小沢・トヨタバッシングに続き、今度は民主党藤田議員が攻撃のターゲットに

3月9日付の朝日・読売新聞の夕刊で、ワシントンポストの社説に民主党の藤田幸久議員が外交防衛委員会で911事件の公式説明に疑問を呈したことを批判する記事が載ったことが紹介されていました。

9.11 については、アメリカの遺族たちが疑問を呈し、科学者などが真相解明のために立ち上がり、世界規模で真実を追及しはじめているところです。

アメリカではマスコミをはじめとし、語ることがタブー視されており、遺族達は真実を求めて各国を歩き、藤田議員や欧州議会議員でジャーナリストのジュリエット・キエザ氏らがサポートしながら真相が解明されつつあります。

 アメリカ市民の中にも徐々に公式見解に対する疑念が拡がり、また、サムプライズローンの破綻などの経済破綻が引き金になり、水面下で金融資本家への不信がかなりくすぶりはじめていると言われています。

 この時期にこのような報道がされることは、かなりアメリカ政府にあせりがあり、また市民に広まるのを恐れているととらえる見方もできます。

 ワシントンポストの一方的な報道を日本のマスコミは流すだけで、これまた鳩山・小沢氏に続き、今度は藤田議員がターゲットになっているようです。


 朝日と読売の報道、ワシントンポストの報道に対する藤田氏のコメントとUEBサイト、ブログ、それに藤田氏とアメリカを中心に平和を求めて活動しているきくちゆみさんのブログからこのことについてみていきたいと思います。




 
asahi.com

Wポスト紙、民主・藤田議員を酷評 同時多発テロ発言で

http://www.asahi.com/politics/update/0309/TKY201003090110.html
 【ワシントン=伊藤宏】米紙ワシントン・ポストは8日付の社説で、民主党の藤田幸久国際局長(参院議員)が同紙に対し、2001年9月11日の米同時多発テロの犯人像に疑問を挟む発言などをしたとして「突拍子もなく、いい加減で、偽りがあり、まじめな議論に値しない」と酷評した。鳩山由紀夫首相が容認すれば、日米関係に影響するとも警告した。

 同紙は、藤田氏が最近の同紙による取材に対し、▽テロリストの犯行かどうかに疑問を挟んだ▽世界貿易センタービルの倒壊が(飛行機の衝突による)火災ではなく、起爆装置で起きた可能性があると示唆した、と紹介。そのうえで、こうした「幻想」は鳩山政権の「反米傾向」を反映していると指摘した。

 さらに「藤田氏のような無謀で事実に反した考え方を鳩山氏が容認するなら、日米関係が厳しく問われることになるだろう」と断じた。

 藤田氏は、野党時代の08年4月の参院外交防衛委員会で、国際テロ組織アルカイダのオサマ・ビンラディン容疑者の関与に疑問を挟む内容の質問をした。今年1月発売の週刊朝日でも、米国は犯人を特定しておらず、ビル倒壊の原因も再調査すべきだとの持論を展開。こうした発言はこれまでも米国の対日専門家らに批判されており、日米間の新たな問題に発展する可能性もある。

     ◇

 藤田氏は9日、朝日新聞の取材に「インタビュー後の懇談で、一議員としての考えを話したもので、社説は私の肩書を含めて間違った記述もある」と、党や鳩山政権の考えではないことを強調した。

YOMIURI ONRINE


http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100309-OYT1T00545.htm
 米紙、9・11陰謀説の民主・藤田議員を酷評

 【ワシントン=小川聡】米ワシントン・ポスト紙は8日付の社説で、民主党の藤田幸久国際局長が同紙のインタビューに応じ、2001年9月11日の米同時テロがテロリストの仕業ではなかったという「陰謀説」を示唆したとして、「民主党と鳩山政権に広まる反米的思考の気質が反映されたものとみられる」と批判した。


 社説は、藤田氏が米同時テロについて「株取引のもうけを狙った陰謀」の可能性を提起したと紹介。「こうした正気を失った過激派の空想に影響されやすい人物が、世界第2位の経済力を誇りにしている国の統治機関の中で重要な地位を占めている」として、民主党政権の反米気質と関連づけて解説した。

 そのうえで鳩山首相について、「日米同盟が安全保障の礎石だと再確認しているが、首相と民主党政権の行動は、そうした約束について疑問を提起している」と分析し、「首相が藤田氏のような向こう見ずで、事実を無視する党分子を大目に見るかどうかで、日米同盟が厳しく試されるだろう」と指摘した。

     ◇

 藤田氏は9日昼、「ワシントン・ポストの記者に雑談で話したことだ。内容がきちんと伝わっておらず、誤解がある。党の見解を述べたものではない」と述べた。

 藤田氏は、民間活動団体(NGO)をへて1996年衆院選で初当選した。2005年に落選後、07年参院選で茨城選挙区から立候補して当選した。

(2010年3月9日13時36分 読売新聞)

ふじた幸久  WEBサイト
 

http://www2.y-fujita.com/cgi-bin/index.php

2010年3月9日

ワシントンポスト(3月8日付)の批判的な社説に対しての私のコメント


 ワシントンポスト(3月8日付)に誤解を受けるような社説が載りました。これに対する問い合わせ、その経緯をご報告致します。

 3月3日AM10:30にフォーリン・プレスセンターの要請で米ワシントン・ポスト紙のリー・ホックスタッダー氏(Lee Hockstader, Editorial Writer, The Washington Post)が「日本の移民受け入れに対する姿勢、態度の変化」という取材テーマで藤田幸久参議院議員(国際局長)を訪問した。(別紙、最初の取材依頼書、及び下記質問項目詳細参照)

 本取材依頼をめぐる経緯の概略及び同記事の問題点は以下の通り。

1. 取材時間の丸々1時間は、依頼テーマの日本の移民受け入れの現状や右に関する藤田議員の見解であった。

取材中、ホックスタッダー氏は、ラップトップでコメントを打ち続けていたが、1時間の取材を終え、ラップトップを閉じた後、雑談として藤田議員の略歴の中に「9.11」について委員会質問をしていることなどが紹介されている点を取り上げ、いずれの点を疑問に思っているかと尋ねた。それに対して、藤田議員は「9.11」にかかわりはじめた背景や不明なままになっている事件の諸点を指摘した。
 
2. したがって、藤田議員は、予定の同意した質問に約1時間答えた後は、当然取材外の質問として応対していた。
 
3. フォーリン・プレスセンターの深澤氏も同席したが(国際局主査内田、副主査のバーニクルも陪席)今回の訪日期間中、移民問題以外のインタビューはいずれの先でも行わなかったとの確認をとっている。(取材後、同センターの寺田理事長からお礼の手紙も届いている。)本インタビュー全部を記録として録音しているので、後日、全部を紹介する予定である。
 
4. 上記1にある通り、取材後「9.11」に関する雑談をしたが、9.11が陰謀だと結論したこともなければ、ツインタワービルが解体爆破などと断定したことはないと、明確に発言している。むしろ、犠牲者家族などの支援やアフガニスタン戦争や人道援助の現場から、「テロとの戦い」の原点の検証が必要との立場から国会質問などを行って来た、ことを紹介した。
 

 
5. また藤田議員は、米軍元捕虜の支援活動を含め、アメリカ各界に友人も多く、日米の懸け橋作りに長年努力してきた。
 
6. そもそも同氏の記事冒頭、藤田議員が参議院の外交委員長であるかのような紹介をしていることや、(head of the Research Committee on Foreign Affairs in the upper house of Japan’s parliament)藤田議員が「外交政策のエスタブリシュメント」という表現を活用しているが、同議員は右のポストになければ、党の国際局長という立場は政策に関与する立場にあるものでない。 事実を歪曲した扇動的報道と断ぜざるを得ない。


(別紙2)3月2日着

民主党 国際局 アリスン 様

いつもよりお世話になっております。主な質問事項は下記の通りです。

・日本の人口が減少しています。
本問題に関して民主党はどのような取組みをされていらっしゃいますか。

・少子高齢化に伴う、日本の労働人口の減少が懸念されております。
外国からの労働者を受入れることに関して、民主党のお考えをお聞かせください。

・経済状況が悪い中で外国人労働者や移民問題を取り上げるのは難しいでしょうか。もしそうであれば、本問題に関して取り上げるのは何時が適当をお考えでしょうか。

政策等に触れるところに関しまして、お答えが難しいところもあるかと存じます。お答えをいただける範囲で結構ですので、よろしくお願い致します。



深澤 麻由子
財団法人 フォーリン・プレスセンター
メディア・リレーションズ課 TEL: 03-3501-5070 FAX: 03-3501-3622


きくちゆみのブログとポッドキャスト

http://kikuchiyumi.blogspot.com/2010/03/blog-post_8006.html

「社説」といえば新聞社の意見を代表するもの。しかし内容は事実誤認を含み、取材方法にも問題があり(外国人労働者のことで民主党国際局長である藤田議員のコメントがほしい、という申し入れだった)、これがミスであるとは想像しがたいので、「悪意」を感じます。
*日本語訳はこちら(Japanese translation)


この件に対して藤田幸久議員はさっそくコメントを発表しています(英文はこちら)。
http://www2.y-fujita.com/cgi-bin/index.php

これを読むと、ワシントンポストが取材申し込みしたテーマは「少子高齢化に伴う外国人労働者の受け入れについて」と全く別のことであり、藤田議員の発言や真意を歪曲して社説に書いたことがわかります。

どうしてワシントンポストはここまでやったのか?
911の真実が広がることを恐れていて、(ワシントンポストさえ動かせる力を持った真犯人が)相当焦っているように感じます。
 


911事件の基本的な事実に関しては「真実は今」のサイトがますます充実しています。
http://www5.pf-x.net/~gotama/

そして、やはりこの件ではバルセロナさんのサイトが信頼できます。
http://doujibar.ganriki.net/00menu.html

4月には京都大学で私が911事件をテーマに講演と授業をさせていただくことになりました。4月18日のイベントは、ローソンチケットでも買えるようになります。(決定後、お知らせします)

ここをクリックすれば1月22日号の週刊朝日の記事を読むことができます。

真摯で勇気ある藤田議員を応援するためにも、911の正確な事実を広めなくては。それには『9/11:真実への青写真』の上映会を各地で開くことが一番いいです。現時点では、この作品がもっとも効果的だと思います。

あなたも地元で上映会をやりませんか?50人以上集めてくだされば、体のあいている限り私も行きます。 わざわざワシントンポストが社説で911事件を取り上げてくれたことは、もしかしたら、いいチャンスかもしれません

藤田 幸久 Blog 
 

欧州議会で講演。9.11映画の試写会開催

http://www.election.ne.jp/10870/43061.html












2月26日にブリュッセルの欧州議会の会議場で、映画「ZERO」の試写会と、『独立調査を求めるヨーロッパ』というパネルディスカッションが開催され、私もパネリストとして出席しました。


 映画『ZERO―9/11の調査』http://www.zerofilm.info/ は、客観的な証拠もないまま、自国イタリアがアフガニスタンとイラクでの2つの戦争に巻き込まれたことを憂えた欧州議会議員でジャーナリストのジュリエット・キエザ氏が、9/11の真実を追求する仲間と共に製作した映画です。

ニューヨークの世界貿易センタービルへのハイジャック機の突入やビルの崩壊、ワシントンのペンタゴンへの飛行物体の突入とその損傷などの生の映像や写真などに加えて、救助に当たった消防士、航空専門家、元FBI職員、犠牲者の父親などの証言などを含め8ヶ月をかけて製作したドキュメンタリー映画です。ノーベル文学賞受賞者であるダリオ・フォー氏も進行役の一人として出演し、昨年のローマ国際映画祭でも好評を博しました。


試写会の後、『独立調査を求めるヨーロッパ』というテーマでパネルディスカッションが開催されました。ジュリエット・キエザ議員と私の他に、クラウディオ・フラカッシ(ジャーナリスト。雑誌編集者、イタリア)、デヴィッド・グリフィン(クレアモント神学院名誉教授。

「9.11事件は謀略か」「9.11の矛盾」などの著者、米国)、モニ・オヴァディア(俳優・歌手。ブルガリア生まれのユダヤ人)、そしてフランコ・フラカッシ、フランセスコ・トレントの二人の映画監督がパネリストとして出席しました。


会場には、欧州議員と秘書やスタッフ、マスコミ関係者、NGO関係者など150人ほどが出席し、夜7時半から始まったイベントは、1時間40分の映画や質疑応答も含め11時過ぎまで続きました。
 私は、以下のように発言しました。

一 2002年9月11日に東京のNPOが「9.11犠牲者追悼チャリティー・コンサート」を開催した。「1年前の9.11の結果起こったアフガニスタン戦争で犠牲を受けたアフガニスタンの子供のために小学校を建設しよう」という趣旨で、日本の市民の目にはアフガニスタンの市民こそが9・11の最大の犠牲者だという素朴な感性があることを知り感激した。

二 アメリカの牧師、共和党を含む議員や消防関係者、空港当局者、軍や国務省などの関係者、各国の閣僚経験者や中央銀行総裁までもが、それぞれの専門的な立場から多くの具体的な疑問を呈しており、その検証と説明責任を求めることは、世界の市民として当然である。

三 「テロとの戦い」の根拠であり、日本人24名が犠牲となっていながら、その具体的事実も確認されないままにアフガニスタン戦争やイラク戦争に参加しているという経緯と、その原点は検証されなければならない。

四 インターネットは元々は軍が発明したものだが、今では市民がそれを活用し、情報にアクセスでき、真実が隠せない時代となっている。

五 世界中のインターネットの世界では、多くの市民が疑問を呈しているが、より多くの市民が、基本的な事実に触れ、その真相を確かめる意味で、この映画が各国の一般劇場で上映されることは極めて意味深い。
 その後も各国の議員やNATOの関係者などと会談し、29日にオランダに向かいます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

和枝

Author:和枝
 高校教師をやめ、ガーデニングのブログを書くうちに、気づいた小沢問題の陰に潜むマスコミや検察の腐敗をブロガーたちと追究し、小沢一郎氏の無罪判決を得ることができました。

「和順庭の四季おりおり」と題したブログの時から御支持いただいた真実を追究する仲間や冤罪被害者の皆様に支えられ、市民メディア「ツイートテレビ」を立ち上げ、私も生まれ育った東京を離れ、「生活の党と山本太郎と仲間たち」に習い、心機一転、主人の郷里・徳島にてエネルギッシュで常に現実に向き合い情報発信する生活をしています。
 
 それに伴い「和順庭」と名づけた庭も徳島県へ引っ越しました。



※寄付のお願い
■郵便局からの振込みの場合
口座 ゆうちょ銀行
記号 10000 番号 88352491

■銀行からの振込みの場合
口座 ゆうちょ銀行
店番 008 普通預金
口座番号 8835249
口座名 服部 和枝

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR