スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

都議選投票でカルトに決別

 先日、電話が鳴ったので出ると、「自民党の選挙事務所の者ですが、都議選だいぶきびしくなっているので、是非投票お願いします。」という選挙依頼だった。

 思わず黙り込んでしまい、しばらく無言の時間が流れ、どうしようかなとの迷いもあったのだが、はっきりと「自公には入れたくないので。自民党といっても公明党と同じなので。」と言って、電話を切った。

 真面目に働いて払った年金が未払い扱いになっていた社会保険庁の問題。国民のためと言いながら郵政民営化されたが、結局は国民の税金からなるかんぽのお金は特定の企業が多くの利益を得るような仕組みになっていて、それを追求した政府の大臣が更迭され、郵政社長が続投となったり。大量のリストラで職とすまいを奪われた派遣切りされた人たち....。

 一般国民は、生活の不安を抱えながらいるのに、政治家はちっとも「痛み」を伴わないようだ。

 ほとんどが二世議員で、親の地盤・看板・財産を受け継いで、何の苦労もなく育っているのだから、痛みに耐えることもないのだろう。

 いつからこんな日本になっていたのだろうか?政治にさほど詳しくない普通の主婦でさえ、もういい加減にして!と思わずにはいられない。

 総裁選で総理の首をすげかえてみても、どうせ同じとしか思えない。

 こうなったら、政権交代しかないと思うようになった。

 娘や息子の小学校や中学校の友達がこの時期になると「公明党にいれてもらうように言って」と尋ねてきたり。どうせ選挙のときだけ。こどもの友達というとはっきり断りにくいけれども、度重なるとうんざりする。

 なんだか日本がおかしくなりはじめたのは、今思えば、小泉政権の頃からだと思う。

 公明党が与党になって、裏で自分たちの宗教集団や教祖様を守っていける自信がついた頃から、どんどん世の中おかしくなりはじめ、真面目に勤めている者がいられないようになっていったように思う。

 政教分離と憲法でも決められていながら、批判することすら許さない巨大宗教集団が日本の国を支配しようとしている。

 「公明党」にも「幸福の科学」にも私達は、はっきりとNO!と言うべきではないだろうか?

 カルトに支配されない日本のためにも、私達は今こそ勇気を持って、カルト教団には、NOと言おう!

 特に、神道・仏教は、それを利用して、日本の国を支配しようとしているカルト教団に、はっきりとした意思を示すべきである。

 神社も寺も、その信者・檀家は、この一票をおろそかにすべきではないと思う。

 私達の日本をどんな国にするかは、こどもたちが住みやすい国にするためにも、勇気をもって選挙には、のぞむべきだと思う。

 自民党にも心ある議員は随分いて、それで日本の戦後の平和は守られてきたが、そのような議員は、自民党から追い出されてしまい、今の自民党は誰が総理になっても何かを期待するのは無理な気がする。

 ネット・ジャーナリストである輿水正(こしみず ただし)氏の大阪講演をネットで見て、次のようなことがわかった。

 今の自民党の町村・高村・小泉・小池・竹中・武部・安倍という清和会を中心とする議員は、統一協会系の議員で、韓国の統一教会と深いつながりをもち、北朝鮮とのつながりをもつ創価学会を母体とする公明党と組んでいる。

 この文鮮明の韓国統一教会と朝鮮出身のソン・テジャク(日本名 池田大作)の創価学会が日本の政府として政権をにぎったのはいつごろからかというと、森政権頃からだという。

 アジアの国々と仲良くしていくことは、無論大切なことだが、それとカルト教が日本を支配することとは違う。

 日本の財産をどこかへ売り渡してしまわぬよう、私達はいい加減な気持ちで都議選にのぞまぬようにしなければと思う。

 今、公明党は、政教一致問題を追求されないために、民主党の党首の追い落としにやっきになっているらしい。

 小沢代表・鳩山代表の政治資金問題で、何とか話題をそらそうとしているが、同じことをしていても自民党議員にはそれほど検察の追求が及ばぬのはなぜだろう。

 検察・警察にかなりの創価信者・統一教会信者が送り込まれていると聞き、それでなのかと思った。

 この人達は、いざというと日本のためではなく、教祖のためにいっせい蜂起するのだろうか?

 NHKの「ジャパン・デビュー」の取りあげ方など、マスコミの報道もおかしな方向へ行っているのも、これでわかるような気がする。

 マスコミだけでなく自治体などの行政・司法・立法も。何とかしなければと思う。

 今度の選挙、政権交代をして国民の手に政治をとりもどすため、民主党か生活者ネットに投票しようと思っている。 

 

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

和枝

Author:和枝
 高校教師をやめ、ガーデニングのブログを書くうちに、気づいた小沢問題の陰に潜むマスコミや検察の腐敗をブロガーたちと追究し、小沢一郎氏の無罪判決を得ることができました。

「和順庭の四季おりおり」と題したブログの時から御支持いただいた真実を追究する仲間や冤罪被害者の皆様に支えられ、市民メディア「ツイートテレビ」を立ち上げ、私も生まれ育った東京を離れ、「生活の党と山本太郎と仲間たち」に習い、心機一転、主人の郷里・徳島にてエネルギッシュで常に現実に向き合い情報発信する生活をしています。
 
 それに伴い「和順庭」と名づけた庭も徳島県へ引っ越しました。



※寄付のお願い
■郵便局からの振込みの場合
口座 ゆうちょ銀行
記号 10000 番号 88352491

■銀行からの振込みの場合
口座 ゆうちょ銀行
店番 008 普通預金
口座番号 8835249
口座名 服部 和枝

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。