7 なぜこの時期に小沢捜査なのか?私論


 

 今までのブログによる小沢捜査を分析してみて、今回の秘書議員逮捕の異様さは、行政組織でいうと鳩山内閣の中の法務大臣管轄下の検察特捜部が小沢包囲網として小沢秘書である国会議員を逮捕したことにある。民主党が民主党議員の首を絞めている構図である。

これに対する千葉法務大臣の会見もなければ、指揮権発動をしてでも、この混乱を収拾しようという毅然とした鳩山コメントもないことだ。それどころかはっきりと「検察には介入しない」とまで言っている。このまま行くと泥沼化するだけでなく、世界からも日本は見放されるといっていい。ここで毅然とした態度がとれるかどうかにかかっているといっていいだろう。ずるずる行くと、政治の混乱が経済の停滞をも招き、民主党か自民党か?与党か野党か?という問題ではなく日本の国が世界から取り残されることになりかねない。

日本の国にとれば、先を見据えてこれからの経済を支える中国にいちはやく行き、指導力を発揮して日本の政治と信頼を印象づけた小沢氏は、経済面でも日本の救世主となり感謝されるべきはずだが、アメリカにとっては米国を越えて日本と中国が親しくなることは中国市場を奪われることで、何としてでも阻止せねばならなかっただろう。

日本の利益優先に動きアメリカの言いなりにならぬ民主党と酸いも甘いもかみ分けた実力者小沢氏は恐怖なのだ。鳩山氏以上に動かしがたいとみるだろう。それだけ日本の政界へも世界の政治事情にも通じており、裏の裏まで知り尽くしていてその小沢氏がアメリカのためでなくて日本の利益のために動こうとしている。「民主党も小沢もはやくつぶせ!」との命令がアメリカから発せられているといっても過言ではない。

 日本のマスコミ、特にワイドショーなどは、何かことあるごとに「この陰にはやはりこの人がいます。」と常に小沢氏の悪者のイメージをつくり上げてきたと言ってもいい。マスコミも検察もこの時期にこのようなスタンスをとることを反省すべきである。日本はどうなって行くのだろう?

同じようなことを言っているブログがあったので、載せてみた。


世相を斬る あいば達也

「小沢のシッポ掴んだぞ~」朝日新聞・星浩
http://blog.goo.ne.jp/aibatatuya/e/117203eb9762155b609893d77bc44e65
さてと、筆者の予想を裏切って石川知祐衆議院議員が東京地検特捜部に逮捕された。(笑)政治資金規正法の虚偽記載容疑で現職の国会議員を逮捕するとは検察も勇気があるものだ。筆者を含め多くの民主主義と法治国家を望む国民にとっては、相当に不愉快な地検特捜部の暴挙である。

NHKは速報だと言いながら、お姉さんアナウンサーがたて板に水の如く速報を諳んじた。
報道ステーションでは朝日新聞の星浩がニコニコ顔で「本丸は小沢幹事長だ、今まで収支はすべて明らかにしていると言っていたが、裏金が出てきて、やっとシッポをつかんだということ」と云う事にですねとムニャムニャと語っていた。

いかにも地検特捜が現時点で見えている政治資金規正法違反以上の罪状を立件する目途がたったような言い草をしていた。これはブラフである。
なぜなら、そこまで地検特捜が小沢幹事長の土地購入原資の物的証拠を握っているのなら国会開会ギリギリの15日に同議員を逮捕する必要はない。

地検特捜に同議員及び小沢幹事長の原資疑惑にまったく自信がないのだろう。だから逮捕許諾請求しなければならない会期中前の逮捕に踏み切ったものと思われる。なんてったって、同議員は既に虚偽記載を認めているのだから、逮捕身柄拘束の必要性は現時点で皆無だ。

もう一つ重要なことは今回の石川議員逮捕と同時に小沢幹事長の公設秘書大久保氏を再び逮捕、石川議員の会計を引き継いだ小沢幹事長の元私設秘書の池田光智氏まで逮捕すると云う事だ。

地検特捜部はこの3人の身柄を拘束し、締め上げ吊るしあげ、特高警察並の尋問で憎っくき経世会の末裔小沢幹事長をお縄にしようと画策するつもりらしい。

大久保氏は筋金入りの秘書で問題はないが、石川議員、池田元秘書となると特高・東京地検特捜部の熾烈な尋問に音を上げる可能性はある。そして、最後にはある事ない事話しだし、「楽になりたい」と云う心境になる可能性はあるだろう。まぁ三人には頑張って欲しいものである。

星浩がしたり顔で「シッポをつかんだ」あれはブラフだ。結局検察は政治資金規正法違反の罪状で石川、大久保を起訴するだろうが、池田の起訴は見送るだろう。
検察の狙いはこの元秘書池田氏の証言が頼りなのかもしれない。「アイツも吐いた、コイツも吐いた、オマエ一人で罪被る気?」てなもんである。(笑)

しかし、立件し起訴するとして、公判維持は相当難しいと思うのだが、地検特捜は何を狙っているのか、未だに疑問だ。
継続捜査があるという事実を作り上げ、佐久間の人事を凍結させようと企んだのかもしれない。
或いは、筆者が再三指摘している「ダーティー小沢」のイメージを一層確実なものにしたかったのかもしれない。
現職石川議員の逮捕で野党自民党は勢いづくだろうし、世論も動揺するに違いない。「現職議員を逮捕した以上、余程の証拠があるんだよね~」世論とはそういうものなのである。

仮に小沢幹事長が土地購入の原資に水谷建設元会長が現ナマで渡したと云う1億円を使っていたとするなら、それは拙いだろうが、常識的にあり得ない話だ。
しかし「ダーティー小沢」のイメージは浸透するだろう。こうなると小沢幹事長の「説明会見」の時期に齟齬が生まれる可能性は出てきた。それが狙いで、「小沢さんよ、早く説明しろ!」と検察の悲鳴が逮捕なのかもしれない。

地検特捜の今回の逮捕自体「法の正義」とは程遠い。「別件逮捕」でも小沢資金原資に贈収賄の証拠でも出てくれば、それはそれで一種の正義が行われたと言えるが、その可能性はゼロに近い。

ここまで考えて気づいたのだが、鳩山首相はどうするつもりなのだろう。自分は検察に恭順の意を現し、おめこぼしを受けたわけだが、身を呈して検察ファッショと対峙する小沢幹事長を見殺しにするつもりではないだろうかと云う疑問である。

この点に関しては多少ヤバいかもという疑念はある。法務省、法務大臣への指導力が一切発揮されている形跡がない。
検察権力に対峙する姿勢を捨てた鳩山首相は大いなる過ちを犯すかもしれない。これは民主党政権そのものの存続に関わるだろう。
小沢亡き民主党など烏合の集団だ。おそらく鳩山首相も知ってはいるが、強権を発動する勇気もないかもしれない。

ここが危ない。そろそろ検察ファッショに何らかの立法措置を講じる姿勢を示さないと、強固な小沢支持有権者の民主党離れが加速する。
千葉法相の更迭が一番のメッセージではないのか?
筆者のように、正しい官僚行政のあり方に注目している有権者にとって、そこは子供手当以上に重要だ。不況の脱出以上に重要なポイントだと思われる。

検察庁もマスメディアも「政権交代」を認めないのであれば、「政権交代」を必ず実行せしめる「強力なメッセージ」を発信しない限り、小沢幹事長は鳩山政権と袂を別つ可能性さえある。

いま最も考えなければいけない人物は鳩山首相かもしれない。鳩山は小沢を守るつもりか?見捨てるつもりか?民主党躍進の原動力そのものの小沢幹事長を検察ファッショから守るという「強力なメッセージ」が発信されないと、参議院選の行方は保証されないだろう。ここは思案のしどころだ!


*「強力なメッセージ」だからといって、石川議員の国会会期中の釈放請求も可能だが現実的に検察ファッショへの「強力なメッセージ」とはなり得ないだろう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

和枝

Author:和枝
 高校教師をやめ、ガーデニングのブログを書くうちに、気づいた小沢問題の陰に潜むマスコミや検察の腐敗をブロガーたちと追究し、小沢一郎氏の無罪判決を得ることができました。

「和順庭の四季おりおり」と題したブログの時から御支持いただいた真実を追究する仲間や冤罪被害者の皆様に支えられ、市民メディア「ツイートテレビ」を立ち上げ、私も生まれ育った東京を離れ、「生活の党と山本太郎と仲間たち」に習い、心機一転、主人の郷里・徳島にてエネルギッシュで常に現実に向き合い情報発信する生活をしています。
 
 それに伴い「和順庭」と名づけた庭も徳島県へ引っ越しました。



※寄付のお願い
■郵便局からの振込みの場合
口座 ゆうちょ銀行
記号 10000 番号 88352491

■銀行からの振込みの場合
口座 ゆうちょ銀行
店番 008 普通預金
口座番号 8835249
口座名 服部 和枝

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR