スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平塚に行って

 鎌倉へ梅を見に行こうとして、途中東名高速の海老名サービスエリアでトイレ休憩に寄りました。


海老名⇔圏央道が開通したとその記念にイベントが催されていたのですが、これって途中までの開通で、完全開通というわけではないのです。とても紛らわしいと思いました。

この頃サービスエリアに寄って思うのですが、車内のゴミを捨てようとゴミ箱を探すのですが、みつけるのが大変なのです。今まではすぐに目立つところにあったのですが、広いサービスエリアにたった一箇所のその場所を探し、尋ねることもしばしばです。ゴミを捨てて、また、飲み物や食べ物を買ったりするのですから、美観もですがすぐわかるところに何箇所かあればうろうろ歩き回らなくても済むというものです。

ここで、平塚にオープンしたばかりの「花菜ガーデン」という神奈川県立の植物園のちらしを配っていて、行ってみようということになり、厚木で降りました。
花菜ガーデンの説明


園芸や農業を楽しく学べる場、「花菜ガーデン」がオープン/平塚
2010年3月1日
1日にオープンした花菜ガーデン=平塚市寺田縄
 四季折々の花の観賞に加え、園芸や農業を楽しみながら学ぶことのできる「県立花と緑のふれあいセンター 花菜(かな)ガーデン」が、平塚市寺田縄の旧県農業総合研究所跡地に完成し1日、オープンした。

 敷地面積は、横浜スタジアムの約3・5倍の9万2千平方メートル。広大なスペースに、バラやサクラ、ハナモモなど3250品種の草花や花木が植えられた「フラワーゾーン」、田んぼや菜園での農業体験が売り物の「アグリゾーン」、子どもたちに農業の大切さを学んでもらう体験ルーム、農業、園芸関係の図書などを備えた「研究棟」が設けられた。

 また、周辺には平塚市の市民農園、地元農家によるイチゴ狩り農園も整備され、JA湘南の大型農産物直売所「あさつゆ広場」も14日に開所する。県は「地産地消を進め、訪れた人が花と緑に親しみ、農業を学び体験できるエリア」と位置付けており、運営を担うかながわGAパートナーズは、年間34万人の集客を見込む。

 2月28日には現地で記念式典が開かれた。主催者を代表して松沢成文知事が「首都圏はもとより全国から多くの人が来園する施設になると期待している」とあいさつ。隣接する県立平塚養護学校高等部2年の男子生徒(17)ら同校生徒4人に記念植樹のソメイヨシノの苗木を託した。

 同ガーデンは小田原厚木道路平塚インターチェンジから車で約5分、JR平塚駅からバスで約15分。入場料は大人500円、大学・高校生と65歳以上300円、小中学生200円。開園は午前9時から。問い合わせは同ガーデン電話0463(73)6170。

 駐車場から入口へ


入園してすぐ園内のことや植物などについて展示しているところがありました。園芸書などを集めた図書室もあります。


外に出ましたが、あいにくの雨。園内をぐるっとまわってみました。水仙などが咲いているところがありました。


雨をしのぐために 見晴台へ


園内が見渡せます


クリスマスローズの花が咲いていて


チェコの園芸家の家を模した庭園で。ビオラ・ラナンキュラスなどの花が咲く可愛い庭です


野菜ガーデン

この時期あまり花は咲いていなくて、まだ園内もオープンしたてで準備が整っておらず、どうせオープンするなら花の咲いている時期にすればよいのにと思いました。隣のJAなどでは肥料や土などの園芸材料も販売するのでしょうが、こちらもまだオープンしておらず、なんかちぐはぐな気がしました。

この花菜ガーデンも春から薔薇などの咲く時期が花がきれいに咲いて楽しめるようなので、どうせ行くのであればその頃に行くのがいいでしょう。


ショップで2000円以上買うと駐車料金が無料になるということで、それにつられて記念に、薔薇「羽衣」を飼いました。ただ、植物園にあるショップにしては、薔薇のことについて尋ねても何も知らない人が店員でいるので、どうなっているのだろうと思いました。

この薔薇の苗も京成バラ園のものです。植物園で売っている薔薇の苗のほとんどは京成バラ園のものです。薔薇の苗を買うのであれば、京成バラ園で買うのがいいのでしょう。薔薇の時期はとても見事で楽しむことができます。

日も暮れて、茅ヶ崎の「えぼし」で魚料理を。湘南に来ると寄るのがこの「えぼし」。いつもとても混んでいます。

かにのてんぷらやカラフル野菜と魚のから揚げ甘酢あんかけ


釜揚げしらす丼にあこう鯛のあら汁


はまぐりのうしお汁にほたてのせやきめし

魚介類が新鮮で、とても美味しく食べられるお店です。
http://www.eboshi.com/honten/index.html


ホームページから
「美味い魚を食べるなら、えぼし茅ヶ崎本店へ!
メニューは常に200種類以上!!
地元茅ヶ崎・平塚の港から、そして築地から、毎日新鮮な魚介や野菜、旬の食材がえぼしにやってきます。鮮度良く、素材感を大切に、和・洋・中多彩なえぼしの料理は、毎日200種類以上のラインナップ。選ぶのが大変になるほどメニューがありますが、お気に入りの一品をぜひ見つけてみてください。また、テーブルにご用意しているバラになった1枚メニューは、おもに当日のお勧め品をご紹介しております。時には今では珍しくなったクジラ料理や珍しい高級魚などの逸品が隠れていますので要チェックです!

えぼしの始まりは焼きとり屋台から・・・
今から30数年前、カウンター10席ほどの小さな焼きとり屋からえぼしはスタートをしました。次第に地元で採れた新鮮な魚を扱うようになり、いまではすっかり浜料理の店となりましたが、えぼしの起源は焼きとりにこそあるのです。おいしい魚料理と一緒に、ぜひえぼしの焼きとりをご注文お忘れなく!」

 お店を出て、また平塚に戻り、駅のあたりを散歩して(平塚と言えば、七夕で有名です)帰路に着きました。雨で日帰りの旅でしたが、有意義な一日でした。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

和枝

Author:和枝
 高校教師をやめ、ガーデニングのブログを書くうちに、気づいた小沢問題の陰に潜むマスコミや検察の腐敗をブロガーたちと追究し、小沢一郎氏の無罪判決を得ることができました。

「和順庭の四季おりおり」と題したブログの時から御支持いただいた真実を追究する仲間や冤罪被害者の皆様に支えられ、市民メディア「ツイートテレビ」を立ち上げ、私も生まれ育った東京を離れ、「生活の党と山本太郎と仲間たち」に習い、心機一転、主人の郷里・徳島にてエネルギッシュで常に現実に向き合い情報発信する生活をしています。
 
 それに伴い「和順庭」と名づけた庭も徳島県へ引っ越しました。



※寄付のお願い
■郵便局からの振込みの場合
口座 ゆうちょ銀行
記号 10000 番号 88352491

■銀行からの振込みの場合
口座 ゆうちょ銀行
店番 008 普通預金
口座番号 8835249
口座名 服部 和枝

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。