スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祐天寺

 用があって行った世田谷区の三軒茶屋から太子堂、三宿、世田谷公園、祐天寺を散歩する。
途中、五本木というところを通った所、木を残して道路をつくっていた。

祐天寺駅。法然800年を祝う垂れ幕が商店街にあり、浄土宗の祐天寺に行くことにする。

浄土宗祐天寺の隣のやはり浄土宗のお寺

祐天寺http://meguroku-net.com/meisyo/yuutenji/yuutenji-Top.htm


今年は、法然(八百回忌)と親鸞(七百五十回忌)の「遠忌」が重なり、 多くの信徒を抱える仏教の宗派、浄土宗と浄土真宗が半世紀に1度のメモリアルイヤーに沸いていると言われている。


駅へ向かう途中のお好み焼き屋さん「ごっつい祐天寺」。レトロな雰囲気。
http://www.gottsui.net/shop/fc/post-16.html




スポンサーサイト

政治のプロ小沢グループに「国民の命、第一」の政治を託す

 子供を守るために被災地を逃れている母親も、避難所にいる人々も疲れがピークに達しようとしている。救われた命を守るためにも早急な対策がとれないだろうか?私達は、何の情報も知らされず、放射能を浴びせられた。そして、今も原発もあいかわらず放射能をとめられず事態は悪くなるばかり。菅内閣に任せておいて何とかなるという時はすでに過ぎた。

脱原発を決めていくドイツやスイス、国民を守るためにすばやく対処するのに比べ、もどかしい限りの日本。結局何の対策も取れずに、このまま行くのか?

民主党内での言論統制をしている菅内閣は、こんなときにコンピュータ監視法案を可決しようとしている。徴兵制を進めているという自民党といえ、軍国主義のように一斉に同じ方を向かせようとしているのか?

「共謀罪」と一体のコンピュータ監視法が進めようとする菅政権は戦時中に戻すつもりなのだろうか?民主党の心ある議員は、国民のために今こそ立ち上がる時だといえる!民主党の再生のためにも!

http://jp.wsj.com/Japan/Politics/node_242207

http://www.youtube.com/watch?v=rrHOHCAS8Os




原発収束も避難についても何もできない菅内閣がこのまま政権についていては、被災地もいずれ被害が拡大するであろう日本も、やがて及ぶであろう他国も、ただ黙って放射能を浴び続けることになる。菅政権とその取り巻きこそ、事態の深刻さがわかっていない。菅政権は交代して、「新たな体制で救国を!」と望まずにはいられない。

 菅政権に任せておいたら、戦時中の日本になる。民主党の言論封殺された議員は、このまま黙っているのだろうか?岡田さんは、菅さんの言う通りついてけというが、菅さんが黙ってついてけるほどの器かどうか、民主党がこのままでいいのかどうか、有無を言わせず権力で従わせようとしても、国民の信任を得てなった議員は、国民のためにならないと判断した時、国民のために倒閣に向かう事だってあることを知るべきだ。

菅さんに残された道は、小沢さんの冤罪をはらし、それを国民に知らしめて、バトンタッチすること。それで、冤罪をはらした菅さんも、民主党も守られるだろう。鳩山さんから譲られた菅さんは、民主党を育てた鳩山さんや小沢さんの気持ちがわからないはずはないだろう。間違っても、自公政権などと取引をしようと思わないことだ。

誰も心から菅さんについてっていないことがわかっているのは、伸子夫人だと思う。もう引退するように言ってみてはどうでしょうか?潮時だと思いますが。菅さんのために言えるのは伸子夫人だけでは?

同じ思いのことが書かれているブログを挙げてみた。

_________________________

めざまし政治ブログ

政治のプロ小沢グループに「国民の命、第一」の政治を託す

http://rakusen.exblog.jp/14870558/
これからの国民の命を誰が本当に守ってくれるのか。

 西岡参議院議長がはっきり言うように、もう菅首相はリーダとして不適格なことは国民の誰の目から見てもはっきりしている。いらない委員会や会議を開いて「会議は踊る」ものの、なかなか何をするかも決まらず、具体的な作業も進んでいない。まずもって責任をとらない指導者であり、その取り巻きの官僚達だ、と言うことが一番、大きいことだろう。

http://www.youtube.com/watch?v=X85GI4aeu5w



 自動車免許で言えば、仮免でスタートした首相で、平和時ならある程度、国民ははらはらしながらも任せていたけれど、急にこんな非常時の危険な状態の道を走らざるを得なくなったのだから、ここはやはりドライバーのプロの教官に運転を代わってもらうべきだろう。(^_^;)

 そんな参議院議長をマスコミや御用政治学者などは非常識だと言って非難するが、当然のことを言ってるのであって、それを「おかしい、非常識だ」と非難していること事態、マスコミやその学者が権力側に立っていることを露呈している。(^_^;)

 また、いまだ1mSvは努力目標であって、あくまでも基準値の上限は20mSvだと言い張っていて、放射能汚染されていても、基準値以下なら学校給食にも食べさせようとしている文部科学省である。(^_^;)
 特に自民党やマスコミはこんな汚染された食材を食べることも復興支援のひとつだ、と言う、変なキャンペーンを繰り返している体たらくだ。

 フジテレビなどは、ここの所、子供たちへの放射線被曝の問題をとりあげはじめ、菅内閣批判を強め始めたが、ニュースキャスターの結論は今の民主党にはリーダにふさわしい人はいない、と言う事で、やっぱり自民党、ということに。
 何だ、原発推進の自民党にまた戻ろうという、マスコミの魂胆だったのですね。
そんなに自公政権時代はおいしい思いをマスコミ関係者はしていたんですね。(^_^;)

 今こそ内閣不信任を可決させ、内閣総辞職をしてもらい、プロの教官に替わってもらいましょう!

小沢さんらのグループに期待していますよ。

5.29 原発はいらない西東京集会/デモ

 西東京市で行われた市民脱原発デモは、雨にもかかわらず約80人の参加でした。渋谷などで行われるような大人数のデモではありませんでしたが、あたたかなデモだったと思います。

中継準備を西武柳沢駅でおこなって、集会会場の公園に向かう


集会の途中から中継開始 1/3
(集会も最初から中継録画していたのですが、主催者の柳田さんが話し始めた途端、中継が切れて、その後、なかなかつながらなかった、とのこと)




デモ途中 2/3



デモ 3/3 ゴールの公園まで


-----------------------------
 なおこのデモの詳細は

「5.29 原発はいらない西東京集会/デモ」

http://www004.upp.so-net.ne.jp/idobatakaigi/


福島第1原発事故により、原発震災が現実となり、大量の放射性物質が、空気と水に放出され、まだ漏れ続ける異常事態が日常になっています。放射能と共存などしたくありません。 地域でも集会とデモを!という声が多数寄せられましたので、個人参加の集会・デモを企画しました。

主催:原発はいらない西東京集会実行委員会

日時:5月29日(日) 14:00~
会場:しじゅうから公園    (西武柳沢駅南口柳沢公民館・図書館南側の都営柳沢1丁目アパート内) デモ:14:30~16:00 

デモコース(予定):しじゅうから公園~青梅街道~田無駅周辺(LIVIN北側)~谷戸新道~ひばりが丘公園で流れ解散

イングリッシュローズガーデンカフェ

 薔薇がきれいだというイングリッシュローズガーデンカフェを訪ねて、国分寺まで行った。かなり急な坂を登った丘の上の見晴らしのいい住宅街のマンションの一階にあり、お庭には薔薇がきれいに咲いていた。

満開あるいは見頃といったところか。高台に位置するので、薔薇を眺めるのも気持ちがいい。ただ、かなりお庭も広いと思っていたが、思ったよりか狭かった。




薔薇の種類も豊富で、薔薇好きには、このようなカフェでお茶したいと思うようなところ。

雨で傘をさしながらお庭を見てお茶しようとしたが、5時までだといって片づけはじめていたので、お庭を見たらお茶を飲む時間はなく、そのまま帰った。

薔薇製品のショップもある。

イングリッシュローズガーデンカフェ
http://r.tabelog.com/tokyo/A1325/A132502/13019688/

 
薔薇を眺めながら、お茶が飲めるようになっている。

かさをさしながらのお庭見学。

静かな住宅街にあるカフェ。

オールドローズなど、種類が豊富。

とても眺めがよく、晴れていたら富士山が見える。

カフェの出入り口。


帰りに車で通りすがりにすずめのお宿のような所を見かけた。 




5月27日小出助教(助手)による福島原発の現状と山本太郎氏からのメッセージ

 小出裕章氏 (京大助教=助手)の「非公式まとめ」に「5月27日」の状態は、とてつもなく困難な状況 にあると述べている。収束ではなく、進行中だということ。

まだまだ小沢さんの言葉にもあったが、安心できる状態ではない。
http://wajuntei.dtiblog.com/blog-entry-1290.html

 なお昨日も書いたが、ツイッターで話題になった反原発の俳優、山本太郎氏のドラマ降板騒動だが、朝日新聞にも記事として掲載されている。
http://www.asahi.com/showbiz/nikkan/NIK201105270041.html
彼の反原発発言によって葬り去ったスポンサーの東芝を許してはならないと思っている。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1063165535

 その山本太郎氏からのメッセージもよく聞いて欲しい。


 そして彼の言った「高濃度汚染地帯の東京から」と言う意味を調べたら、下記のような事実もわかった。これで政府が20mSv/hを基準にせざるを得ない現実の背景もわかってきた。

東京都汚染マップ
これによると練馬区、杉並区、世田谷区、大田区の東側が年間1mSvの境界を超えるようだ。

 小出助手が言うように、本来は生活する人間の平均の高さの1mで測定しないといけない、という意味もわかってきて、いかに都などが20m前後の高さで測定している現実が私たちの生活実態にそっていない測定かもわかってきた。

 なお私たち東京都民も3月15日被曝してきた事実もわかってきており、武田先生もこれからは食材に注意するようにとおっしゃっている。
http://takedanet.com/2011/05/to_7db5.html

 もうこのような政府を支持するわけにはいかない。
はやく首相を替えて、小沢さんらのグループによる内閣改造を進めていってほしい。
 社民党や共産党も従来の小沢バッシングに加担したことを深く反省し、新たな内閣づくりに進んで参加すべきだ。

____________________________________

小出裕章 (京大助教) 非公式まとめ

http://hiroakikoide.wordpress.com/2011/05/27/fm797-may27/?utm_medium=twitter&utm_source=twitterfeed

京都大学原子炉実験所助教 小出裕章氏による情報
← 5月26日 ものを言う気がなくなった 小出裕章 (MBS) 

5月27日 とてつもなく困難な状況 小出裕章 (FM797)

投稿日: 2011年5月27日 作成者: 管理人
2011年5月27日(金)夜、FM79.7京都三条ラジオカフェ(環境市民、NPO京都コミュニティ放送)の原発災害特別番組に小出裕章氏が電話出演されました。

録音

FM797原発災害特別番組 2011/05/27OA
http://www.ustream.tv/recorded/14987194








【FM797原発災害特別番組】
~原子炉と放射能汚染の状況~京都大学原子炉実験所 助教 小出裕章先生、京都精華大学 教授 細川弘明先生に聴く。
http://797podcast2.seesaa.net/article/205017494.html







--------------------------------------------------------------------------------

要約

・(メルトダウンとは何かについて再度説明を)原子炉には三種類ある。ひとつは燃料のウランが存在する炉心。それを入れている巨大で頑丈な圧力鍋のような圧力容器。更にその外には放射能を閉じ込める最後の砦である原子炉格納容器。メルトダウンとは、ウランの燃料が溶けて(メルト)下に向けて落下する(ダウン)ことを示す。ウランが溶けるということは2800度を超えて熱くなっているということで、放射能が大量に出る。それが起きたと東電が発表するようになった。

・(1号機ではウランが格納容器の外にまで落ちているということでいいか?)最後の防壁である格納容器が既に壊れて放射能が外に出ている可能性が高い。

・(放射能が外にもろに出てしまっている?)外に出る出方もいろいろある。最も恐れていたのは爆発的な現象により大気中に放射性物質がばらまかれること。現状では燃料が格納容器を溶かして地下にめりこんでいっている。つまり最も恐れていた事態とは少し違う形で環境に漏れている。今後長期間に渡ってそれが続くということ。

・(出されている情報が正しいかどうか分からない状態で先生に説明をお願いするのは申し訳ない面もあるが、頑張っていきたい)私も分かる範囲で答える。

・(2と3号機のメルトダウンは1号機とは違う?)分からない。1も2も3も炉心の半分まで水があると東電はつい最近まで言っていた。1号機は炉心の水位計を調整した結果、水がないことが分かった。2号機と3号機も水位計を調整すればこれも水がないということが判明するだろうと東電は言っている。本当かどうか分からないが。分からないということは、状況が困難ということを示している。

・(3号機は汚染水が漏れていることが判明したため、移送もしないとなっているが?)原子炉内は限られた空間であり、あふれた水の一部は海に漏れているだろう。早急になんとかしないといけないが二ヶ月間手をこまねいて見ているだけという状態。

・(冷却水の循環の仕組みは無理?)構築すべきと思ってきたが、すでに1号機では炉心が溶けていて、格納容器にも穴があいていれば循環式の仕組みはできない。

・(2号機と3号機は?)1号機と同じことである可能性はある。が、循環式の回路をつくる努力は続けるべきと思う。破局を避けるためには冷やすことが大切。続けるしかない。

・( 出てきている数字、放射性物質から、2と3号機に破損があるかどうかは分かる?)それは分かる。必ず破損している。2号機は圧力抑制室(サプレッションチェンバー)で爆発があり穴があいている。3号機も圧力が上がらないことから穴が開いていることは明らか。

・(もし穴があいていないとしても、2号機3号機も1号機と同じことになる可能性がある?)ある。格納容器の下の地面にめりこんでいくならまだいい。格納容器自体が破損して空気中に放射能が撒き散らされることは避けないといけない。とにかく炉心を溶かさない努力が重要。

・(冷やす作業を続けるためには汚染水を処理しないといけない?)そうだが、冷やすために水を入れるほど汚染水が増えるという悪循環。とてつもなく困難な状況

小沢一郎元民主党代表、菅内閣を斬る!

「文科相1mSVに変更、校庭土除去は国」のニュースにまずは一安心。
http://mainichi.jp/select/science/news/20110527k0000e040063000c.html

フジのインターネットニュースでも貴重な動画ビデオ入りで伝えられていた。
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00200307.html

 ただ実際のフジTVでは上記の肝心だと思われる部分が放送事故(?)で放送されず、ネットではいろいろ推測がとび、どういう内容だったのか話題を呼んでいた、いわくつきのビデオである。(最後の5分前の部分)

http://www.youtube.com/watch?v=puPQvxDxiZs&NR=1


 またツイッターで話題になった俳優山本太郎氏のドラマ降板騒動だが、とうとう朝日新聞にも記事として掲載された。
http://www.asahi.com/showbiz/nikkan/NIK201105270041.html
彼の反原発発言によって葬り去ったスポンサーの東芝を許してはならないと思っている。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1063165535

 さて本題の話だが、
小沢一郎元代表は、ウォール・ストリート・ジャーナルとのインタビューで、福島原発事故への政府の対応は「遅く、放射能汚染に対する認識がまったくない」と批判し、菅直人首相についても「首相は一日も早く代わったほうがいい」と述べている。

また、「だいたい、原発で食っている連中をいくら集めてもだめだ。皆、原発のマフィアだから。あなた方もテレビを見ていただろう。委員だの何だの学者が出てきて、ずっと今まで、大したことありません、健康には何も被害はありません、とかそんなことばかり言っていた。原子力で食っている人々だから、いくら言ったってだめなんだ。日本人もマスコミもそれが分からないのだ。日本のマスコミはどうしようもない。」と歯に衣きせぬ物言いで答えた。  

「東電はもう、現実何もできないから、日一日と悲劇に向かい、政府が主体となって専門家を集め、衆智を結集して、決まれば政府が責任を取るからやってくれという政治主導が見られないから、国民はいらいらして不満を募らせ、民主党はだめだとなっている。 

ウラン燃料が膨大な量あり、チェルノブイリの何百倍ものウランがあるのだ。みんなノホホンとしているが、大変な事態なのだ。政府が本当のことを言わないから、皆大丈夫だと思っているのだ。」と、責任のない決断はないのに、責任を持って実行しようとしない菅政権を痛切に批判し、これは民主主義にとって危機で、日本の民主主義はこのままだと本当にまた終わりになることを危惧している。

 ぜひ、この小沢元代表の言葉を読んで、菅内閣に任せることの危うさを知ってもらいたい。私は、この内閣を支持しようとしている社民党という政党の真意をはかり知ることができない。

国民の命を守れない内閣!子供の将来を奪った内閣の対応を支持する社民党を糾弾する。
____________________________________
THE WALL STREET JOURNAL
http://jp.wsj.com/Japan/Politics/node_242207
小沢一郎・民主党元代表インタビュー:一問一答
2011年 5月 27日 12:58

小沢一郎・民主党元代表はウォール・ストリート・ジャーナルとのインタビューで、福島原発事故への政府の対応は「遅く、放射能汚染に対する認識がまったくない」と批判するとともに、長年ライバル関係にある菅直人首相について「首相は一日も早く代わったほうがいい」と述べ、対決姿勢を鮮明にした。




 以下はインタビューの一問一答。

Q:東日本大震災と福島第1原発事故以降の政府の対応について、全般的にどう評価しているか。


A:もう2カ月以上、70日になる。原子炉がコントロールできない状況に置かれている。

 私は客観的な見方をする学者の先生から、この状況は燃料の熔融や炉が破損して、非常に危険な状況だということを聞いていた。非常に心配していたら、今になって、仕様がなくなってポツポツ認めている。対応が遅く、放射能汚染に対する認識が甘い、というより、まったくないといってもいいくらいの菅内閣の対応だ。

小沢一郎氏

 一般自然災害への対応も、私の県も被災県の1つだが、単なる旧来の取り組みと同じだ。役所の積み上げと、査定に任せきりで、民主党が目指した国民主導・政治主導という政治の在り方とは程遠い実態になっている。私もそうだが、ほとんどの人たちが、不安と不満を募らせているというのが現状だ。やはりその最大の原因は、民主党が掲げてきた、政治家が自ら決断して政策を実行するということが行われていないためだ。決断とは、イコール責任だ。責任を取るのが嫌だとなると、誰も決断しなくなる。

Q:原発事故で事態をここまで悪くしないようにするために、政府がすべきであった決定や政策はどんなものがあったか。


A:こういう状況になると、東京電力の責任に転嫁したって意味がない。東京電力が悪い、あいつが悪い、こいつが悪いということを言っている。どうでもいいことならそれでいいが、原発の放射能汚染の問題は、ここまで来ると、東電に責任を転嫁しても意味がない。 政府が先頭に立って、政府が対応の主体とならねばいかんというのが、私の議論だ。東電はもう、現実何もできないだろう。だから、日一日と悲劇に向かっている。

Q:菅首相は統合本部を数日後に設立し、東電に踏み込んだ。あれは十分ではなかったのか。


A:十分も何も、パフォーマンスはどうだっていい。そういうことを気にすべきではない。事態は分かっているのだ。何が起きているかってことは、ほぼ。東電が分かっているのだ。東電が分かっていることは、政府も分かっているのに決まっている。だから、私が言ったように、他人に責任をなすりつける話ではない。 

政府が主体となって対応策を、どんな対応策かは専門家を集めなければ分からない。それは衆智を集めて、こうだと決まったら政府が責任を取るからやってくれと、そういうのが政治主導だ。それがまったくみられないから、国民はいらいらして不満を募らせ、民主党はだめだとなっている。 


Q:小沢氏が指揮を執っていれば、最初の段階でメルトダウンが起きて危ないということは国民に大きな声で言っていたか。


A: 言うだろう。隠していたらどうしようもない。それを前提にして、対応策を考えねばならない。当面は福島の人だが、福島だけではない、このままでは。汚染はどんどん広がるだろう。だから、不安・不満がどんどん高まってきている。もうそこには住めないのだから。ちょっと行って帰ってくる分には大丈夫だが。

日本の領土はあの分減ってしまった。あれは黙っていたら、どんどん広がる。東京もアウトになる。ウラン燃料が膨大な量あるのだ。チェルノブイリどころではない。あれの何百倍ものウランがあるのだ。みんなノホホンとしているが、大変な事態なのだ。それは、政府が本当のことを言わないから、皆大丈夫だと思っているのだ。私はそう思っている。
 


Q:なぜ、このタイミングで出てきたのか。


A:隠しようがなくなったからだろう。知らないが。政府に聞いてみるべきだ。

Q:菅首相はアドバイザーを集めて意見を聞いている。聞き方がまずいのか。


A:何を聞いているのだか知らない。集めただけではしようがない。結論を出して何かやらないと。だいたい、原発で食っている連中をいくら集めてもだめだ。皆、原発のマフィアだから。あなた方もテレビを見ていただろう。委員だの何だの学者が出てきて、ずっと今まで、大したことありません、健康には何も被害はありません、とかそんなことばかり言っていた。原子力で食っている人々だから、いくら言ったってだめなんだ。日本人もマスコミもそれが分からないのだ。日本のマスコミはどうしようもない。  

Q:いろいろ聞いてやってみて、だめだったら辞めてもらうということだが、どこまでいったら辞めてもらうのか。どの辺が判断の基準になるのか。


A:どこまでということはない、何もしていないのだから。このまま、ダラダラしていたら、本当に悲劇になってしまう。海も使えなくなる。

Q:原子力エネルギーをどう考えるか。
 

A:しょせん、過渡的エネルギーとしてはある程度、大口電力供給のためにも仕方がない。だが、高レベルの廃棄物を処理できないからいずれ、新しいエネルギーを見出さなければいけない。そのように私は言ってきた。 まさに今、こういう自然災害のなかで、原発の事故まで起きて、これを食い止めると同時に、長期的なエネルギー政策をしっかりと考える必要がある。  

Q:菅政権に対する小沢氏の批判だが、今回、事態の深刻さに対して菅政権が国民に対して正直でなかったことにあるのか、それとも、もし政権が強ければ、事態の対応はもっとうまくいっていたということにあるのか。


A:政権が強い、強くないとの表現も間違いではないが、さきほどから言っているように、 何か国民生活に関する問題を処理する時に、われわれは、自民党の官僚機構に任せて、おんぶに抱っこの政治はもはやだめだと言ってきた。政治家が自ら決断し、国民のための政治を実行する。今回の原子力の話だけではない。

 しかし、それは何かというと、それはイコール責任だ。決断したら決断した者の責任が生じることは当たり前だ。責任のない決断はない。そういうことを主張してきたにもかかわらず、民主党の政権が、特に菅政権が、そうでないという実態に気づき、国民の支持を失っている。政策の実行ができないのなら、総理をやっている意味がないでしょう、ということだ。


Q:問責決議案や不信任案を提出する、提出しないとの話が出ているが、国難といわれる時期、そのような政治家の動きを国民はどう受け止めているとみるか。


A: 困難な時だけ仲良く、仲良くというのは日本人の発想で、だからだめなのだと考える。日本のマスコミは全部そうだ。太平の時は誰でもいいのだ。うまくいっている時は。困難、危機の時だから、それにふさわしい人を選び、ふさわしい政権を作るのだ。日本人は発想が逆だ。 

大陸の人は、発想がそうではない。日本人は平和ぼけしているから。まあまあ争わないで、まあまあ仲良くという話になる。仲良くしたって、何も解決できない。当たり障りのない話をしているだけだ。波風立てずに、丸く丸く。これでは、政治家など要らない。役人に任せていればいい。

Q:菅首相を降ろせというなか、強いリーダーはいるのか。


A:何人でもいる。

Q:強いリーダーの代表格というと小沢氏が思い浮かぶ。自分でやろうとの気持ちはあるのか。


A: 私はもう老兵だから。老兵は消え去るのみ、とのマッカーサー元帥の言葉はご存知だろうか。消え去ろうと思っていたが、もう一仕事やらねばならないとは思っている。

Q:話題を変える。政治資金規正法違反の話は今、どういう状態で、今後、どういう方針で戦うのか。


A:どういう方針もなにもない。 私は何も悪いことをしていない。これは官憲とマスコミによるものだ。旧体制の弾圧だからしようがない。調べてほしいのだが、私は何も不正な金はもらっていない。ただ、報告書の時期がずれていただけだ。こういった例は何百、何千とある。単に報告書を直して再提出するだけで済んでいた話だ、今まではずっと。なぜ、私だけが強制捜査を受けるのか。そこを全然、マスコミは考えない。

 これは民主主義にとって危機だ。政府ないし検察の気に入った者しか政治ができないということになる。ほんとに怖い。あなた方も変な記事を書いたとして逮捕されることになりかねない
そういうことなのだ。絶対にこういうことを許してはいけない。私が薄汚い金をもらっているのなら辞める。

 1年以上強制捜査して何も出てない。だからちょっと報告書の書き方を間違ったといったわけでしょう。現実政治というのは権力だからそうなるんだが。戦前もそう。それを繰り返したんじゃ、だめだ。そんな民主主義は成り立たない。それを心配している。自分はなんてことない。なんの未練もない。政治家をやめれば遊んで暮らせるからそれでいいが。 日本の民主主義はこのままだと本当にまた終わりになる。外国が心配しているのはそこだ。日本は本当に民主主義国家かという心配をしている。 

Q:震災に話を戻す。復興、復旧にこれからお金がかかっていく。もちろん労力も。一つは第2次予算が出るか出ないかで国会でもめている。第2次予算の緊急性と規模はどのようなものと考えるか。もう一つは、財源は増税にするのか、国債発行にするのか。そのへんはどのようにすべきか。


A:復旧に必要なことは、お金がどれくらいかかったって、やらなくてはならない。あのままでは住めなくなる。再臨界に達するかもしれない。あそこが爆発したら大変だ。爆発させないために放射能を出しっぱなしにしている。爆発するよりたちが悪い、本当のことを言うとだ。ずっと長年にわたって放射能が出るから。

だから私は金の話じゃない。 日本がつぶれるか、日本人が生き延びるかどうかという話だと言っている。金なんぞ印刷すればいい。その結果、国民が負担することになるが。国家が本当に放射能汚染をここで食い止めるという決意のもとに、徹底して金だろうがなんだろうがつぎ込まなくてはだめだ。国民はそのことをよく理解してほしい。国債でやれば借金だし、いずれ償還分は払わなくてはいけないが。 

Q:東電の処理について役所が過去にはいろいろ決めてきた。今回、役所の言うとおりに決めてはいけないと考えるか。


A:東電のことはたいした問題ではない。一私企業がどうなろうが。それが本質ではない。ただ、例えば東電がつぶれるとする。電気の配電やら運営ができなくなる。それから5兆円の社債を出しているから、社債が暴落する。公社債市場が大変になる。それから銀行に何兆円かの借金があるから、それが返せなくなると銀行も大変だ、ということだろう。どうってことはない。 要は早く原発の放射能を止めることだ。

Q:民主党が政権をとって間もない2009年10月、インタビューした際、自民党をつぶすことが目的だと言っていた。今回、発言を聞いていると、民主党政権に非常に批判的だが、自民党がむしろリーダーになった方がよいと、日本を救えると見ているのではないか。


A:私はそう見ていないが、国民がそのような状況になってきているということだ。これなら自民党の方がまだいいじゃないかという人が多いでしょう。私が描いていた図とちょっと違うのは、 民主党政権がもう少し愚直に政治に取り組んでくれることを期待していた。そうすれば、国民がたとえ個別の政策が少しずつ遅れたとしても、変更したとしても絶対支持してくれると。

 そういう民主党をまず作り上げる。しかし、一方において自民党的、というのは日本的な政党だが、これも必要だと。自民党は事実上つぶれたような状況だが、新しい自民党がまた成長してくれると。そこで2大政党という絵を描いていたのだが。どうにも民主党政権自体がおかしくなって、強烈な支持者であった人たちも、ちょっともう見放した格好になっている。


 例えば、何兆円の企業のオーナーである稲盛さんとか、スズキ自動車の鈴木会長とかは、何兆円の企業でありながら、正面切って民主党を応援してくれていた人たちが、本当に一生懸命やっただけに、頭にきちゃって、こんな民主党ぶっつぶせ、もう一度やり直しだと言うくらい失望している。

愚直さに欠けた民主党政権でちょっと違った。違ったときは違ったなりに考えなくなくてはならないので仕方ない。だが私の最初の理想は変わらない。 日本に議会制民主主義を定着させたいという理想は全然変わっていない。 

Q:いま、国会に不信任決議案が提出された場合、それを支持するか。


A:それはどうするかよく考えているところだ。

Q:菅首相はどのくらい政権に留ると考えているか。


A:彼はいつまでも留まりたい。だから困っている。それが彼の優先順位の第一だから。だからみんな困っている。

Q:先ほど「もう一仕事したいという気持ちを持っている」と言っていたが、どのようなことがしたいか。


A:いま言ったことだ。 議会制民主主義を日本に定着させたいという、この理想は全然変わっていない。ところがいま、民主党も国民から見放され、自民党もかつての自民党ではなくなってきている。このままでは日本の政治はぐちゃぐちゃになる。だからそうならないように、老骨にむち打って頑張ろうかということだ。

Q:最近になって、メルトダウンが起きていたとか、原子炉に傷が付いていた、などの情報が次々と出ているが、政府は今まで知らなかったのか。


A:知っていたけれど言わなかったということだろう。だから問題だ。

Q:どういうことか。


A:知らない。  政府のことだから。言うと大変になると思ったから言わなかったのだろう。  大変になるというのはどういうことかというと、政府の対応が難しくなると言うことだ。だけど、わたしはそんなことで躊躇しているときではないと考えている。

Q:声が上がればご自身が前面に出られて首相になるということも考えられるのか。


A:私は、あまりにぎにぎしい立場というのは好きではない。もう気楽にしていた方がいいから、自分で好みはしないが、「天命に従う」というのはよくないけど、「天命に遊ぶ」という言葉が好きになった。 天命の命ずるまま、もういらないと言われれば去るのみだ。

Q:最後に、菅総理はどのぐらい総理の座にとどまるとみているか。


A: 一日でも早く代わった方がいいと思う。

_______________________________

大阪維新の会は、民主主義から軍国主義(全体主義)の時代に戻すのか?

 大阪維新の会が、「大阪府の施設における国旗の掲揚及び職員による国歌の斉唱に関する条例」案を提出する。政令指定市を含む府内の公立小中高校などの教職員が対象で、成立すれば君が代の起立斉唱を義務づける全国初の条例となる。

条例で制定されれば、違反者は取り締まる軍国主義に時代と同じことが行われる。国民に主権があり、これらは強制されるべきでないと私は考える。

 私自身、今まで起立して歌ってきたが、かといって歌わない者を調べて処罰したり、内心に踏み込んで強制すべきことではない。

これらの考え方が通るとすると、民主主義の個人の意見や考えが尊重される時代から、形だけの全体主義の時代へ逆もどりすることになる。日本は、あの戦時中の軍国主義の苦い体験から、戦後の民主主義の時代を築いてきたのだ。

 この大阪知事は、いつだかも大阪カジノ構想を言って、あわてさせた。このことは、http://wajuntei.dtiblog.com/blog-entry-529.htmlにも書いた。

 やはり、あの石原都知事のような混乱を教育界にもたらそうというのだろうか?選挙公約だった米軍基地撤回、カジノ構想、オリンピック誘致、石原銀行、築地移転など、その発言もだが、思いつきでの発進、真似されては困るところを大阪が取り入れるのは、どうなっているのかと思う。

これから、大阪維新の会の支持者は離れれて行くことだろう。原発にしても市民が立ちあがっている今、時代逆行と思える出来事だった。

________________________________________


君が代起立条例案を提出 大阪維新の会、成立は確実

2011年5月25日21時40分
http://www.asahi.com/politics/update/0525/OSK201105250123.html


浅田均議長(右)に「君が代条例」案を提出する「大阪維新の会」の松井一郎幹事長(左手前)=25日午後、大阪市中央区の大阪府庁、竹花徹朗撮影

「君が代条例」について話し合う「大阪維新の会」の府議団=25日午後、大阪市中央区の大阪府庁、竹花徹朗撮影

 大阪府の橋下徹知事が率いる地域政党「大阪維新の会」の府議団は25日、5月府議会で成立をめざす「君が代条例」案を議長に提出した。橋下氏が強調する教育現場の「服務規律の厳格化」を条例の目的として明記。政令指定市を含む府内の公立小中高校などの教職員が対象で、成立すれば君が代の起立斉唱を義務づける全国初の条例となる。

 条例案の名称は「大阪府の施設における国旗の掲揚及び職員による国歌の斉唱に関する条例」。

 維新の条例案に対し、大阪府議会の他会派は「すでに教委が起立を指示しており、条例化は不要」などと反発。ただ、維新が過半数を占めるため、条例成立は確実な情勢だ。


教員、違反繰り返せば免職 橋本知事が処分案

2011年5月26日15時27分
http://www.asahi.com/edu/news/TKY201105260341.html

 地域政党「大阪維新の会」の府議団が提出をめざす君が代斉唱時に教員の起立を義務化する条例案について、同会代表の橋下徹知事は17日午前、同条例案とは別に、教員の処分基準を定める条例案を9月府議会に提出する方針を明らかにした。教員が不起立を繰り返せば、懲戒免職処分にできるルール化を目指す。

 橋下氏は、新たな処分条例案について「職務命令違反を繰り返した場合は段階を踏んで最後は免職。9月議会の(条例)成立をめざす」と表明。狙いについて「どういう処分にするのか、今は(教育委員会の)自由裁量。そこに枠をはめる。処分しなければ、処分権者が条例違反になるだろう」と述べた。

 処分条例案は、維新の会による議員提案か府側が提出するかは「検討中」とした。

和順庭へ

 これからは、どんどん伸びる雑草との追いかけごっこ。きれいに草取りをしても、行ってみるとまた伸びている、そんな季節がやってくる。


雨が降り出して、途中で切り上げて帰る。

ソフトバンクユーストリームスタジオ・ニコニコ動画を訪ねて

 6・11に向けて、渋谷のユーストリームスタジオと原宿のニコニコ動画を訪ねる。

 友達の考えでは全国統一デモとなるであろう6・11のデモ多元中継を、これまでのテレビの延長での受身的なテレビの視聴常識を覆す、参加型で自分から積極的に参加して、真実を探るきっかけとなるような、まったく違った、新しいインターネットでの配信方法を探ろうと、訪ねたのであった。

 ソフトバンクの孫さんの脱原発から自然エネルギーへの転換については、先の参議院行政監視委員会での発言で、どれほど建設的にエネルギー政策を進めようとしているかはわかっていたので、そういう動きもバックアップできるような番組配信にしたいと友達は考えている。

 そこで無料スタジオということだったので、その多元中継の合成配信やトーク番組で、この渋谷USTREAMスタジオを利用できないかと思い、このソフトバンクスタジオを訪ねたのだ。
 ただ6・11は、3時からすでにミュージシャンの予約がはいっていた。
 仕方なくあれこれ機材などについて技術的な質問をし、もう1つ汐留にあるソフトバンクの無料スタジオを利用ができるかどうかなど検討したい旨を話したが、そのスタジオはソフトバンク自体が社内使用専用にしているので、別途、別の部署に相談してくれるように言われてしまった。

 渋谷でランチ。
「わらじや」へ。


この頃、また友達とランチをする。
昨日は、神戸屋でランチした。


渋谷のソフトバンクスタジオから、原宿のニコニコ動画本社を訪ね、同じくデモの多元中継を背景としたトーク番組のスタジオとしてニコニコ動画としてもやらないか提案しようと訪れた。





ニコニコカフェでくつろぐ。


帰りに、おしゃれな小道を歩き、ローズテラスのある「ロズレ」を見学。



小出京大助教 国会へ(20ミリシーベルトではダメ!)

やっと小出京大助教が国会で発言する機会が得られた。
それを実況で見てみよう。

めざまし政治サイトでその案内が出ていた。

http://nvc.halsnet.com/jhattori/rakusen/


「参議院テレビ 脱原発への道」というUSTREAMちゃんねるで、ツイッターで、評価、批判、そして情報交換できるメリットが得られる。
http://www.ustream.tv/channel/sangiintv


めざまし政治サイトの服部順治さんのYouTubeにすぐにこの動画がアップされていた。





 ただ画像の質のいいものは「国会 参議院の 行政監視委員会のインターネット中継」で公開されるようだ。

http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php


 さて、この前に小出先生が原発問題でおっしゃってくれてた番組をメディアの問題も含めて見てみよう。

下記のように、ここまで言ってくれてる番組は今はほとんどない。

 まだここにジャーナリスト精神が残っていると思った。

愛川欽也パックインジャーナル5/7(土)
「政府、1ミリシーベルトから20...幅がありすぎない?」







プロフィール

和枝

Author:和枝
 高校教師をやめ、ガーデニングのブログを書くうちに、気づいた小沢問題の陰に潜むマスコミや検察の腐敗をブロガーたちと追究し、小沢一郎氏の無罪判決を得ることができました。

「和順庭の四季おりおり」と題したブログの時から御支持いただいた真実を追究する仲間や冤罪被害者の皆様に支えられ、市民メディア「ツイートテレビ」を立ち上げ、私も生まれ育った東京を離れ、「生活の党と山本太郎と仲間たち」に習い、心機一転、主人の郷里・徳島にてエネルギッシュで常に現実に向き合い情報発信する生活をしています。
 
 それに伴い「和順庭」と名づけた庭も徳島県へ引っ越しました。



※寄付のお願い
■郵便局からの振込みの場合
口座 ゆうちょ銀行
記号 10000 番号 88352491

■銀行からの振込みの場合
口座 ゆうちょ銀行
店番 008 普通預金
口座番号 8835249
口座名 服部 和枝

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。