9月に2億5000万円もの官房機密費を引き出したとして、大阪市の市民団体に背任容疑などで東京地検に告発されている。

この問題に関連し、思わぬところから新証拠が飛び出した。野中広務元官房長官がテレビで官房機密費の使途を洗いざらいブチまけた一件だ。河村を告発した原告代理人のひとりで弁護士の辻公雄氏はこう言う。

「野中氏の発言で、官房機密費があらためて情報収集に使われていないことが分かりました。野中氏の発言を載せた記事を基に先週、東京地検に証拠資料の請求をしました。河村議員の件が訴訟になれば、野中氏を裁判の証人として呼ぶことも検討したいと思います」
 
 野中の衝撃告白は、先週放送された「官房機密費の真実」(TBS系)。番組で野中は、官房機密費の使途をバクロした。 


「総理の部屋に月1000万円。衆院国対委員長と参院幹事長に月500万円ずつ持って行った」「政界を引退した歴代首相には盆暮れに毎年200万円」「外遊する議員に50万~100万円」「(小渕元首相から)家の新築祝いに3000万円要求された」と次々に明らかにしたのだ。

「これはもう公私混同どころのレベルじゃなく、税金ドロボー、公金横領ともいえる驚愕の実態です。告発されている河村はもちろん、自民党の歴代首相や官房長官はみな泡を食っています」(司法ジャーナリスト)

 野中証言にはもうひとつ注目発言があった。「(政治)評論をしておられる方々に盆暮れにお届け」と明かしたことだ。

「テレビに出ている政治評論家やタレントが数百万円を提示されてマスコミ工作をお願いされたという話もある。この人たちが“毒まんじゅう”を食べていたと仮定すると、官房機密費のニュースに触れない理由が分かります」(民主党関係者)
 

 鳩山政権が、歴代政権の官房機密費の使途を完全公開すれば、政界と大マスコミは一気にガタガタだ。

花みずきの花がこの頃きれい。

所用で新宿へ出かける。いいお天気で、暑いぐらい。



用が済んで、いつもの通り新宿ナチュラルキッチンで買物し、カフェ イル・モでランチ。

フランスパンをくり抜いてローストチキンとバジリコなどをはさんだもの。かなりボリュームがある。バジルがもっときいててもいいかなと思う。女性がひとりでもランチできる所として、ここはおすすめ。



ウインドーショッピングして帰る途中、花みずきの花がきれい。




白とピンクの花が一斉に咲いている。




木の芽も芽吹いて若葉が出てきているので、それほど葉のない花みずきも木々の間にあっては、地味な花ながらも見ごたえがある。




とても可愛い花。アメリカから桜の花の代わりに日本に贈られたのが初めと聞いたことがある。





これだけ咲きそろうときれい。



ナチュラルキッチンで買った(315円)のに、植木をのせてベランダに。



木苺とグロリオサ、カラーなどの花、ドラセナを飾って。



ばらとベランダで育てているしっぽのような草?を合わせて。


何か可愛い。ナチュラルキッチンで買ったガラスのベース(105円)に。



ばらやガーベラ、ラナンキュラスなど。




4月の和順庭



今年はじめての草取りをしに和順庭へ。
久しぶりだったので、作業着にしていたジーパンを探すのに一苦労。
和順庭モーニング。



雑草に埋もれるアジュガの花と。
来るたびに草丈が伸びている雑草を抜いて。



チューリップがきれい。



抜いても広い和順庭は、いくらやってもきりがない。


ネモフィラとチューリップ。
時々休んで花を眺める。陽がさすと暑いぐらい。ふと気づくとお昼も食べずに2時すぎまでしていて、あまりの空腹に3時頃には昼食をとりに行く。




丸亀製麺で「カレーうどん」を。
ところが、食べるとどっと疲れが出て、腕や腰などが痛くなり、これでやめることにし、ドライブを。今まで行ったことのない武蔵藤沢や西所沢あたりで買物をしたり、甘い物を食べたり。疲れと眠気が押し寄せて、買物していても辛い。



帰りにジョナサンで冷麺とまぐろ丼を。
あー久しぶりの草取りは疲れた。だけど気持ちがいいー。

和順庭から八王子 手羽先「世界の山ちゃん」



ロイヤルホストでブランチ。



途中、花の苗を青梅街道沿いの「芝勝」で買い、和順庭へ。この頃、どこでも花の苗が安くなっていて、とても助かる。
チューリップが咲いていて、とてもきれい。




利休梅がこんなに成長して、花ざかり。白樺と一緒に道の駅で買ったもの。



ペソのメモリアルプレースの花に買った苗を植えて。




キャベツの苗が来るたびに大きくなっている。




ぐみの花。




アジュガの紫の花がきれい。どんどん増えていく。




もみじの花。




あせびの花も咲いていた。




去年は咲かなかった藤に花が。




和順庭の出入り口。暖かくなって急に草木が芽吹き、草取りをすることに。ほっぽりぱなしだった古木にしいたけが巨大化してついていてびっくり。ここのところの雨で、成長したらしい。




木苺の花。



ちょっとぼけたけれど、ブルーベリーの花。




真夏日のような暑さだったが、草取りをするときには曇って助かった。それでも汗びっしょり。あまりの暑さにドライブをすることに。
多摩川の土手。




土手をずっと散歩する。夕方になってもそれほど寒くない。




歩いて八王子の駅へ。



そごうや東急があり、にぎやか。




手羽先のお店「世界の山ちゃん」に入る。手羽先や土手めしなど名古屋料理がとても美味しかった。平日だというのに混んでいた。




ぶらぶらまた散歩。手羽先のお土産を持って、買った花をお店に置きわすれて取りにもどったりして、昼間の草取りの疲れがどっと出た。
途中、風情のあるお店があり、パチリ!

羽村市のチューリップ畑

 


土曜日何とか天気も持ち直したようなので、曇ってはいたけれども羽村市のチューリップを見に行くことにしました。



途中、いつもの石釜パン工房でモーニング。




河川敷が駐車場になっていて、1日500円。他のところにも有料駐車場があるけれどもそれは2時間500円。



この土手にも桜並木が。



土手の上からチューリップ畑を見眺めて。




この階段を下りるとチューリップ畑へ。




チューリップ畑へ向かう途中の川に鯉がいて。




チューリップ畑到着。




30万本のチューリップが植えられている。




昨日は雪が降ったのに、お天気もよくなって。




見晴台から眺めて。




とてもきれい。




チューリップ畑を散歩。




これだけあると見事。




畑の中のあぜ道を巡って、チューリップを楽しむ。




途中にテントが出て、ねぎなどの野菜を売っている。




チューリップ畑を抜けると、焼きそば・たこやき・やきとりなどを売る模擬店の隣の「踊り子公園」に「踊り子草」が。




踊子草を育てているみたい。




再びチューリップ畑に戻って。





色とりどりできれいだけれどチューリップってどれも色が違うだけで同じ花の形なので、あまりバリエーションにとんでいず、花を楽しむというより色を楽しむという感じの花だ。



かき菜(このあたりでは「のらぼう」という)の摘み取り一袋200円詰め放題で、畑で摘む。



ところどころに蓮が植えられているところがある。




葱を買って。200円でこれだけあるのは野菜高騰の折からありがたい。




チューリップ畑から駐車場に行く途中の水車小屋。



喫茶店になっている。



川にもいくつかの水車が。
車にねぎを置いて、羽村堰を散歩することに。




水上公園。




桜並木と川を眺めて。




東大の生徒を引率して羽村堰の講義をしているのを聞いて。



羽村堰の公園へ川をわたる橋の上で。水量が多い。玉川上水へ。




羽村堰から川岸に下りて。



玉川兄弟の像。




駐車場に戻る途中の土手のつくし。ごろんと寝転んで空を眺めるととても気持ちがいい。


帰る途中、イオンモールむさし村山ミューで、冷麺・石焼ビビンバ・コラーゲンスンドゥブチゲ。


チゲにコラーゲンと玉子を入れる。

イオンモールむさし村山ミューで買物。人が多く、とても混んでいた。のんびりウインドーショッピング。




帰りに西荻窪の「大戸屋」で、「陸奥湾産ホタテと鶏のおろし和え定食」と「桜エビのせいろご飯としんじょの高野はさみ含め煮」。新メニューの桜海老のせいろご飯がとても美味しかった。

大戸屋は素材にこだわり、安心して日本料理が食べられるお店。



羽村市チューリップまつり(東京都・羽村市)

http://www.hanazakura.jp/tulip/hamurasi.html

http://www.uraken.net/rail/travel-urabe162.html

http://www.city.hamura.tokyo.jp/0000000957.html

(交通アクセス)
http://www.city.hamura.tokyo.jp/0000000975.html

(はむらし)
 羽村市では昭和58年から街路や公園等を中心に草花を植栽するなど、積極的に緑化をすすめている。もともと緑豊かなところだが、昭和63年に「花いっぱい運動」の配布用球根を増やすために、羽村市花と緑の事業団がチューリップの植栽管理を水田所有の農家数件に有償でお願いしたことが始まり。

農家との協力によって生まれた根搦前水田のチューリップ畑が見事である。水田を利用して植栽しているのは、6月~10月は稲作で水田を使用。11月~5月は休耕田となるため、チューリップ植栽を稲作の裏作として行い、水田を有効利用しようと始まったもの。

4月の上旬には「チューリップまつり」も開催され、模擬店や展望台も設置される。咲き揃うチューリップは約20種、約30万球。行儀よく列をなし、春風にスイングするその姿は、まさに並んだ並んだ赤白黄色の世界。展望台からの春の彩りが鮮やかである。

●2010イベント:チューリップまつり
開催期間 平成22年4月9日(金)?4月22日(木) 
開催場所 根がらみ前水田(羽中4丁目・羽加美4丁目)周辺

 無料シャトルバスを運行します!
 運行日時:平成22年4月10日(土)・11日(日)・17日(土)・18日(日)
        午前9時30分頃~午後5時頃(約1時間間隔)
 運行区間:羽村駅西口・小作駅東口~チューリップ会場付近 

 ホリデー快速おくたま号が羽村駅に臨時停車します!
 停車日:平成22年4月3日(土)・4日(日)・10日(土)・11日(日)・17日(土)・18日(日)
 ※各駅の時刻などについては、東日本旅客鉄道㈱へお問い合わせください。
・JR東日本「ホリデー快速おくたま号」が羽村駅に臨時停車します
 ☆4月4日(土)5日(日)11日(土)12日(日)18日(土)19日(日)
 ※下り(新宿発奥多摩行き) 8:34着 9:11着 9:37着
 ※上り(奥多摩発東京行き) 16:05発 17:00発 17:33発


●開花時期:4月中旬

●住所:東京都羽村市羽中4 根搦み前水



●HP:羽村市観光協会H●地図:


詳しい地図で見る

●TEL:042?555?9667(羽村市観光協会)

●料金:無料

●営業時間:随時

●アクセス:JR青梅線「羽村駅」から徒歩約25分

●車:中央自動車道「八王子IC」、圏央道「青梅IC」から約20分


●駐車場:普通車500円(環境整備協力費として)
台数に限りがあります。また、開催期間中、周辺の道路は大変混雑します。公共交通機関をご利用ください。

ポーランドの悲劇はなぜ?


 ポーランドの大統領を始めとする96人もの一つの国の指導者が亡くなったという驚くべきニュースがそれほど報じられないのはなぜだろうか?政治不能に陥るような出来事であり、EUのためでなく、ポーランド国民の利益のために、ポーランドの通貨切り下げをしようとしている指導部に対して粛清が行われた、と推測する向きもある。

それは、「EUとしては、ポーランドがここで抜け駆けされると、それをきっかけにEU全体に危機が加速し崩壊しはじめ、結局、ドルを中心にした米英覇権が生き残って、EUはこの金融大戦に負けることになるので、 ここは何としても、そのきっかけを作ってはいけない、と言う焦りがあったのだろう。」とし、 これがたんに航空機事故とかだけで片付けられてしまうことかどうか限りなく疑問が残るとしている。

このことがポーランド国民にとって悲しみというだけでなく、EUあるいは世界にとってどのようなことを意味するのかを、「落選運動ブログ」からみていきたい。
FNNフジニュースネットワーク

ポーランド大統領ら96人墜落死亡事故 大統領職を代行する下院議長、国民に団結訴え
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00175298.html

ロシア西部で10日に発生したポーランド政府専用機墜落事故は、レフ・カチンスキ大統領をはじめ、96人が犠牲となった。墜落現場には、ロシアとポーランドの首相が一緒に追悼に訪れ、国の指導者を一挙に失ったポーランドでは、全土が喪に服し、悲しみに包まれた。

週末を迎えたポーランドに衝撃が走った。
ポーランドのテレビ局は「カチンスキ大統領が、スモレンスク空港近くの飛行機事故で亡くなりました」と報じた。

すべてのテレビ局が一斉に報道した悲劇的な事故。
10日午前、ポーランドのレフ・カチンスキ大統領夫妻を乗せた政府専用機が、ロシア西部のスモレンスク空港近くで墜落し、乗っていた96人全員が死亡した。

事故の目撃者は「霧の中を飛行機が低空飛行してきて、ごう音がした。炎が2つ上がった」と話した。
事故当時、現場付近には濃い霧が発生しており、管制は機長に対し、ほかの空港に着陸するよう指示していたという。

カチンスキ大統領は10日、ポーランドの軍人4,000人が旧ソ連の独裁者・スターリンによって虐殺されたとされる、スモレンスクで行われる追悼式に出席する予定だった。
専用機がカチンスキ大統領を乗せて向かっていたのは、第2次世界大戦中、2万人を超えるポーランド軍の将校らが旧ソビエト軍によって虐殺された「カチンの森事件」の追悼式典。


この式典は、ポーランド主導で10日に行われた。
ロシアのプーチン首相とポーランドのトゥスク首相が出席して7日に行われたロシア主催の追悼式典には、カチンスキ大統領は出席していなかった。
ポーランドのトゥスク首相は「ポーランド国民にとって、大変な悲劇だ。民族の歴史上、最大の悲劇だろう」と述べた。


10日夜になって事故現場を訪れたポーランドのトゥスク首相は、花束をささげ、大統領ら犠牲者の冥福を祈った。
また、かつて首相を務めた、カチンスキ大統領の双子の兄・ヤロスワフ氏も駆けつけた。

ポーランドの首都ワルシャワでは、大統領府の前に多くの市民が詰めかけ、ろうそくに火をともして哀悼の意を示した。
ワルシャワ市民は「信じられなかった。歴史が繰り返されている。70年後に、また同じ場所で、また国の高官が...」と話した。
10日から1週間の喪に服すポーランド。

大統領の職務を代行するコモロフスキ下院議長は、テレビを通じ、この悲劇を乗り越えるため、国民が一致団結するよう訴えた。


服部順治 落選運動ブログ
 
 



第2の「カチンの森」事件を誰が何の目的で起こしたか?
http://rakusen.exblog.jp/12463729/
ビデオニュース:
ポーランド大統領ら96人墜落死亡事故 大統領職を代行する下院議長、国民に団結訴え

 70年前に起きた悲劇の追悼式に出席しようとしたポーランド大統領を含む軍関連の指導部も全員が死亡。第2のカチンの森事件のような事故(?)が起きた。
それもカチンの森の近くで。

 プンプン、臭ってくるんだけど、結局、9.11テロや最近のロシアでのテロ事件と同じで、テロリストの犯行や事故ってことで終わらせるんだろうな。


 
 ここのところ国際金融マフィア 
http://nvc.halsnet.com/jhattori/green-net/911terror/InternationalCapital.htm
もロシアを含むヨーロッパを標的に活動しだしたようだ。
 
 イランなどでの活動はミエミエでアラブやEU含め、アメリカのやり方がわかってきてるから(^_^;)でもこんどはロシアやヨーロッパを標的に混乱や不安を煽って、金融戦争を煽っているのか。少なくともヨーロッパのロスチャイルド家にとっては不都合なことが行われようとしたのを阻止した形なのだろうか。



http://www.infowars.com/polands-leaders-move-to-weaken-currency-then-die-in-plane-crash/
 上のサイトのアメリカの市民派ジャーナリストAlex JonesによるとWall Street Journalからの記事を参考にしながら、  EUのためでなく、ポーランド国民の利益のために、ポーランドの通貨切り下げをしようとしている指導部に対して粛清が行われた、と推測しているようだ。 
これは米英金融覇権を続けようとしているロックフェラー家が生き残るのか、それともEUの支配を続けたいロスチャイルド家が生き残るのか、これら金融世界大戦のひとつの場面にすぎない。

 EUとしては、ポーランドがここで抜け駆けされると、それをきっかけにEU全体に危機が加速し崩壊しはじめ、結局、ドルを中心にした米英覇権が生き残って、EUはこの金融大戦に負けることになる。
ここは何としても、そのきっかけを作ってはいけない、と言う焦りがあったのだろう。



参考 激化する金融世界大戦

http://tanakanews.com/100330worldwar.htm
一部引用
-------------

▼米英崩壊が先か、EUと中国が危機になるか


 今年初めからのギリシャ国債危機は、こうした隠れ多極主義的な自滅策に対抗するための、英米中心主義からの(最期の?)反撃である。ユーロ圏が無傷なまま、米英の金融財政が破綻すると、EUは米英の傘下から抜け出て単独の地域覇権勢力として台頭する。

それを防ぐために、ユーロ圏内で財政体質が弱いギリシャを皮切りに国債危機を拡大させてユーロを潰し、EUが多極型世界を推進できないようにするのが英米中心主義の戦略だろう。 ギリシャ国債危機は、金融世界大戦の戦場の一つである。(第一次大戦はバルカンから始まったが、今回もバルカンからだ)

 もう一カ所、金融大戦の戦場になるかもしれないのは中国だ。   EUと中国の両方を潰せば、多極型世界は形成されず、米英が財政破綻しても代わりの世界体制が浮上しないので、多極化ではなく混乱の「無極化」となる。しばらくの混乱の間に、英国主導で何らかの国際的な新しい仕掛けが作られれば、米英覇権は延命しうる。

 先日、中国の次期主席と目される習近平副主席が、モスクワを訪問してプーチン首相と会談した後に「中国とロシアは、協力して多極型世界を確立し、国際政治における国家関係の民主化を進めていくべきだという考えで一致した」と述べた。中国はここにきて、経済面での米国依存と対米従属をやめる方向に急速に動き出したとも指摘されている。 (China seeks Russia alliance to counter US dominance)(China - The time for lying low has ended)

 今後、米国が人民元を切り上げない中国を制裁し、中国が米国に報復する展開がありそうだが、これは、中国を多極化推進の方に押しやる隠れ多極主義的な米国の戦略である。中国が人民元の対ドル為替を切り上げると、世界から中国への投機資金の流入が急増し、中国潰しを目的としたバブル膨張が画策されるかもしれない。

米国債の危機が高じたら、中国はインフレ回避のため人民元を切り上げねばならなくなるが、そのタイミングが重要になる。 EUと中国が大した危機にならないまま米英が財政破綻していけば、世界の覇権多極化は早く進展する。

------------------------ 引用終わり

 なお一般のマスコミのニュースではありきたりの話題:(^_^;)
呪われている?「カチンの森」わずか20km (読売新聞) 
 http://news.www.infoseek.co.jp/world/story/20100411_yol_oyt1t00127/

【スモレンスク(ロシア西部)=貞広貴志】ポーランドのカチンスキ大統領の専用機が10日、墜落したのはロシア西部スモレンスク郊外の森の中だった。

 ちょうど70年前、2万2000人のポーランド軍将校らが命を落とした「カチンの森」からわずか20キロ・メートル。4月になっても葉が茂らない暗い森で起きた悲劇に、静かな集落の住民は「ここは 呪 ( のろ ) われているのだろうか」と声を失った。

 墜落現場は、滑走路から約200メートルの地点。ポーランド国旗と同じ白と赤に塗り分けられた機体は、ひん曲がった無数の破片と化し、数百メートル四方の範囲に飛散。翼の一部が地面に突き刺さり、機体がかすめていったシラカバの木々のこずえは、ナイフで切り落とされたように鋭く折れている。

 家具修理業ピョートル・グリゴリエフさん(56)は、大統領一行を歓迎する行事の準備をしていて惨事を知った。「ポーランドとの親善が進むはずだったのに……。街全体が悲しみに包まれている」

 「カチンの森」事件が起きた当時、1歳だった主婦タマラ・パブロワさん(71)は「カチンの森の事件と墜落は関係ないのだろうけど怖い」と肩を震わせた。

 地元報道によると、専用機は濃霧の中、4回にわたり着陸を試みた末に墜落した。カチンスキ大統領はロシアとの歴史的和解に向け「カチンの森」事件の追悼式典への出席を強く願った。だがその思いはさらなる悲劇を1ページ加える結果に終わった。

[ 2010年4月11日2時25分 ]

その他:
ロシア自爆テロ陰謀論?http://wldintel.blog60.fc2.com/blog-entry-241.html

新宿ナチュラルキッチン と カフェ イル・モ

賃貸にしているマンションの内装工事の打合せで新宿まで出かけ、打合せが済んでから、南口モザイク通りのミロードにあるお気に入りのお店「ナチュラル キッチンに寄る。ここはほとんどが105円。安いけれどもとてもおしゃれ。
http://www.natural-kitchen.jp/



  買ったのはどれも105円。

グラスにも小鉢にもなる器とお箸、とり皿にドレッシング入れ。

とてもきれいなこものいれ。

竹で編んだ入れ物。


その向いにあるカフェ イル・モでランチ。


スパゲッティ・飲み物・サラダのセットランチ(1000円)
カウンターでモザイク通りを行く人を眺めながら女性一人でも入れるお店。美味しかったけれどもちょっと味付けがこすぎたようでのどが渇く。流れている音楽がお店にあっていてとても心地よかった。


打合せの時にいただいたトリュフ。スペインのお土産だが、とても美味しい。



帰りにやっぱり買ってしまった花。(525円)ミニブーケだが、ビロードのような薔薇がとてもきれい。

アリストロメリアと薔薇

ロスト・シンボル(上)・(下)

ロスト・シンボルを読んで




フリーメーソンの真実









コメントの文字がうるさいと思われた方は画面右下の吹き出しマークを押してください


フリーメーソンの真実



 友達から借りたダン・ブラウンの「ロスト・シンボル」の上・下巻をほぼ一日で読み終わった。

筋を追う楽しさがあるから一気に読めたが、「天使と悪魔」・「ダ・ビィンチコード」と比べると、主人公の事件を起こす動機や描こうとしていることがそれほど心の中に何かを残していかないのはなぜだろうか?

犯人は途中でおおよそ誰かわかってしまう。フリーメーソンの儀式などが描かれていたり、会員としてトップクラスの政治家やCIA長官などの存在などの参加もあるというようなことなども描かれているが、この作品で描きたかったことは何かというところになるとはたと考えこんでしまう。

フリーメイソンが生け贄信仰に支配されているということは、恐ろしくも思われる。人類が求めてきた知恵とこの儀式。あまりそれらが結びつかないような気がするのだが。まあ、今はこのようなことはないのだろうが。

どんな富や地位や権力も何かの犠牲の上になりたつことは真の民主主義とはいえないだろう。ビラミッド三角形の頂点に立つ者だけが吸い上げられるようになっている組織が間違った方向へ行ったとしたら、これほど恐ろしいことはない。

ヨーロッパの石工の組合に端を発したフリーメイソンはジョージ・ワシントンやベンジャミン・フランクリンを始めとし、アメリカ大統領の約三分の一がメンバーであり、日本でも鳩山一郎元首相他、著名人が名を連ねているという。
              
フリーメイソンを実質的にコントロールしているイルミナティ。
http://nvc.halsnet.com/jhattori/Zeitgeist/Illuminati.htmによると

「そして現在、イルミナティには少なくとも2つのグループに分類できるだろう。 (ただこの2つのグループの定義もネットからははっきりしなかったので私なりに解釈します(^_^;))

すなわち、純粋な知の探究者であり哲学者でもあり、組織を作ることをあえてしない「ホワイト・イルミナティ」と絶対的な価値を 現世のお金に求め、 知やお金を利用して、自分たち支配者層より下の人たちを羊や奴隷のように扱い、自分たちの利益のためには、その人たちの権利や生命までも踏みにじる「ブラック・イルミナティ」 がいる、ということのようです。(^_^;)
 
ただこの2つのグループと言っても 一方のホワイト・イルミナティは個人を主体に活動しているだけで、自然と共感し手助けする人たちが集まっているだけで、逆にその個人が教祖になるような組織を作ることを戒めています。

一方、ブラック・イルミナティは、秘密クラブみたいな 形で組織を作り、その時代、その人それぞれによってもどんどん進化し、形態も変えていくようですね。例えばロックフェラ ー財閥の中でも共和党派、民主党派が入り乱れているように

 そして現在、ブラック・イルミナティを引き継いでいる人たちは「時代の精神」の映画からもロスチャイルド財閥やロックフェラ ー財閥などの国際財閥(国際銀行家=国際金融資本家)であることがわかります。(アインシュタインも人類最大の発明品であると認めた「複利」を操 り、欲望の元のお金を作り出す人たちです:詳しくは時代の精神の映画の金融編)

なおウィリアム・G・カーは『赤い霧がアメリカを覆う』の中で
1900年前後のイルミナティ・インターナショナルズのメンバーは(闇の世界史より)

英国=ロスチャイルド財閥と彼らの家系
米国=ロックフェラー財閥、シフ家、および彼らの系列(バーナード・バルークが代表者)
ドイツ=ソールブルクとその系列
ロシア=ギンズバーグとその系列
フランス=ロスチャイルド財閥とその系列
日本=三井財閥とその系列

と書いています。」

イルミナティ(神聖会)より以下を引用

 アメリカの作家ユステース・ミューリンズは、1987年に出した著作「ザ・カース・オブ・カナーン(カナンの呪い)-歴史の悪魔学」の中で、メーソンの構図を描いています。この図には、いままで日本でも紹介されてきたメーソンの33階級とはかなり違った部分がありますが、下記の表にまとめるとメーソンの組織が良く見えてきます。しかしながら、フリーメーソンについて考えるにあたり重要なことがあります。それは、悪魔ルシフェルを神とする集団と、救い主イエス・キリストを神とする団体が存在しているということです。どちらも同じシンボルマークを持ち、見分けが着きにくくなっています。


 

ミューリンズのメーソン位階表

ルシファーの眼

13人評議会 イルミナティ
33人評議会
300人委員会
大東社 ブナイリブス
共産主義
ヨーク・ライト・メーソン スコティッシュ・ライト・メーソン
ホワイト・メーソンリー(ロータリー・クラブ、YMCAその他)
ブルーロッジ・メーソン
エプロンを持たないメーソン
世俗的ヒューマニズム


 

現在のメーソンの位階

36 ルシフェル及びロスチャイルド・ファミリー 最高指導部(ブナイブリス)

ロスチャイルド家、ロックフェラー家、メロン家、デュポン家、
モルガン家、ケネディ家、オナシス家、フォード家、
オッペンハイマー家、カーネギー家、ワールブルグ家、
イートン家、モービル家、ハリマン家、ドレフュス家、
サッスーン家他
35 ロイヤル・ファミリー 13人評議会 パリサイ派ラビ集団
34 ロスチャルド・トリビューン 33人評議会 最高評議会
33 最高大総監
(以下は従来の古式公認
儀礼による33位階) 最高の法院
(以下は従来の古式公認儀礼
による33位階の役割及び位置) 最高会議(300人評議会)
32 王者の秘密の崇高な王子 最高の法院の代理 長老会議(コンシストリィ) 宗教・オカルト担当

全国教会評議会、サイエントロジー、アメリカ・サタニック教会、
ユニティ、FAM、ガーター聖団、ガーナリアン協会、
最後の審判のプロセス教会、ウイッカ協会、ニューエイジ・
ムーブメント他
31 大審問長官
30 コダシュの選ばれた大騎士
29 聖アンドリューの騎士 王者の秘密の王子の法院 神聖会(イルミナティ) 政治・経済担当

国連、国際赤十字、ユニセフ、CFR、TC、FRB、EC、EEC、
EFTA、CIA、FBI、NATO、ビルダーバーグ・クラブ、IMF、
RIIA、アジア太平洋エネルギー・フォーラム、世界医療公社、
世界食糧公社、BIS、WMWFG、WAWF、共産主義インター
ナショナル、IOC、極党右翼組織、極党左翼組織、ロンドン・
ポリシー・クラブ、国際シオニスト・グループほか、
国際規模のすべての銀行。
28 太陽の騎士
27 殿堂の指揮官
26 慈悲の王子
25 青銅の蛇の騎士
24 ユダヤ神殿の王子
23 ユダヤ神殿の長
22 レバノンの王子
21 ノアの末裔
20 崇高な大棟梁
19 大司教
18 薔薇十字騎士 薔薇十字の王子の支部 薔薇十字会 科学・社会思想担当

人工ゼロ成長会、国際人権擁護委員会、全米科学アカデミー
、ノーベル財団、動物権利グループ、ローマ・クラブ、
エスペラント団体ほか、国際規模のすべての団体。
17 東西騎士
16 エルサレムの王子 エルサレムの王子の会議
15 東方または剣の騎士
14 完成のスコットランド騎士 完成のロッジ 十全会 法律・マスコミ担当

アメリカン・ブロードキャスティング、CBS、セントラル・ニュース
ペーパーズ、NBC、ダウ・ジョーンズ&カンパニー、
エンサイクロペディア・ブリタニカ、ニューヨーク・タイムズ、
CNN、プレイボーイ・エンタープライゼズ、リーダーズ・ダイジ
ェスト・アソシエーション、タイム・インコーポレイテッド、トリビュ
ーン・カンパニー、20thセンチュリー・フォックス、
ワーナー・コミニュケイションズ、BBC、ワシントン・ポスト・カン
パニー他、国際的な全ての
法律機関。
13 エノクのロイヤル・アーチ
12 建築の大棟梁
11 選ばれた崇高な騎士
10 輝かしい15人
9 選ばれた9人
8 建物の管理者
7 主監と判事
6 親密な秘書
5 完全な親方
4 秘密の親方
3 親方 ブルー・ロッジ 青の会(狭義のフリーメーソン)
  一般大衆を取り込むための慈善団体

ライオンズ・クラブ、ロータリー・クラブ、ボーイスカウト他。
2 職人
1 徒弟


 

 この表から、上位メーソンの30~32の長老会議が宗教とオカルトを担当しており、この中の一部がニューエイジが位置づけられています。ローマ法王庁に潜入したメーソン・メンバーは、この長老会議に属していると言われています。もしそれが真実であれば、ニューエイジ運動の指導部は、裏ではバチカン内部のメーソンと通じているということになります。しかし、バチカンそれ自体はメーソン(ニューエイジ)の打倒すべき「敵」と見なされています。

 現在の位階は第33階級の上に、それを含めた第36階級までがつくる最高司令部ブナイリブスがあるということになっているのに対して、ミューリンズの表ではブナイリブスの上に300人委員会、33人評議会、13人評議会、そして全能の神ルシファーと4段階あるとされています。しかし、従来の33階級にとどまらず、その奥を見るという姿勢では一緒です。ミューリンズの表では、表面上のフリーメーソンの下にエプロンを持たないメーソンや、世俗的ヒューマニズムなるものが位置付けられていますが、これはメーソン結社にとどまることなく、

いかに一般の生活にまで陰謀が入り込み、定着しているのかを示すものです。

メーソンの巧妙な陰謀は、知らない内に人々を巻き込んでいます。

 

イルミナティの危険性

 ただこの映画が制作・公開される意味は非常に大きいものがあり、この時期でしか公開できなかった事情も推し量れます。

と言うのも、小説中の以下のBBC記者 ガンサー・グリックの言葉が非常に大きな影響を与えるからです。

 今でこそ、9.11の裏の指南役として噂されているイルミナティですが、2000年に小説として刊行されても、
イルミナティのメンバーのパパブッシュの息子が大統領になっていた当時の状況としては、とても映画化は無理だったのです。(^_^;)

そこで、その後、書かれた「ダビンチ・コード」の方が先に映画化されたと言うわけです。(^_^;)

史実にもとづいた小説の問題の部分は

「天使と悪魔」(下)P.63より

BBCカメラマンが驚いて問いかけた。

「ジョージ・ブッシュ元大統領がイルミナティだって?」

これほど自明なことはないじゃないか。

1990年前後に大統領だったジョージ・ブッシュが最高位のフリーメイソンであることは資料によって裏づけられているし、そのブッシュが長官のときに、CIAは証拠不十分という理由でイルミナティの調査を打ち切った。・・・ブッシュは疑いもなくイルミナティだ。

 また、イルミナティの危険性に関しても以下のような「ロンドン・ヘラルド紙」(1920年2月8日付け)の記事から

「チャーチルが1920年に、イルミナティを糾弾し、反道徳的な世界規模の陰謀があるとイギリス人に警告する声明文を発表したのは知ってたかい?」

 また、

「ウッドロー・ウィルソン(元アメリカ大統領)は、1921年に3回ラジオに出演して、合衆国の金融界に対するイルミナティの影響力が増大していると警告したらしい。」

 

イルミナティ離脱者が広範な陰謀の詳細を語る
http://satehate.exblog.jp/10518866/

イルミナティ設立時のスポンサーは、やっぱりロスチャイルド家
http://satehate.exblog.jp/8473976/
つづく

人形町あたりを散歩して

 
人形町駅

 息子の忘れ物を届けに人形町まで行った。以前このあたりを散歩し、買物したことは、http://wajuntei.dtiblog.com/blog-entry-336.htmlに書いた。


人形町


丁度お昼時、せっかく来たのだから何か食べていこうと、「今日は空いているみたい」という息子の言葉に、いつも行列ができて入れない親子丼のお店に行ってみることにした。


玉ひでhttp://www.tamahide.co.jp/というお店で、やはり行列ができている。並んで中に入ったと思ったら、食券を買ってから廊下でまた並ぶ。そしてやっとありつくことができた。これは元祖親子丼(1500円)





親子丼にも、そぼろ親子丼・名代親子丼・元祖親子丼・特上親子丼・匠親子丼とある。一番高い匠親子丼はもうすでに売り切れていた。


元祖親子丼は東京しゃもを使用していて、とても歯ごたえがあり、卵がとろっとしていてとても美味しかった。昼から贅沢をしたので、歩くことに。「食べたら歩け!」これがこのところのモットー。行っていないところを散歩することに。甘酒通りを行ってみる。


甘酒通り





天気もよく、風もなく穏やかな気候で散歩も気持ちよい。歩いていると明治座へ出た。



枝垂れ桜も咲いている。



浜町公園に向かう道に都営新宿線の「浜町」の駅があった。



そしてこの道の突き当たりに浜町公園があった。



公園の中に中央区立総合スポーツセンターがあった。



公園には色とりどりの花が咲いている。



桜もまだきれい。




一重は散っても、八重はこれから。



突き当たりにある遊歩道を行く。



山吹の花。




オキザリスの花か?




シランのつぼみ。




ねこやなぎの木。




黄緑色の八重桜は珍しかった。




枝垂れ桜が咲き乱れ。




雨で桜も散ってしまったかと思ったけれども、まだ楽しめる。


子供たちが遊ぶところに咲く花。



コニファーなどが植えられた散歩道。




このあたりにも桜がまだ咲いている。




浜町公園を出ると、お寺?のようなのがあった。




路地を通って、人形町駅へ戻ることに。魚を干してある路地の魚屋さん。




きれいな花があったので、花屋さんだと思ったら、違っていた。よく手入れがされていた。




由緒ある?店と桜




人形町へ戻る。


シンボルの「人形町」と書かれた時計。



玉ひでと魚久あたりまで来て、路地を歩くことに。古いものと新しいものが混在している町。



酒蔵のような建物。


日本橋幼稚園・小学校





路地に入っただけで、こんな趣のある所が。



歴史を感じさせる昔ながらの街並みが残る。



風情ある路地を楽しんで帰途に。




都立家政商店街の花を育てている所。思いがけず出かけることになり、散歩日和で歩いて疲れたけれども気持ちよかった。
プロフィール

和枝

Author:和枝
 高校教師をやめ、ガーデニングのブログを書くうちに、気づいた小沢問題の陰に潜むマスコミや検察の腐敗をブロガーたちと追究し、小沢一郎氏の無罪判決を得ることができました。

「和順庭の四季おりおり」と題したブログの時から御支持いただいた真実を追究する仲間や冤罪被害者の皆様に支えられ、市民メディア「ツイートテレビ」を立ち上げ、私も生まれ育った東京を離れ、「生活の党と山本太郎と仲間たち」に習い、心機一転、主人の郷里・徳島にてエネルギッシュで常に現実に向き合い情報発信する生活をしています。
 
 それに伴い「和順庭」と名づけた庭も徳島県へ引っ越しました。



※寄付のお願い
■郵便局からの振込みの場合
口座 ゆうちょ銀行
記号 10000 番号 88352491

■銀行からの振込みの場合
口座 ゆうちょ銀行
店番 008 普通預金
口座番号 8835249
口座名 服部 和枝

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。