スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イラン制裁を政府閣議で3日決定か?安易に追随してイランを戦争に追い込まぬような政策を

イランの核開発に向け「安保理決議を着実に実施し、対話の窓を維持しつつ、イランに賢明な決断を求めていく」のはよいことだと思うが、アメリカから制裁を要求されたからといって、日本が安易に追随して、イランを戦争に追い込むような結果にならぬような政策を望みたい。

 アメリカが戦争をするとすれば、イランか北朝鮮と言われている。石油がらみの利権のための戦争をしかけるというような思惑も見え隠れしていると捉える向きもある。



 9.11の真実より
http://nvc.halsnet.com/jhattori/green-net/911terror/nyterror.htm


何故か今の菅政権はなにをするのも危うく思われる。核放棄のためといいながら戦争とならないよう、被爆国日本は、国連・安保理と常に協議しながらも、冷静な判断と慎重な政府の政策決議を求めたい。


YOMIURI ONLINE

http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20100823-OYT1T00597.htm

「EU並み」のイラン制裁を…米が日本に要求

中東
 【ワシントン=本間圭一】イランの核開発を巡り、オバマ米政権が日本に対し、エネルギー分野への新規投資禁止など、欧州連合(EU)による独自制裁と同レベルの追加制裁を行うよう求めていることが22日、複数の米政府筋の話で明らかになった。

 イランからの原油輸入規制については、強く求めない方針という。

 米政府は今月上旬にアインホーン対イラン・北朝鮮制裁調整官を日本に派遣し、日本の対イラン制裁について協議してきたが、米政府筋によると、日本に「EUの制裁を参考にしてほしい」と伝えた。政府筋の一人は、「欧州に強く求めなかった規制を日本に求めるわけにはいかない」と述べ、イランからの原油輸入禁止は求めない立場を示した。

 EUの独自制裁は、〈1〉石油精製や液化天然ガス製造に関する投資、技術移転の禁止〈2〉イラン金融機関の一部資産を凍結――など。

 日本政府は今月初め、国連安全保障理事会の決議に沿った対イラン制裁を決めたが、岡田外相は、日本が独自に行う追加措置について、今月中に検討する意向を表明している。

(2010年8月23日14時40分 読売新聞)


 NHKニュース  
http://www.nhk.or.jp/news/html/20100902/t10013739311000.html

政府 イランに独自追加制裁へ 
9月2日 18時24分

政府は、国連の安全保障理事会の決議に違反して核開発を続けるイランに対して、欧米と連携して圧力を強めるため、金融制裁の一段の強化などを柱にした日本独自の制裁を行うことを3日の閣議で決める方針です。


新たな制裁は、まず、核拡散への関与が疑われるイランのおよそ15の金融機関や、核開発を行う「革命防衛隊」と関係のある企業や個人の資産を凍結するとしています。

また、イランへの投資を抑制するため、日本企業が海外の事業で被った損失を補てんする「日本貿易保険」の適用条件を厳しくすることや、イランの原油やガスなどエネルギー産業への新たな投資を禁止することなどを盛り込んでいます。

イランは日本にとって第4位の原油の輸入国で、日本からは自動車や建設機械などを輸出するなど、先進諸国の中では経済的なかかわりが比較的強くなっています。

それだけに、この制裁を行うことで、日本の企業などは制裁の対象となるイランの金融機関との取り引きの変更を迫られるほか、イランでの大型プロジェクトに投資しにくくなるなどの影響が予想されます。

しかし、国連の安全保障理事会の決議に違反して核開発を続けるイランに対しては、アメリカやEU=ヨーロッパ連合が独自の制裁を打ち出しており、日本政府としても一段と強い措置をとることで欧米と協調する姿勢を示す必要があると判断したもので、3日の閣議で正式に決めることにしています。


日テレニュース24

http://www.news24.jp/articles/2010/08/03/04164050.html

イラン追加制裁を閣議了解~政府

< 2010年8月3日 18:59 >
 政府は3日、イランの核開発問題について、6月に国連安全保障理事会で採択された決議に基づいた追加制裁措置を閣議了解した。

 今回の追加制裁措置には、イランの核開発に関与している疑いのある団体や個人に対する資産の凍結、イランが核技術にかかわる日本の産業に投資することの禁止、イランに対する大型通常兵器の供給・販売などに関連する支払いを許可制にすることなどが盛り込まれている。また、これらの措置を確実に実施するため、金融機関にも徹底した対処を要請するとしている。

 仙谷官房長官は「核不拡散体制の堅持、北朝鮮の核問題の対応との関係、中東地域の安定への影響などの観点から、外交的・平和的解決に向けて、毅然(きぜん)とした取り組みが必要だ」と述べた。また、「安保理決議を着実に実施し、対話の窓を維持しつつ、イランに賢明な決断を求めていくことが重要だ」として、今後もイランへの働きかけを続けていく考えを示した。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

和枝

Author:和枝
 高校教師をやめ、ガーデニングのブログを書くうちに、気づいた小沢問題の陰に潜むマスコミや検察の腐敗をブロガーたちと追究し、小沢一郎氏の無罪判決を得ることができました。

「和順庭の四季おりおり」と題したブログの時から御支持いただいた真実を追究する仲間や冤罪被害者の皆様に支えられ、市民メディア「ツイートテレビ」を立ち上げ、私も生まれ育った東京を離れ、「生活の党と山本太郎と仲間たち」に習い、心機一転、主人の郷里・徳島にてエネルギッシュで常に現実に向き合い情報発信する生活をしています。
 
 それに伴い「和順庭」と名づけた庭も徳島県へ引っ越しました。



※寄付のお願い
■郵便局からの振込みの場合
口座 ゆうちょ銀行
記号 10000 番号 88352491

■銀行からの振込みの場合
口座 ゆうちょ銀行
店番 008 普通預金
口座番号 8835249
口座名 服部 和枝

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。