スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

58 なぜこの時期に小沢捜査なのか?ロッキード事件と小沢攻撃

 CIA、マスコミ、清和会による小沢攻撃は、はからずも、CIA・検察特捜部がそれまでの日本国民が思っていた正義の味方からアメリカ利益誘導への犯罪人をでっちあげるための組織であるということを気づかせたという点で、果たした役割は大きい。

ロッキード事件での田中角栄被告の5億円授受についてもたぶん無罪であろうし、金銭授受について追及されるとすれば中曽根康弘のはずだということもわかりはじめてきた。

これまでもCIA の意のままに動き、日本国民のお金や財産を横流しにする政治家は生き延び、日本国民を守る政治家は抹殺されてきたということである。

民主党が政権交代を果たして事業仕分けをはじめとし国民のための政治をしたから、小沢攻撃や石川議員、村木元局長などの事実誤認逮捕にブロガーがたちあがって真実を追及し、小沢攻撃を仕掛ける者の存在を暴き出したといってよい。


3月5日号の週刊朝日には、郵便不正厚生労働省村木元局長逮捕事件の「私は特捜検事に脅迫された」という記事や、石川知裕衆議院議員の「新聞・テレビはデタラメだらけ」という独占インタビューも載っており、これを読むとどのようにして犯罪人に仕立て上げられるかということがよくわかる。


水谷建設からの金銭授受現場を再現放送したTBSや一方的な検察リーク報道を繰り返した読売・産経などの新聞はこれから事実があきらかになれば、その責任も問われるだろう。


また、この週刊朝日の「検察は政治資金規正法を勉強しているのか?」という記事の中には、「主な国会議員のずさんな資金管理(2006年9月~)」として、記載もれや訂正する自民党議員は多くおり、これで議員辞職勧告決議となれば、ここに記載されている自民党議員はほとんど辞職すべきとなると述べられている。勿論、谷垣総裁も、国会の品格を落とした質問をした与謝野議員や厳しく追及する石破議員もである。




資金繰りを書かなければ虚偽記載だという間違った法解釈をし、現職の国会議員を逮捕・拘束して国会に出席させなかった検事総長の責任こそ国会の場で追及してほしいと思うのだが。

 また、朝日新聞(3月1日付)に「秘密解除 ロッキード事件」として、CIA から日本の政党(自民党)に資金提供がされていたことや、金が渡った高官名(田中と現職閣僚2人とあるがこれは田中ではなく、たぶん中曽根康弘と思われる)秘匿に奔走、三木首相 米に口裏合わせ依頼などの見出しで詳しく書かれた記事が載っている。

このことについて書かれている「asahi. com 」の記事を載せてみた。

asahi. com

http://www.asahi.com/politics/update/0211/TKY201002110364_01.html
ロッキード事件「中曽根氏がもみ消し要請」 米に公文書

(1/2ページ)2010年2月12日3時30分

ロッキード事件をめぐり「MOMIKESU」との要請が記載された米政府の公文書=米ミシガン州のフォード大統領図書館
 
ロッキード事件の発覚直後の1976年2月、中曽根康弘・自民党幹事長(当時)から米政府に「この問題をもみ消すことを希望する」との要請があったと報告する公文書が米国で見つかった。

裏金を受け取った政府高官の名が表に出ると「自民党が選挙で完敗し、日米安全保障の枠組みが壊される恐れがある」という理由。
三木武夫首相(当時)は事件の真相解明を言明していたが、裏では早期の幕引きを図る動きがあったことになる。中曽根事務所は「ノーコメント」としている。

 この文書は76年2月20日にジェームズ・ホジソン駐日米大使(当時)から国務省に届いた公電の写し。米国立公文書館の分館であるフォード大統領図書館に保管され、2008年8月に秘密指定が解除された。

 ロッキード事件は76年2月4日に米議会で暴露されたが、ロ社の裏金が渡った日本政府高官の名前は伏せられた。


 与野党いずれも政府に真相解明を要求。三木首相は2月18日、「高官名を含むあらゆる資料の提供」を米政府に要請すると決めた。

 文書によると、中曽根氏はその日の晩、米国大使館の関係者に接触し、自民党幹事長としてのメッセージを米政府に伝えるよう依頼した。中曽根氏は三木首相の方針を「苦しい政策」と評し、「もし高官名リストが現時点で公表されると、日本の政治は大変な混乱に投げ込まれる」「できるだけ公表を遅らせるのが最良」と言ったとされる。

 さらに中曽根氏は翌19日の朝、要請内容を「もみ消すことを希望する」に変更したとされる。文書には、中曽根氏の言葉としてローマ字で「MOMIKESU」と書いてある。

中曽根氏はその際、「田中」と現職閣僚の2人が事件に関与しているとの情報を得たと明かした上で、「三木首相の判断によれば、もしこれが公表されると、三木内閣の崩壊、選挙での自民党の完全な敗北、場合によっては日米安保の枠組みの破壊につながる恐れがある」と指摘したとされる。

 文書中、依然として秘密扱いの部分が2カ所あり、大使館関係者の名前は不明だ。

 結果的に、事件の資料は、原則として公表しないことを条件に日本の検察に提供された。(奥山俊宏、村山治)

     ◇

 東京地検特捜部検事時代にロッキード事件を捜査した堀田力弁護士の話


 米国への要請が事件発覚直後で、しかも「日本の政府がひっくり返るかもしれない」とブラフ(脅し)みたいな言い方なのに驚いた。私は法務省刑事局の渉外担当参事官として2月26日に渡米し、資料入手の交渉をしたが、それを阻止するような動きがあるとは察してもいなかった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

和枝

Author:和枝
 高校教師をやめ、ガーデニングのブログを書くうちに、気づいた小沢問題の陰に潜むマスコミや検察の腐敗をブロガーたちと追究し、小沢一郎氏の無罪判決を得ることができました。

「和順庭の四季おりおり」と題したブログの時から御支持いただいた真実を追究する仲間や冤罪被害者の皆様に支えられ、市民メディア「ツイートテレビ」を立ち上げ、私も生まれ育った東京を離れ、「生活の党と山本太郎と仲間たち」に習い、心機一転、主人の郷里・徳島にてエネルギッシュで常に現実に向き合い情報発信する生活をしています。
 
 それに伴い「和順庭」と名づけた庭も徳島県へ引っ越しました。



※寄付のお願い
■郵便局からの振込みの場合
口座 ゆうちょ銀行
記号 10000 番号 88352491

■銀行からの振込みの場合
口座 ゆうちょ銀行
店番 008 普通預金
口座番号 8835249
口座名 服部 和枝

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。