スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

16 日航機墜落の真相は? * 匿名掲示板が語る



今年で日航機事故から25年。23年経った時から書かれている日航機墜落事故についての匿名掲示板がある。匿名ゆえに信憑性については何ともいえないが、守秘義務により縛られている者が匿名だから投稿するということもある。例えば、


「これはマジな話なんだが、友達の兄貴が当時自衛官で
●●隊情報●隊と言う部隊に所属していて
救助活動というか事故処理に参加したそうだ。

その兄貴と何年か前に酒を飲んだ時に聞いた話だが
以前から事故処理に従事したと言う事は弟から聞いていたので
興味本位でその時の事を聞いてみたら顔色が変わったので
その話はそこまでにして馬鹿話に切り替えた。

暫く飲み続けるうちに、その兄貴がポツリポツリと話だした。
誤射、国家機密、緘口令、事後処理の為の特殊部隊の編成
情報撹乱、ガス、火炎放射器...。
まさに地獄以下の有様だったそうだ。  」

隊員の中には精神状態がおかしくなる者や、生存者をかくまったために
拘束されて送り返された者も少なくなかったそうだ。
その兄貴もすぐに退官したが、その際に口外すれば家族にまで危害が
及ぶと言う事を暗にほのめかされ、自殺を考えた事も有ると
 (【あれから】JAL123便 墜落の真相【23年】3の550)


このような投稿をどのように判断するかは、読者に任せることとしたい。




  【あれから】JAL123便 墜落の真相【23年】 

http://www.unkar.org/read/love6.2ch.net/space/1210995456


NO.1

5 :NASAしさん:2009/08/21(金) 05:42:12
783 NASAしさん sage 2009/08/12(水) 01:54:23
44 名前:@ [2007/02/04(日) 18:11:34 ID:SOgG0y1e]
いやいや、自衛隊機が日航機を撃墜した以外は事実です。
ボイスレコーダ、フライトレコーダーに撃墜を受けたデータは記録されてないでしょう。
絶対に隠さなければならないのは尾翼に無人誘導機が当たったこと。

墜落後、自衛隊の情報操作により、墜落場所をかく乱させ、その間に
無人誘導機の塗料片がついた、尾翼を御巣鷹山で極秘裏に回収しています。
今なら、GPSで墜落場所の確定も容易ですが、あの当時は電波レーダーしかなく、
無人誘導機接触は米軍との申し合わせもあり、絶対機密のため二重遭難覚悟で隊員を、 尾翼回収のため現場に下ろしています。
関係者は上層部からのかん口令に従っています。(間接的に俺も含めて)
関係者は事実を隠している罪悪感を持っています。

自衛隊厚木にいましたが、11年前に退職いたしました。



6 :NASAしさん:2009/08/21(金) 05:43:49
784 NASAしさん sage 2009/08/12(水) 02:02:32
50 名前:@ [2007/02/04(日) 18:43:34 ID:SOgG0y1e]
(6) 日航元社員からの情報で、既にこれは知る人ぞ知る国家機密とも
「あの日最初の衝撃音がした海域では、米軍の極秘訓練が行われ、日航
機には撃墜訓練用のターゲット飛行物が尾翼に接触。米軍は民間機に危
害を与えたことをオンタイムで掌握しており、墜落現場にもいち早く到
着し、救出活動に入ろうとしたが、日本政府から『拒否』の連絡をした
」という。

確かに、米軍のC130輸送機も海軍ヘリも、墜落直後に現場で救援体勢
に入りながら、横田からの指令によって基地に引き返した。「その時、
上空には自衛隊機がいた」と、米軍の元大佐が事故から10年後に証言。
  
件の日航元社員は、「世論が米軍を日本から退去させるには充分な事
故、米軍撤退は当時の日本政府にとっては絶対に避けたい世界情勢のた
め、500人以上の命は見殺しにされた。
当時、ボイスレコーダーの音
声が公表されなかったのは、あの最初の衝撃音が隔壁の破裂音ではない
と明らかになるのを恐れたからだ」という。




7 :NASAしさん:2009/08/21(金) 05:44:48
785 NASAしさん sage 2009/08/12(水) 02:07:33
82 名前:@ [2007/02/05(月) 17:03:52 ID:pXV7Eaqc]
伊豆の陸地の方から何か飛んでいって123便に当たったという目撃証言(テレビ)と、プロペラの痕跡の物証。(報告書)
オレンジ色のものが相模湾から引き上げられている様子(テレビ)


目撃者様の聞かれた「バシッという直近の落雷のような音」

墜落現場にあったロケットのような部品(テレビ)


「そんなことあるはずがない」ではなく「これらがなぜ発生したのか」を検討することが重要ではないでしょうか。


83 名前:@ [2007/02/05(月) 17:05:58 ID:pXV7Eaqc]
**山の上で・・記者「今、自衛隊が、整備団に何かを話しかけていま
す。ちょつと聞いてみましょう」「なにやら妙な事を話しています。
整備団が、墜落現場から、何かを運び出そうとしていますが、飛行機の
残骸ではなくて、ロケットの残骸見たいの様です」自衛隊指揮官「これ
は、飛行機ではなさそうだ。どうもロケットのみたいだな」自分も見て
いたが、当初は、何の疑念もなかった。




8 :NASAしさん:2009/08/21(金) 05:46:04
786 NASAしさん sage 2009/08/12(水) 02:16:57
77 名前:@ [2007/02/05(月) 16:54:32 ID:pXV7Eaqc]
本当は、海上自衛隊の艦対空ミサイルの誤射なんだよね

標的曳航機接触話は「接触」しなかっただけで
誤射するくらい近くに飛んでいたから


要は標的がニアミスして、ミサイルのロックオンがJAL123になっちゃったのに
誰も気づかなかった。
寸前で観測機(E-2だったかな)が自爆を促したが間に合わなかったらしい。
それもこれもJAL123がデパーチャーデレィで-12分出しちゃったからなんだ。
その報告が演習空域の管制に連絡されなかったからなんだよね…
定刻どおりだったらなー。
返す返すも残念です。



9 :NASAしさん:2009/08/21(金) 05:47:06
787 NASAしさん sage 2009/08/12(水) 02:20:25
105 名前:@ [2007/02/05(月) 17:59:16 ID:pXV7Eaqc]
18:40前後の空白の時間なのですが以下の未確認情報とつじつまがあうんですよね。

海自です。
標的曳航機がニアミスしたと言うデマがはびこっていますが、
もっとひどいです、誤射です。
追尾失策で逸れたのに気がついたのですが
自爆が遅く破片が123便の垂直安定板を直撃しました。


E-2Cのクルーです
うちらそれ、たまたま傍飛んでて
確認にやらされた…。
緘口令しかれ、暫くみんな地方の勤務地に
バラバラにされた。
監視もされてた。

今、殆どやめてるよ。
「誘導をやめろ」って命令されてその通りにしただけだよ

http://neko-usa.s22.xrea.com/jal123/wav/jal123_5602.wav


14 :NASAしさん[sage]:2009/08/21(金) 07:38:53
103 名前:@ [2007/02/05(月) 17:53:38 ID:pXV7Eaqc]
最近読んだ本で、「黒いファントム」森村誠一著を思い出した。核兵器
を積んだ自衛隊機の墜落を隠すために自衛隊が、村民を皆殺しにする話
である

もう一つ中曽根元総理の別荘における盗聴されたとされる発言がありま
す。それが真実であるか否かは闇の中。その中の言葉に官邸からの矢の
催促の撃墜命令要請に対して。「私はこんな事のために総理大臣になっ
たわけじゃない」......総理がみぞうの都市部墜落の大惨事を恐
れて許可する条件として言い出した。「国民に撃墜を知られないように
できるなら許可しよう」、目撃者が出たらどうしますかに対して「何と
かしろ」
「殺せという意味ですか」に対して「私をこれ以上人殺しにす
るつもりか」と怒鳴り「何とかしろは何とかしろという意味だと」怒鳴
っていた。



15 :NASAしさん[sage]:2009/08/21(金) 07:40:00
815 :通りすがりですが・・・:2009/08/12(水) 14:32:04
 ふぅ~。今日も暑いですねぇ~。
久しぶりにココに来た。
 
一応、もう結論は出ているんだよね。
事故原因の真相は、正直わからない。
真相は当事者のみぞ知る事、また彼らも墓場まで持って行く ことでしょう)
 ただ、救出に時間がかかった原因は、数年前にハッキリしてるよ。
公共の電波(笑福亭鶴瓶の番組)で流れたからね。
 
番組は、笑福亭鶴瓶が中曽根元首相のお宅を訪問し、首相時代のことを
奥様を交え、懐古するというもの。
放送時間も深夜であったし、事故から20年以上経過して、もう話しても問題ないと 判断したんじゃないのかな。

それとも、中曽根元首相自身が、死ぬ前に話しておきたかったのか・・・
はたまた、ここで注目を集めて、政界で何かアクションを起こすつもりだったのか・
・・


16 :NASAしさん[sage]:2009/08/21(金) 07:41:32
816 :通りすがりですが・・・:2009/08/12(水) 14:32:50
続き。

 結論は、だい~ぶ前にも書き込んでいた方がいましたが、中曽根元首相に非があった。
当時、早い段階で米軍機が墜落機を発見し、現場まで急行、救助スタンバイはOKだった。 けど、中曽根元首相は断った。
 理由は、当時の日米関係、自衛隊の防衛費問題など複雑な要素が色々と絡み合っていた とのこと。

生存者の方のインタビューにもある通り、墜落直後は多くの生存者がいたことは知られていますよね。 中曽根元首相は、苦渋の決定ではあったが、罪悪感はず~っと持っていた(今でも)。

番組内で罪悪感という言葉は使わなかったが、それに近いニュアンスのことを言ってた) で、自分の事務所に、123便の犠牲者のためだけに、立派な神棚を設けた。

 自分は事故当時、中学生で、当時の日米関係はハッキリと把握してないけど、ニュースでは 頻繁に防衛費やGNPがどうこうと、放送していたのを覚えている。
 
笑福亭鶴瓶の番組も、事故直後なら大問題になっていたことでしょう。
このスレの書き込みが数年前から激減したのは、笑福亭鶴瓶の番組を見た人が、ある程度、納得 ・理解したからなんじゃないかな。

長文スマンかった。私ももう二度と、ココに書き込みすることはないでしょう。では。


17 :NASAしさん[sage]:2009/08/21(金) 07:44:29
829 :NASAしさん:2009/08/12(水) 17:53:01
日本が米軍救助を断ったことを認めた
っていうのは大きいよね
断ったってだけなら、自衛隊は朝まで場所が分からず右往左往したってことにしないと話が成り立たないが
米軍が現場に到着してたことを認めた以上これは崩壊した。

  よって
自衛隊も最初から現場を知ってたことがこれで確定
報道に嘘の場所を教えてたことも確定
わざと翌朝まで時間を稼いだことも確定

時間を稼ぐ必要があったことをしちゃってたってことも確定
全部確定じゃんw



185 :NASAしさん[sage]:2008/07/08(火) 00:34:37
事故直後ニュースで、
「自衛隊の模擬弾が誤って接触し
、、、」
と言っていたのを記憶している。
後に模擬弾の「も」の字もニュースで報じないことに
違和感を感じたよ。


「模擬弾があたって油圧が切れ、操縦不能で墜落した」

が真相だと俺は信じている。

旅客機も緊急脱出で落下傘という選択があればいいのにね


213 :NASAしさん:2008/07/08(火) 20:46:12
事故調査委員会の日最終事故調査報告書
(1987年6月19)より

「本事故は、事故機の後部圧力隔壁が破損、引き続いて尾部胴体、垂直尾翼、操縦系統の 破損が生じ、飛行性の定価と主操縦昨日の喪失をきたしたために生じたものと推定される。

飛行中に後部圧力隔壁が破損したのは、同隔壁ウエブ接続部で進展していた疲労亀裂に ろって同隔壁の強度が低下し、非子s中の客室与圧に耐えられなくなったことによるものと 推定される。

疲労亀裂の発生、進展は、昭和53年に行われた同隔壁の不適切な修理に起因しており、 それが同隔壁の破損に至るまでに進展したことは同亀裂が点検整備で発見されなかった ことも関与しているものと推定される。」


推定される」の繰り返しだ。そして、この報告書の内容を裏付けるものは何もない。 相模湾に落ちた垂直尾翼や 尾部胴体 、その他多数の部品についても解析と調査を まったく行っていない。報告書としては非常に不完全なものだ。

もう一度言うが、 圧力隔壁の破損による急減圧が墜落の原因になったという証拠はどこにもない



220 :NASAしさん[sage]:2008/07/08(火) 21:40:45
>>217
123便の事故の1年後に、タイ航空の飛行機が高度33000 フィートで
土佐湾上空を飛行中、123便と 「 同 じ よ う に 」 後部圧力隔壁が 損壊して急減圧が発生し、大阪空港に緊急着陸した。


着陸直後の乗客や乗員のインタビューの内容をまとめると、 操縦室では「乗員がビッグ・ラウド・ノイズと「インジケーターズにより 急減圧の発生を確認し、13000 フィートまで緊急降下を実施し、 空港への緊急着陸を要請した」

客室では「最後部のトイレの化粧台が倒壊し、圧力隔壁の後方に吹き飛ばされ、 与圧された客室内の空気が強い風となって機内を前から後ろに吹き抜け、 人が宙にまい上がり、物が飛び散った。客室内は一時パニック状態に陥った。
この急減圧によりほとんどの人が一時的に聴力を失い、多くの人が航空性中耳炎になった」

123便の減圧率はタイ航空機の場合の約3倍だったらしいが、3倍もの急減圧を
受けながら上記のような現象が起きていないのは何故だろう。



245 :NASAしさん:2008/07/09(水) 19:17:12
遺族側が再調査を望んだ直後に資料を廃棄した
のはなんでだろうね?



270 :NASAしさん[sage]:2008/07/11(金) 02:04:36
議論になってる急減圧は、「尾翼破壊に至るほどの急減圧か」だがな。で、事故調 が調査したら「尾翼破壊にはかなりの急減圧が必要」と解ったが、そこで「尾翼が 破壊されたんだから、かなりの急減圧があった『はず』だ」と結論づけた。

一方、生存者の話、残った写真からすると、「そこまでの急減圧が起こったか疑問」 と言うことだろう。 なんか「尾翼破壊の原因は(隔壁破壊による)急減圧」という結論が先にあってねそ れに沿うように事故調の報告書が作られている印象がぬぐえない。これが未だに議 論がくすぶってる原因だろう。



368 :NASAしさん:2008/07/16(水) 21:47:05

「中曽根 康弘氏」が「死ぬまで言えない事がある。墓場までもっていく」

と言った事があり(これは事実らしい)

それが「日航ジャンボ機墜落に関する事」である!
というウワサを訊いた事があるんだけど、一体、何を中曽根氏は知っているんだろう?



374 :NASAしさん:2008/07/17(木) 19:52:53

中曽根氏の経歴をみても、何か知ってるよね。
国会で証人喚問できなのかな?
賛同してくれる国会議員、遺族らや一般人の署名運動なんかも必要かな?

川上慶子さんの証言で「ザック、ザックと足音がした」とか
近くの沢にきていた、ある大学の助教授や大学生が、自衛隊を見たと
いう証言があるんだよね。
375 :NASAしさん[sage]:2008/07/17(木) 21:39:44
戦後最大の国家関与の犯罪だから、証人喚問は不可能
だと思う。
我々が語り続け、風化を止めるしかない。



384 :NASAしさん[sage]:2008/07/18(金) 13:52:59
648 :専守防衛さん:2008/07/09(水) 01:28:59
遺族は、調査再開要求を出しました(1999年)。
この要求を受けて、事故調査委員会は,1999年11月6日~19日に、情報公開法施行を前にして、事故調査関係の資料を廃棄しました。


その重量は1160キログラムでした。



387 :NASAしさん[sage]:2008/07/18(金) 18:00:20
過疎ってるから夏休みのお勉強会でも開くかな。
最初のお題はいきなり「デコンプレッション」
まずは報告書否定派の言い分を整理しておこう。

・急減圧が起こったとすると機内の温度は氷点下数十度まで急激に降下するはずだが、 生存者の証言ではそんなことは起こらなかった。

・急減圧が起こったとすると乗員乗客は酸素欠乏により急速に行動力を喪失するはずであるが、 生存者の証言やボイスレコーダーの記録ではそんなことは起こらなかった。

・パイロットは急減圧時には反射的にマスクを装着するよう厳しく訓練されている。 しかしコクピットでマスクが使用されなかったことにより急減圧が起こらなかったのは明らかである。

・報告書では爆発音直後に「高度警報音」が鳴ったがすぐ停止したとするが、
 警報を止めるボタンはフライトエンジニアの席にしかなく、キャプテンの許可なしに操作することはありえない。

 これは事故調が急減圧があったと強弁するために別な警報を高度警報と決め付けているのに違いない。



392 :NASAしさん:2008/07/19(土) 04:03:38
>>374
>ある大学の助教授や大学生が、自衛隊を見た

そうそう。藤田日出男氏の本に書いてあった。たしか自衛隊と直接明言はしてなかったけども。

墜落直後に自衛隊が誤報を何発も流し、警察と連携して、地元民による捜索の足を食い止めた。
この罪は末代まで消えない。



405 :NASAしさん:2008/07/19(土) 15:20:32
無人の自衛隊機が誤って、123便にぶつかったという話を読んだ。
墜落後、そのオレンジ色の無人機を回収に、自衛隊員が現場に来ていたらしい。
でも全て回収しきれず、後になってオレンジ色の破片が見つかったという


個人的に思うんだけど、慶子さんがマスコミに一切出ない理由の一つに、
「自衛隊が関わっていたとか、真実を何か感じ取っていて、
国家やを守る自衛隊への不信、両親が共産党員であったこと・・・」等、
も挙げられるのではないか?と思う。
国の嘘や陰謀、策略、マスコミに踊らされるとか、もろもろのものを
含めて、信じられるものがなかったんだろうと思う。


420 :415[sage]:2008/07/19(土) 20:21:04
弾道ミサイルが追いかけてきたから

ひたすら高度を上昇させていた(乗客シートベルト再装着)
よって18時25分時点の位置は
伊豆大島の北東(報告書より手前)
18時30分時点の位置は稲取あたり(タクシー運転手がドカーン音で目撃、遺書にも見られる18時30分時の変化)
音の原因は、小川哲氏が撮られた写真に写るものが、攻撃したから



448 :NASAしさん:2008/07/22(火) 20:39:34
>>446
隔壁は小さく壊れた程度だと思う。機長は急減圧が起こったとは考えてないとおもう。

なぜなら急減圧警報と自動操縦解除音は非常に似ているそうだ。事故調もあいまいに急減圧警報或いは自動操縦解除音としている。

だが圧力隔壁が壊れたことによる垂直尾翼の破壊論ならば、急減圧が起こったことにしないと理論が矛盾してしまう。
通常、急減圧警報が鳴った瞬間クルーは酸素マスクを着け、 安全高度まで機体を降下することが自然に出来るよう、体に教え込まれている。

しかし、誰もマスクをつけていない。
そして2万2000フィートで飛ぶことを希望した。 これなぜか。機長は急減圧は起きていないと判断したからだ。

また、機長は4系統ハイドロオールフェイルを信じなかったようだ。
なぜなら、乗務訓練では油圧1系統死んでも大丈夫、

油圧2系統死んだら緊急事態、空港に戻れという指導。
油圧3系統死んだ場合の訓練・・これは項目すらない。
乗務員たちには<起こらない・ありえない>と教えられているからだ。
油圧4系統が死んだという表示(つまり油圧全死)が出た場合、 乗務員は間違いなく計器板を疑うそうだ。だから高浜機長は操縦しようとした。
油圧2系統損失ならば少しは操縦機能が動くことを知っていたからだ。

しかし、未曾有の事態だった・・・計器盤は真実教えていたのだ。油圧は4系統、つまり全て死んでいた。



503 :NASAしさん[sage]:2008/07/24(木) 23:08:10
緊急信号スコーク77を発信して
自衛隊機2機が123便を捉えられていたんですよ

この2機が、爆破される123便を捉えているのだが
このことを隠滅や捏造している日本政府。



510 :自衛隊は墜落地点を隠蔽した:2008/07/25(金) 14:21:58
>>471
米軍は確実に捉えていました。
自衛隊もおそらく本当は正確に捉えていました。
にもかかわらず、防衛庁自衛隊はわざと誤報を連発し、墜落地点を明朝まで隠蔽しました。

詳細↓
http://www.alpajapan.org/kannkoubutu/jikobousi/JIKO1-1.HTM

墜落後、25分で米軍機Cー130が墜落地点と見られる火災を発見、それ から1時間近くも経過してから、 墜落地点から8 も離れたぶどう峠の長野県側が現場だとの怪情報が流されました。(資料1)

更に墜落から2時間15分後には、米軍情報に基づいて、朝日新聞社のヘリによって墜落現場が再確認され、写真撮影に 成功しています。その3時間後に自衛隊が運輸省や警察に通報した地点が約4 も北にずれた場所で、群馬県なのに、
なぜかその地点が、長野県側であるとの誤った情報までつけ加わっていました(自衛隊が発表したといわれる地点は、 緯度経度では群馬県側;(資料1)防衛庁情報1)。

 防衛庁からは13日の午前2時になっても、まだ墜落地点は「ぶどう峠から210°/3マイル」とか、「御座山(おぐらやま)の 南斜面、頂上から1 」(資料1 防衛庁情報3)などの情報が新聞社に流されていました。

13日の朝、明るくなって、 墜落地点が視認されてからも、まだ防衛庁は長野県とか、群馬でも5km北西の地点を通報していました(資料1  防衛庁情報4・5)。これらは理解しがたい誤りです。これについては、「単なる誤りとは考えにくい。現地に人を 近づけないようにしたのではないか?」との疑問の声が当時から出されていました。
 
そこへ、95年8月27日付の米軍の準機関紙である「スターズ アンド ストライプス」紙に発表された、MICHAEL ANTONUCCI氏の証言(資料2)が加わり、「米軍がなぜ現地に降下しかけていた厚木基地の救助ヘリや、最初に 現場上空に到着していたCー130輸送機に引き返しを命じたのか」「そのことをなぜ口止めしたのか」など、謎は一層 深まってきています。



11 :NASAしさん:2008/07/25(金) 14:31:59

「単なる誤りとは考えにくい。現地に人を近づけないようにしたのではないか?」

防衛庁・自衛隊の奇怪な行動を見て、現地の人々やマスコミからも、当然このような疑問が出るわけです。


防衛庁・自衛隊は、墜落現場から救助隊を遠ざけて
、一体何をしようとしていたのか。

元日航パイロットの藤田日出男氏は、誰よりも真っ先に防衛庁幹部自身が、自衛隊による撃墜の可能性を念頭に置いて 先回りして調査したのではないか、としています。

防衛庁・自衛隊の許されざるエゴによって、墜落地点にかんする情報が執拗に隠蔽され、救助されていたはずの人命が失われた。
これは推論でもなんでもない、現実なわけです。

防衛庁自衛隊に対して、怒りを禁じえません。



802 :NASAしさん[sage]:2008/08/13(水) 11:47:26
別冊宝島1324  昭和・平成 日本「怪死」事件史  2006年08月01日発行 に
日航ジャンボ機墜落事故(1985年)━━特別インタビュー 安部譲二( 作家/元日航の客室乗務員で、単発エンジン小型機の操縦免許保有 )
「 陰謀でもなんでもなく、日航機は撃墜されたとしか思えない 」
というインタビュー記事を改めて読んでみた。

上記 インタビュー内で安部氏が指摘した疑問点及び記事内で指摘された疑問点を、ここに改めて掲出する。

① 当時1985年であっても、あれほど大きな旅客機が米軍-自衛隊のレーダー監視網から消えた状態( それも機体発見の翌日 9時まで )になるとは、考えられない。

② ヴォイスレコーダーがプライバシー保護を基に一部は公開されていないのは、事故の甚大さからいって不自然であり、 またオリジナルテープが既に廃棄処分されている点もこれまた不自然。

③ 事故調が「 急減圧があった 」としているのに、パイロットが酸素マスクを装着していなかった理由を「 不明 」としているのは一貫性が無い。

生存者の一人( 客室乗務員の落合由実さん )の証言によれば、どう解釈しても急減圧はなかったことを証明しており、 事故調でも証言しているのに、それを採用しなかった点には矛盾がある。 ( 客室乗務員は急減圧の訓練を受けているので、勘違いは有り得ない・・・安部氏 )

⑤ 「ボーイング社がずいぶん早くに修理ミスから圧力壁の破壊を認めた」のは、どう考えても不自然。

⑥ 御巣鷹山近くの複数の住人が日航 123便が炎をあげて墜ちてきた、光るものが飛んできたと証言しており、排気を炎と見間違えることはあるのだろうか?

⑦ 当時の群馬県上野村村長黒沢丈夫氏( 海軍兵学校出身で、零戦でミッドウェイ海戦出撃歴有り )は、自己の経験と村民の証言からいちはやく墜落地点を御巣鷹山と推理していたが、
後にある座談会で事故対策室や日航・自衛隊が墜落地点をなかなか特定できなかったことに疑問を呈していた。


⑧ 安部氏の推理・・・NHKが墜落地点を故意に誤報した( 当初は長野県北相木村辺りと報じる )。

インタビューでの安部氏の最後の言葉
「 ( 日本のマスコミは本当のことを言わないし書かない、調べようともしない )
だから、本当のことを言い続ける僕の仕事がなくなることはない。日航機の事故は必ず書く。これはライフワークだと公言しているんです 」
安部氏に期待したい。



803 :NASAしさん[sage]:2008/08/13(水) 11:48:23
>>802  を受けての
私なりに感ずる、事故以後の不自然さ

事故調査委員会は、事故の主要因として、ボーイング社による「 圧力隔壁の修理ミス 」としている。 ならば、ボーイング社は、メーカーとして致命的なミスを犯した━━と断罪されて良いはず。

日航は、当然 こんなメーカーの航空機には信頼おけない━━として、以後は他社製の航空機にリプレイスするでしょう。

しかし、日航は未だにボーイング社の航空機を使用し、今でも幹線を中心に旧ダグラス社製も含めて主力で使われている。
( 運送会社が、ミスの有ったAメーカーのトラックを使い続けるだろうか? )
モチロン 旅客機業界は寡占が進んでおり、トラックと同様のリプレイスは容易でないコトは百も承知だ。

だとしても、日航が積極的にボーイング社の航空機を採用し続ける理由は他に有るのでは?  と感じざるを得ない。



834 :NASAしさん[sage]:2008/08/14(木) 21:13:53
ところで「自衛隊・救助に向かった自衛隊員を射殺・NHK第一報」は、
勇気ある報道で、せめてもの慰めだ。この後全てのマスコミは、
「軍事中曽根」の前に沈黙を決め込む。
まあ腰抜けといえば腰抜けだわな。

次に「奇跡的四人の生存」の件だが、これは現場自衛隊員による、
上官命令に逆らった「名誉ある反乱」の結果だろう。
軍事隠蔽からすれば「全員死亡」がシナリオだった筈だ。
御巣鷹山墜落現場に辿り着いた消防・救命救急及びアメリカ軍・
救命救急まで「軍事拒否」している訳だし



835 :NASAしさん[sage]:2008/08/14(木) 21:16:40
53 名前:@ [2007/02/04(日) 18:51:10 ID:SOgG0y1e]
JAL123便墜落時には、「待機命令に反して御巣鷹山へ怪我人救助を急いだ自衛隊員1名が射殺された」旨、当日のNHKニュースの初報では発表してましたからね。

知らなかったです。酷い。
この命令を下した人物は逮捕されたのでしょうか?

自衛隊員とは、国家から見れば、やはり使い捨ての駒という存在であり、命令に従わない場合、粛清が待っているということなのでしょうね

勿論、逮捕されません。そのまた上の上官の命令に従っただけということでしょう。
彼らは、重症を負いながらも墜落時にはまだ生きていた乗客達に、真実を語られたくなかったので、墜落現場へ到着するまでの時間を引き延ばしたのでしょう
(この手口は、ダイアナさんのパリでの自動車事故の時にも使われました)。
後日、ネット上にアップされた資料でも「自衛隊員1名射殺」に言及したものは幾つも見かけましたが、マスコミはそれっきり沈黙して、日本の未来を暗示しました。

あれから18年余の月日が経ちました。




840 :NASAしさん[sage]:2008/08/14(木) 22:35:17
61 名前:@ [2007/02/04(日) 19:07:00 ID:SOgG0y1e]
それは、この船が海上に落下した123便の尾翼の一部を回収しているのですが、 その時間が事故発生からおよそ24時間後です。
そして、その回収した地点というのは、きちんと測ったわけではないのですが
、相模湾のど真ん中、だいたい事故発生地点から40kmくらい離れているよう
です。


どうでしょうか?海流の流れなど、ある程度は事前に考慮して探索できるとは
言え、回収まで1日というこの時間が私にはちょっと早く感じるのです。

公務中で123便事故について情報をウォッチしていたのなら分かりますが(現
に「R5ドアブロークン」通報を受けて、機外に乗客が投げ出された可能性も
…と海上でも一旦は救助体制がしかれたそうです)、まだ未納入の船、引き渡
すまでは傷もつけたくないでしょうし、本来の業務でない破片の探索なんてや
っていたのでしょうか?乗員皆で海を眺めて…それも事故現場から40kmも離
れたところで。

であるとすれば、事故発生地点から40kmも離れたところで24時間後に数メー
トルの破片を見つける…ちょっと出来過ぎな気もします。
まるで、その事故の時の様子、そして破片の落ちてくるのを見ていたのではな
いか?なんて思わせるような…そんな素早い回収に思えたのです。




841 :NASAしさん[sage]:2008/08/14(木) 22:42:22
43 名前:朝まで名無しさん [2007/02/04(日) 17:47:48 ID:R/eTFamV]
http://gray.ap.teacup.com/applet/123ja8119/archive?b=75
JAL123便墜落時には、「待機命令に反して御巣鷹山へ怪我人救助を急いだ自衛隊員1名が射殺された」旨、 当日のNHKニュースの初報では発表してましたからね。

ところで、テレビ取材の 農家主婦が「無人標的機」目撃証言をしたのですが、かかる農家の家人が注意して取り消させ、家の中に入ってしまいました。
また、日航整備員の先着部隊が無人標的機の一部と思われる赤色機材を回収して」持ち帰る途中に、 自衛隊曹官に「証拠隠滅の現行犯」として逮捕連行されるのが、テレビ画面に出ました。



842 :NASAしさん[sage]:2008/08/14(木) 22:44:37
46 名前:@ [2007/02/04(日) 18:26:33 ID:SOgG0y1e]
私は某事故調関係者の親族の一人です。
私の実家にはボイスレコーダー全編が録音されたオープンリールテープ
があります。

深くは語れません。また機密事項のためコピー等一切できませんが存在
するということだけお伝えします。真実がいつか明るみに出ることを
個人的に願っております。


事例の性質上一切を明記する事はできませんが一つだけ言える事はこれ
は事故ではなく「事件」だと言う事です



843 :NASAしさん[sage]:2008/08/14(木) 22:51:37
92 名前:@ [2007/02/05(月) 17:30:50 ID:pXV7Eaqc]
墜落場所を特定した後も防衛庁が(前代未聞の)わざわざマスコミに自ら電話して御座山に墜落したと誤報を流した事実がある。

事故後早い段階で地元の消防団や猟友会を事故現場であるスゲノ沢へ入らせないようにした自衛隊の存在。
数多くある不可解な自衛隊や県警機動隊の行動に隠された意味は何なのであろうか。



844 :NASAしさん[sage]:2008/08/14(木) 22:54:36
98 名前:@ [2007/02/05(月) 17:43:24 ID:pXV7Eaqc]
ある問題はアリの空けた一穴をきっかけとして発覚する。
問題が発覚して困る人はそのアリを殺そうとする。

日航ジャンボ機が墜落して16時間という殺人的時間を確保したのはそのアリを殺す為だったのではないかと疑われている。
事故調査委員会からしたら生存者は邪魔で仕方なかったであろう。

何しろ生存者の証言と事故調査報告書の大半は食い違うからである。
そして16時間の空白の時間の正当性を文芸春秋にて声高に主張した自衛隊幹部の主張も10年後在日米軍C130ハーキュリーズ輸送機に乗ったアントヌッチ中尉証言によって完全に否定されてしまった。

はっきり言おう。この事故の本当の真実を知る者がいるとしたら、彼らは4名の生存者もアントヌッチ中尉も「死んで欲しい」存在だ。
彼らが居なければこの事故の疑惑を語られる事は激減していたのは間違いない。
権力者にとって自分の名声や地位、利権に比べれば人の命など虫けら同然
だ。




850 :NASAしさん[sage]:2008/08/15(金) 00:45:19
178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/14(木) 23:56:32 ID:WRpDhpG6
そう言えば思い出したのが、当時俺の親父の友人の178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/14(木) 23:56:32 ID:WRpDhpG6

そう言えば思い出したのが、当時俺の親父の友人の自衛隊小松基地の司令官だった人が、 家に来た時に言った言葉。

あの速報を聞いて部下に、当時小松基地には有った照明付きのヘリとタンカで救出できるヘリに 出動待機命令を出したそうだ。

しかし、当時の防衛庁からの命令が来なくてどうしても出動出来なかったと
出動命令が下りてれば、うちの基地のヘリで何人かは助けられたかも知れないと悲しんでいた。




852 :NASAしさん[sage]:2008/08/15(金) 10:04:37
?差出人: まぐまぐタクシー運転手からの内緒話 mag2 0000167798 (mailmag@mag2.com)
送信日時: 2008年8月14日 2:01:48
返信先: takachan1940@tbn.t-com.ne.jp
宛先: *************

*******************
  噂の情報
******************* 2008.8.13更新 No.212

この時期になりますと23年前の日航ジャンボ機墜落事故関連のニュースが毎年報道され航空機事故の恐ろしさを思い起こします。
 
この事故の原因はジャンボ機後部にある圧力隔壁の破損して操縦不能に陥り30分も迷走して山間部に激突したものと公表されております。
 
ところがです、私が数年前、ある国防関係に携わる筋の人からとんでもない話を聞いたのです。
あまりの衝撃で今日まで口をふさいでおりました。
 
その内容とは、JAL123便は事故当日、大阪に向けて羽田を離陸し高度を上げながら順調に飛行し相模湾上空にに来た時でした。
      「ボーン」
という大きな音がしました。国籍は申し上げられませんが飛行訓練中のジェット戦闘機がJAL機の垂直尾翼に激突して上部が破損したのです。
 
このJAL機とジェット戦闘機の状況を「横田ラブコン」と云う米軍横田基地の空域レータ゛ーが監視していたのです。衝突したジェット戦闘機のパイロットはパラシュートで緊急脱出し米軍の救難艇が救出したのです。

 
一方のJAL機は操縦不能の中、懸命に機体を立て直そうとふらふらと迷走しているのを「横田ラブコン」のレーダーは追い続け関東北部でJAL機の機影が消えたので米軍厚木基地から海軍の夜間偵察ヘリが現場へ向かい山間部で炎が確認されたというのです。
 
なぜ、この米軍救援ヘリが救出しなかったのかは今だに謎につつまれているそうです。

 事故で犠牲になられた方のお御霊に心から冥福をお祈り申し上げます。                             
                               合掌


854 :NASAしさん[sage]:2008/08/15(金) 12:42:12
53 名前:@ [2007/02/04(日) 18:51:10 ID:SOgG0y1e]
JAL123便墜落時には、「待機命令に反して御巣鷹山へ怪我人救助を急いだ自衛隊員1名が射殺された」旨、当日のNHKニュースの初報では発表してましたからね。


これが全てを語ってるな。
事実は最初から公表されてたってかw



855 :NASAしさん[sage]:2008/08/15(金) 15:05:36
>>854
つまり、マスコミは事故当初から裏を取らない電波報道を繰り返していたと



902 :NASAしさん[sage]:2008/08/21(木) 02:10:32
@謎の緊急信号受信・12日
 今日の毎日新聞によりますと、12日の正午頃、 国土交通省の東京航空交通管制部のレーダーに 航空機からの緊急信号が突然表示されたとのことです。

信号は数分で消えましたが、遭難の可能性があることから 第3管区海上保安本部などが緊急信号が発信された 伊豆大島の北約37Kmの相模湾を巡視船やヘリコプターで捜索しましたが、機体の破片や油などの痕跡は全く発見されませんでした。

各空港事務所や自衛隊や米軍にも問い合わせましたが
該当する航空機はなく、誤信号と判断して捜索を打ち切ったそうです。



924 :NASAしさん[sage]:2008/08/24(日) 15:33:55
>>920

昔の週刊ポストにオレンジ色の物体の写真
その写真確かにあったのを覚えてる、
蛍光色に近いオレンジ色の物体が写ってた。
それと、救助とは明らかに違う、山肌を歩く3~5名の写真もあった気がする


あの頃は、救命胴衣か救命ボートの切れ端位にしか思わ無かったが…。




944 :NASAしさん:2008/08/25(月) 22:46:03
>>941
証言というのは生存者の落合さんのだと思うけど、彼女の証言には”白い霧”が出たとあって それは急減圧があったときの典型的な現象だから急減圧があった証明の一つになってる。

あと、エンジンが生きていて空気は供給されてたから減圧といってもいきなり事故があった 高度7000m近くの薄い空気になったわけじゃない。”急減圧が無かった”と主張してる人は その辺を混同してるだけ。 逆に教えてほしいんだけど、「急減圧が無かった」証言ってどこにあるのかな?

あと状況についてだけど、まず減圧警報音が記録されているし、隔壁には金属疲労による 破壊があった証拠も残ってるわけで、急減圧を示す証拠はある。
急減圧が無かった証拠、ってどういうのがあるのかな?
誤信号の原因は特定出来ていない、とのことです。




958 :NASAしさん:2008/08/26(火) 23:27:47
JA8119 は米空軍の戦闘機によって誤射された


1985年8月12日午後7時、羽田から大阪に向かっていた日本航空123便は、群馬県御巣鷹山の南斜面に墜落し、520名が死亡した。
事故調査委員会は大阪国際空港でしりもち事故を起こし、その修理した圧力隔壁が急減圧によって破損し、垂直尾翼と油圧系統を破壊し 操縦不能になった事が事故原因であると結論づけたが、いくつかの謎が残った !

米軍は墜落地点をいち早く知って、救助態勢を取りながらも突然引き上げた。 米空軍のアントヌッチ中尉が J A L 123便の緊急通信を キャッチして墜落現場を特定し、横田管制へ「ラージファイア(大火)フロムヨコタ305度34マイル」と報告した。 横田管制から厚木基地より 米海兵隊が救難に向かう準備をしていると聞いている。

防衛庁が5回も誤った墜落現場を発表して、現地対策本部を混乱させた。 人命に関わる事故なのに、J 隊の捜索はその日に行われなかった。 
現場発見に10時間、生存者発見に16時間もの時間がかかっている。 アントヌッチ中尉の報告の無線により、方角と距離が分かっているのに
こんなことは有り得ない。  減圧で圧力隔壁を破壊する力が加わったのなら、人間の鼓膜が無事では矛盾する。 また乗客が乗務員の指示によって酸素マスクを付けている写真が残っている。 そもそも、減圧が起きる理由が見当たらない
。 

隔壁は胴体のギロチン試験に耐え得る強度を有している。 相模湾での垂直尾翼の捜索が徹底して行われなかった。  

横田空域管制(米軍が東京都の西部に、横田空軍基地を開設した時に設定された空域の独占権) これらのことを総合して推理すると 相模湾は横田空域の境界線を含んだ地形になっていて、その空域を侵した旅客機を米軍の戦闘機が攻撃した。 

日本政府はこの報告を受けて、この事実を抹殺するために、J 隊を使って証拠隠滅(着弾の痕跡を消す)を図った。防衛庁が5回も偽の墜落現場 を発表し、J 隊の救助活動が遅れたのはその証拠隠滅の為の時間稼ぎであり、米軍が救助態勢を取りながら引き上げたのは、真相を隠す為の 軍部の命令であり、アントヌッチ中佐にも口止めしていた。 

と以上の事からも JA 8119 ボーイング 747 SR - 100型 の J A L 123 便は米軍機に よって誤射された事は間違いない。
 真実は闇に葬られてしまった。 



NO.2

http://www.unkar.org/read/love6.2ch.net/space/1220083247
185 :NASAしさん:2008/11/08(土) 23:11:21
語調や文脈だけで、不埒な連中が我が物顔でこのスレを、闊歩している事に
我慢がならないのです。
些細な事で構いませんから、ご意見を書き込んで下さい。

それ以外の皆さんへ、参考までに…

日本乗員組合連絡会議
:英文名 Air Line Pilots'Association of Japan
http://www.alpajapan.org/

「日航123便に急減圧はなかった」日本乗員組合連絡会議パンフレット

http://www.alpajapan.org/kannkoubutu/genatsu/MOKUJI~1.HTM



371 :NASAしさん[sage]:2009/04/19(日) 01:17:48
当時首相官邸には在日米軍から123便を撃ったと報告が入っていた
しかし、米国命の自民党にとってそれは公にはできない
墜落地点の報告も入ったが、自民党としてはなんとしてでも米軍による撃墜を隠したかった
それにはまず生存者を出さないことだ
全員死なせて証拠隠滅しようとしたわけである

だからすぐに救助活を行わなかったのである

自民党にとって、日本国民の命などどうでもいい
英米の傀儡政権としての保障された地位と利権だけがすべてだ

だからそのまま放置したのが真相



446 :NASAしさん[sage]:2009/06/04(木) 07:23:28
この事故から10年経った1995年8月、当時の真相等が多く 発表される様になった。
そのひとつマイケル・アントヌッチ・ジュニア元米軍大尉の証言である。
(「週間文春」1995年9月28日号)


彼はその日、たまたま沖縄・那覇から横田基地米軍輸送機C130で飛んでいた。
日本側より14時間も前に墜落現場を発見した事実を公表した。 「あの飛行機事故のことは 10年経った今も脳裏に焼き付いて離れない。

JAL123便が管制塔に『緊急』を告げた時、 たまたま近くを飛んでいた。現場はすぐに発見出来た。墜落の2時間後にはアメリカ海軍の 救助ヘリが現場に着いた。あの時、救助にストップがかからなければ、もっとたくさんの人が 助かっていたに違いない。 日本の救助隊が現場に着いたのは、その14時間もたってからというではないか。」

現場を確認後、グリフィン隊長は残骸の上空600メートルでそのまま旋回飛行を続けた。 私は横田基地 からの位置を測り、20分後には正確な位置を割り出して横田基地に知らせた。 やがて横 田基地から連絡 が入り、60キロ離れた厚木基地から海軍の救助隊が来ると知らされた。あと1時間で着くという。」

「彼ら(海軍ヘリ)は少し離れたところで、ラペル(ロープを使って懸垂降下すること)で二人 の乗員を地上に降ろし、検索しようとしている。ゲイリーがヘリと話している間に、私は司令部へ連絡を入 れた。 その時、司令部の命令はこうだった。 『日本の救助隊が向かっている。すぐ基地に戻るように。』
しかし私は次のように伝えた。 『海軍は救助に入りたいと言っています。』

447 :NASAしさん[sage]:2009/06/04(木) 07:24:16
すると司令部は次のように言った。 『繰り返す。すぐ基地に戻るように。海軍も同じだ。』 もはや私は『わかりました。帰還します』と答えるしかなかった。

降りかけていたヘリの乗員たちは、 再びロープを登っていった。 その時、我々の900メートル上空に、日本の 飛行機が旋回しているのを認めた。午後9時20分だった。これが現場に来た最初の日本の飛行機である。」
「横田基地で待っていたのは、第316戦術航空団の副司令官ジョエル・シルズである。

グリフィン隊長が報告を終えると、シルズは 『よくやった。でもこのことは一切マスコミに話してはいけない』と言った。 理由はまったく説明されなかった。

しかし翌日のニュースは、もっと衝撃的だった。 日本の救助隊は現場を発見できず、やっと着いたのは墜落の14時間後だと言っているではないか。 私は焦って自分の地図を取り出し、墜落現場を正確に伝えたかどうか調べた。私には自信があった。 伝えた位置は正確だった。海軍のヘリは私の情報に従って現場に来たのだから、間違いない。

我々はあの時、現場の上空を飛んでいた日本の救援隊にを任せた。
それにしても、どうして墜落現場がわからなかったのか?一体、朝まで何をしていたのか?不思議でならなかった。

事故から2週間たって、私は『タイム』と『ニューズウィーク』で 生存者が4人いたことを初めて知った。 しかし残りの記事は、間違いだらけだった。生存者の一人の証言が私をぞっとさせた。

彼女は墜落後、数人の子供達の声を聞いたと言っていた。ヘリを見て手を振ったが、気づいてくれなかった
と語っていたのだ
」・・・・・・と以上である



448 :NASAしさん:2009/06/04(木) 09:10:28
元米軍は別に嘘をつく必要がないと考えると・・・

米軍の救助を拒否して、墜落後生存していた子供の命を見捨てる命令を
出したのは一体誰だ?
という話に・・・


もっと子供がたくさん助かって欲しい事故だった 証言では子供の描写もあったから


456 :NASAしさん:2009/06/04(木) 22:51:15
あのね。米軍の援助を日本側が断ったってのは、当夜の内のNHKニュースで一度出たよ。 座間のヒューイ級のヘリが現場に接近していたってのは、それこそ10年以上経ってから聞いた。
ただし、ロープ降下中の要員が途中で止めてロープを上って行ったって記述は???だが。



770 :NASAしさん[sage]:2009/08/11(火) 17:31:59
原因なんて何だって良いじゃん。壊れちゃったものは仕方ないし、
山に激突させたのも、まぁ、ある程度仕方ない。

だが、現場に急行するのに14時間もかかったのは仕方ないじゃ済まないだろ
明らかに、誰かのミスだ。
何で米軍は助けてくれなかったのだろうか。



771 :NASAしさん[sage]:2009/08/11(火) 17:52:24
米軍はすぐ現場に到着して助けようとしたが 日本政府が断ったため中止して引き返した
自衛隊も夜間に現場付近に到着済みだったが 朝まで待機していた
待機命令に逆らって救助に行こうとした隊員1名が射殺された とNHKで放送された
墜落後すぐにヘリが現場に着いていたことは生存者証言で証明されている



789 :NASAしさん[sage]:2009/08/12(水) 02:30:06
『疑惑/JAL123便墜落事故』(早稲
田出版刊)の著者、角田四郎氏は、御巣鷹山の現場登山に行ったさい、ある金属片(添 付ファイル)をひろって持ち帰り、事前説明なしで、友人の航空機の整備士(米国人)に 鑑定を依頼しています。結果はどうだったのでしょうか。結果について書かれた部分を ご紹介します。
---------------------------------------
      彼の答えは、私のド肝を抜いた。「たぶん」と疑問視を付けて
      慎重に、しかし、はっきりとこう言った。
      「ミサイル」(This is missile.)
      「まさか!」(Not Really !)
      「たぶん、ミサイル」(Maybe missile.)
         ――角田四郎著、『疑惑/JAL123便墜落事故』より
---------------------------------------
 もうひとつ角田氏はJAL123便が行方不明になったことがわかったとき、家族の 受付けカウンターのあった羽田東急ホテルに行ったそうです。そのとき、乗客・乗員の 家族から質問責めにあっていた日本航空の役員らしい紳士がいたというのです。
 
家族の質問は執拗で、かなり激しかったので、その紳士は相当感情的になって、次の ようなとんでもないことをいったというのです。
---------------------------------------
      うちの機は、北朝鮮のミサイルに撃ち落とされたんだ。
今はそ
      れしかわからん!!
         ――角田四郎著、『疑惑/JAL123便墜落事故』より
-----------------------------------



791 :NASAしさん[sage]:2009/08/12(水) 02:37:32
60 名前:@ [2007/02/04(日) 19:02:11 ID:SOgG0y1e]
祖父漁師だったが回収作業に協力させられたらしい。
さんざん船と人を拘束しておいて無報酬だったのが気に入らなかったんだと。

漁協に国の連中が来て舟と人員を半ば強制的に借りて 1週間タダ働きさせられてしかも協力者はその期間、外部との接触を禁じられた



NO.3

http://www.unkar.org/read/love6.2ch.net/space/1250788492

60 :NASAしさん[sage]:2009/08/25(火) 13:38:16
>>57
>誰もが風化を認識
以下の不謹慎スレの2009/08/12あたりを見れ。

【JAL】日航ジャンボ機墜落事故 8【123便】
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/archives/1249897775/
【御巣鷹山】日航機墜落事故【JAL123便】
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/cafe30/1215342573/
【日航機】 御巣鷹山登山 【墜落】 Part.3
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/out/1242655131/
【もう】日航機事故part34【だめだ】
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1247241520/
日航機墜落事故から24年
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/news2/1250113503/
【御巣鷹】日航機墜落事故から22年【123便】
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/tomorrow/1184970977/
日航機事故から20年
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/cafe50/1118255848/
【佐藤浩市】クライマーズ・ハイ 【横山秀夫】
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/natsudora/1200217323/
クライマーズ・ハイが俺には一番
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1235742311


65 :NASAしさん:2009/08/25(火) 21:25:15
じゃ63の通りだな。

結局、駿河湾上空で標的機絡みで垂直尾翼に損傷を受けたあと、
口封じ&都市部での墜落を避けるために墜落現場付近で撃墜されたんですね?
 



66 :NASAしさん[sage]:2009/08/25(火) 21:28:44
標的機衝突ではなくて標的機を狙うはずだった艦対空ミサイルが命中・・
ですね



179 :NASAしさん[sage]:2009/08/29(土) 09:08:53
NHKアナ「ただいま長野県警から入った情報です。現地に救助に向かった自衛隊員数名が、何者かに銃撃され死者負傷者数名が出ている模様です。 続報が入り次第お伝えします


181 :NASAしさん[sage]:2009/08/29(土) 09:42:26
NHKアナ「先ほど自衛隊員が何者かに襲撃され 死者が数名出たとお伝えしましたが、誤報だった模様です。」
 (ただし謝罪の言葉は一切なし)


333 :NASAしさん[sage]:2009/08/31(月) 04:30:38
一晩中偽の墜落現場情報を流し続けたのは何故ですか?
何故救助に向かおうとした隊員を射殺したのですか?
独自判断で救助隊を出動させた空挺団司令は何故謀反の疑い在りと言われて左遷させられたのですか?



491 :NASAしさん[sage]:2009/09/01(火) 03:03:02
<墜落現場隠蔽事件>

事故当夜、自衛隊が墜落現場が長野県側であるという情報をマスコミに流した
翌朝まで現場を特定できなかった理由を、 当時の航空機での測定精度では無理だった と言っていた
頑張ったけどどうしても到達できなかった、と言っていた。

10年くらい後、アントヌッチ元米軍大佐が
米軍は墜落直後現場に到着し救助活動を始めようとしていたが
日本政府からの要請で中止して引き返した
そのとき現場には自衛隊機も到着していたと証言
→ 隠蔽派には「大嘘」だと言われていた

が、>>15>>16
のように その後中曽根氏がTV放送でアントヌッチ証言を認めてしまった

これにより
自衛隊も本当は墜落直後から正しい墜落現場を知っていたのに
一晩中偽の現場情報を流して時間稼ぎした

ということが暴露されてしまったんじゃね?
というもの



550 :NASAしさん[sage]:2009/09/01(火) 14:11:37
495 名前:名無しさん@5周年:04/08/12 21:18 ID:jB9y0pGY
これはマジな話なんだが、友達の兄貴が当時自衛官で ●●隊情報●隊と言う部隊に所属していて 救助活動というか事故処理に参加したそうだ。

その兄貴と何年か前に酒を飲んだ時に聞いた話だが
以前から事故処理に従事したと言う事は弟から聞いていたので
興味本位でその時の事を聞いてみたら顔色が変わったので
その話はそこまでにして馬鹿話に切り替えた。

暫く飲み続けるうちに、その兄貴がポツリポツリと話だした。
誤射、国家機密、緘口令、事後処理の為の特殊部隊の編成
情報撹乱、ガス、火炎放射器...。
まさに地獄以下の有様だったそうだ。

隊員の中には精神状態がおかしくなる者や、生存者をかくまったために
拘束されて送り返された者も少なくなかったそうだ。
その兄貴もすぐに退官したが、その際に口外すれば家族にまで危害が
及ぶと言う事を暗にほのめかされ、自殺を考えた事も有ると



631 :NASAしさん[sage]:2009/09/02(水) 00:07:35
乗客がカメラでニアミス飛翔体を撮影

ttp://pds.exblog.jp/pds/1/200809/30/59/c0173159_13565941.jpg
建造中護衛艦が当日相模湾で公試中
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%BE%E3%81%A4%E3%82%86%E3%81%8D_%28%E8%AD%B7%E8%A1%9B%E8%89%A6%29
標的機でレーダー性能試験?
or
処女捨島水域(処女捨島ミサイル試射場)or 訓練水域⑧(大島東方)にて武器発射試験?
ttp://www1.kaiho.mlit.go.jp/KAN3/tuho/index.html
墜落間際の機体からの出火目撃・CVRの火災警報音
ttp://tablet.my.coocan.jp/sound/FVR123.mp3
左翼がーっ!(犯人だっ・・・ ?)(CVRのCPの叫び)
ttp://neko-usa.s22.xrea.com/jal123/wav/jal123_5602.wav
不可解な墜落場所の隠蔽
ttp://blogimg.goo.ne.jp/user_image/70/db/0b3cc991be00b01d43c494a219cabba4.jpg
真っ先に回収されたオレンジ色の謎の物体
ttp://rightwing.sakura.ne.jp/equipment/jasdf/other/mtts/mtts_02.jpg
現場で見つかったミサイルの破片
ttp://intec-j.up.seesaa.net/image/1A8FABB61A1A1A1A1A1A1A1A1A1A1A1A1A1A8FAAA51A1A1A1A1A1A1A1A1A-thumbnail2.jpg
アントヌッチ
中曽根(墓まで持っていく。神棚設置 → でもTVでちょっとしゃべっちゃた


652 :NASAしさん[sage]:2009/09/02(水) 00:33:06
144 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日: 2001/02/03(土) 12:58
  産経新聞昭和60(1985)年8月13日朝刊に依れば、12日夜
 8時4分、日航の予約センターに男の声で過激派を名乗る団体名で電話 が掛かり、「我々は日航機を爆破した」と言って切った。直前の午後7 時48分にも東京・千代田区の国防会議事務局にも「中曽根」と名指し で、「日航機を爆破した」と電話をしていた。

 報道関係も政府も、昨年(昭和60年当時の話!忍)のグリコ・森永事件以来、ステージ犯罪として、種々の宣言や 声明を無視する傾向があり、今年の夏に大きな事を遣る、と言った同犯人の挑戦状を、過激派との関連が明らかであ
るのに軽視し、今回の事件との結び付きも頭に浮かばないらしいが、一連の犯行の延長
。仲間との連係と見れば、謎 は直ぐ解ける筈です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

和枝

Author:和枝
 高校教師をやめ、ガーデニングのブログを書くうちに、気づいた小沢問題の陰に潜むマスコミや検察の腐敗をブロガーたちと追究し、小沢一郎氏の無罪判決を得ることができました。

「和順庭の四季おりおり」と題したブログの時から御支持いただいた真実を追究する仲間や冤罪被害者の皆様に支えられ、市民メディア「ツイートテレビ」を立ち上げ、私も生まれ育った東京を離れ、「生活の党と山本太郎と仲間たち」に習い、心機一転、主人の郷里・徳島にてエネルギッシュで常に現実に向き合い情報発信する生活をしています。
 
 それに伴い「和順庭」と名づけた庭も徳島県へ引っ越しました。



※寄付のお願い
■郵便局からの振込みの場合
口座 ゆうちょ銀行
記号 10000 番号 88352491

■銀行からの振込みの場合
口座 ゆうちょ銀行
店番 008 普通預金
口座番号 8835249
口座名 服部 和枝

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。