スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メモリアル 「ペソ」

2010年2月19日 ペソは永遠の眠りにつきました。

ペソのお墓を花でかざり、ペソを偲びました




5月の連休に息子が、道をうさぎが歩いていて車にひかれるからと我が家に連れて来られ、その時息子に「ぺそ」と名付けられて我が家の一員となりました。


帰るといつもこうやって出てきます。

だから、ペソの誕生日はいつなのか、それまでどうしていたのかは不明です。ただ、どこかで飼われていたの人にとても懐いていて、この時こうさぎだったから、やはり8年ぐらいの寿命でした。


公園へペソお気に入りのうさぎのぬいぐるみとお散歩に。

ぬいぐるみにじゃれていたのが、いつのまにか菜の花畑の中をとびまわって



ペソと菜の花とてもあいます。

野うさぎみたい

ぺそが連れて来られたとき、娘が学校でいじめられていたうさぎをもらって飼っていて、半身不随になってそれを世話していた時だったので、何でこんな時に連れてきたのかと思ったものでした。

しかも、動けずにいるメスうさぎのソフィにオスうさぎのペソは発情してのってしまってソフィが痙攣を起こすということがあってから、これでは一緒に飼えないと、京都の大学へ通っていた娘のところに新幹線に乗って連れて行きました。

ソフィが8才で亡くなり、餌の好き嫌いがあってあまり食べないと連れ帰られたぺそは、何でもよく食べ、よく遊び、甘えて可愛がられました。


暑い日刈ってやったら、虎刈りになって、はずかしかったけれどお散歩に。


ぺそにはわからないけれども可愛そうだった。


ぺそはうさぎってわかってないみたい。それほど人間の生活にとけこんでいた。


息子のベッドにもぐりこみ、一緒に寝るのが大好き。




いつもは自分と私だけの部屋(とペソは思っている)に息子が入ったと追いかけてるけれど。


寝ているときはとても仲良し。


息子が寝入ってペソをつぶさないかと心配するのだが。

息子とお昼寝

 笑われるかもしれないけれど、ぺそが亡くなって、私まだ立ち直れずにいます。それほど、家族の一員として、私を支えてくれました。仕事でのいじめと辞めてからの退職金トラブル、それによる極度の人間不信、離婚、娘の結婚、息子の自立と、 そんな私の苦しい時も楽しい時も、ペソは私の傍にいて、無条件に私を頼りにし、信じ、愛情を受け入れてくれました。

 大学卒業と同時に仕事に着いて、やがて結婚、仕事、家事、育児の両立しながらの人生と仕事をやめ子どもが育ちやがて離れていく人生の苦しかった時にいたのがペソでした。

そして、信頼できる友を得て、それを見届けるかのように友に私を託すとバトンタッチしたようにペソは逝ってしまいました。



和順庭に行くのもいつも一緒。ペソの大好きな和順庭。和順庭でのペソ。


キャベツ・白菜・ごぼう畑で


日本庭園で


私の仕事中はお昼ね


暑い夏はブットレアの木陰で。


ラベンダーガーデンで。




時々私がいるのか探します。


桜の木の下でマリーゴールドとラベンダー


玉ねぎ畑で


青じそにうもれて


青じその中でお昼寝


ハーブガーデンでハーブにうもれて





なすやナスタチウムの畑で


畑中にマーキング





ススキの下で


夏から秋の和順庭



何の臭いかな?猫に追いかけられたことも。




ねぎの向こうにペソが。


クリスマスローズの咲く日本庭園


冬になり、家の中でひなたぼっこ


和順庭から帰りうとうと。


時々起きてはチュ!


年をとってからはお昼寝ばかり


こんな寝方をして、生きているかと心配になったことも。


ぐっすり寝てしまっているのです。


大好きな猫やうさぎや犬のぬいぐるみと


娘や息子が遊んだぬいぐるみはみんなペソのお友達


白内障になって目薬を



この頃から行動範囲が限られるようになりました。


目薬はいやだけど、おとなしくしてると餌がもらえます。

まあ、薬いやだけどしょうがないか。


今日もお昼寝。


また、こんな寝方をして心配させました。


あーそろそろ起きるか。


でもまだ眠い。


鳩の植木鉢のところで寝るのがお気に入り。


2月の節分





今年も鬼にされたけどすぐはずして



眼が見えなくなり、不安に。餌も食べられず、どろどろにラビットフードをとかし、動物病院で教えられた通り、スポイト状の注射器のようなもので、食べさせることに。


寒い日が続き、床暖房を入れたテーブルの下の毛布の上で寝るように。


餌は食べるもどんどん体力が衰えていきます。


ほとんど眠るように。


体を引きずるようにして、部屋の隅に行こうとします。



亡くなる前の夜は添い寝をして。もうどうにもとめようもないところへペソが行ってしまう時が近づいて。


2月19日ペソは永遠の眠りにつきました。


病院から帰り、毛布にくるまれ、安らかに息を引き取りました。


気高い美しいきれいなペソの表情に私は救われました。

和順庭に埋葬して。



あんなにペソが待っていた春になって、ペソのような可愛い花でいっぱいにして。ペソの眠るところだけ一足早く春が来たようです。

ペソ、ありがとう!安らかに!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

和枝

Author:和枝
 高校教師をやめ、ガーデニングのブログを書くうちに、気づいた小沢問題の陰に潜むマスコミや検察の腐敗をブロガーたちと追究し、小沢一郎氏の無罪判決を得ることができました。

「和順庭の四季おりおり」と題したブログの時から御支持いただいた真実を追究する仲間や冤罪被害者の皆様に支えられ、市民メディア「ツイートテレビ」を立ち上げ、私も生まれ育った東京を離れ、「生活の党と山本太郎と仲間たち」に習い、心機一転、主人の郷里・徳島にてエネルギッシュで常に現実に向き合い情報発信する生活をしています。
 
 それに伴い「和順庭」と名づけた庭も徳島県へ引っ越しました。



※寄付のお願い
■郵便局からの振込みの場合
口座 ゆうちょ銀行
記号 10000 番号 88352491

■銀行からの振込みの場合
口座 ゆうちょ銀行
店番 008 普通預金
口座番号 8835249
口座名 服部 和枝

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。