スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菅改造内閣は挙党一致内閣ではなく小沢つぶし内閣

 民主党を応援していたが、やめようと思う。といってどの政党を応援しようという気にもなれない。改造内閣が発表になったが、テレビなどで小沢攻撃をしていた菅派の片山善博元鳥取県知事が総務大臣となり、これで菅内閣の特捜部・検察審査会で小沢起訴の布陣となったことがはっきりした。

 小沢派の原口総務大臣から菅派の片山大臣に交代させ、検察審査会に備えたシフトを敷いたといえる。私自身検事総長の記者会見を聞くまで、検察審査会は法務省の管轄だと思っていたが、特捜部は、総務省の管轄だという。大林検事総長も検察審査会でどのような質問がされたとか、どのようないきさつで結果が出たかなどほとんど知らされない。結果のみ知らされるという。

 総務省の管轄だというのには驚いたが、審査会を睨んで小沢支持をあきらかにしていた原口大臣をはずし、菅派で小沢攻撃をしていた片山大臣にして、小沢氏の政治生命にとどめをさそうというのであれば、この内閣、同じ党員を守るのではなく党内から追い出すための内閣だといえる。

仙谷・枝野という選挙大敗の責任をとるべき立場にあるはずの者があいかわらず重要ポストに居座り、配置換えをしただけで、挙党一致内閣とは思えない。

 それにもまして、国家公安・消費者・少子化を岡崎トミ子大臣がやるというのはどうだろう?国家公安と消費者・少子化担当の組み合わせというのは、奇異に思えるのだが。

およそ期待できないこの内閣もまた、仙谷内閣なのだろう。菅さんは、いつも何かにのっているだけで、実権を握っているのは仙谷由人であろう。


上記映像の28分21秒の所から(←クリックでその時間から始まります)

1時間02分33秒・1時間17分15秒
(個人会員の石山さんの質問は、私達の聞きたかったことです。)からの所も聞いて欲しいと思います。


http://www.asyura2.com/10/senkyo94/msg/686.html


菅沼堅吾日本記者クラブ企画委員(中日新聞・東京新聞):

 私の方は、検察の代名詞でもある特捜部のありようみたいな話しで、裁判員制度、及び検察審査会の制度のありよう、記者会見のありようみたいな、三つの柱で最初に代表質問をしたいと思います。

 東京地検特捜部の話しですけれども、大袈裟に言えば少し前までは国民の多数は(検察の)その捜査の事を正義と考えていたような気がするんですね、しかし小沢事件を契機に検察の正義に対する信頼が揺らいでいるようにも感じる。捜査手法への批判とか不信があるのではないか。これに対して総長はどの様にお考えか最初にお伺いしたい。

 
大林宏(第25代検事総長):

 まあ具体的な事件が最初から出てきましたけれども、いわゆる小沢事件につきまして秘書の方を起訴して小沢さんについては嫌疑不十分の処分がなされました。色々マスコミ等に記事が出ている事を私ども承知しておりますけれども、嫌疑不十分となったと言う事については先ほども出てきましたけれども、公判請求し有罪を取ると言う私たちの伝統的な考え方からしてそれに足る十分な証拠がなかったというそれに尽きると思います。色々な記事が出されておりまして、色々な観測と思われるような事もありますけれども、基本的にはそういう風な結論をしたと言うのは証拠判断以外の何ものでもないという風に思います。

 まあ捜査手法の問題等については、まあ捜査の中身に触れる事ですからちょっと私の立場から申し上げる事は出来ない訳ですけれども、確かに色々なご意見があると、えー、まあそれは時代の背景でもあるかも知れませんし、あるいは事件の性質そのせいか色々な事から、何と言いますかねご批判を受ける、まあそう言う時代かなぁと。

 ただし先ほども申し上げたとおり私としては厳正・公平と、法と証拠に基づきと言う形で検察は今後ともその職務を果たしていくと言うそう言う認識においては一致していると言う風に思いますのでまあ後はその事件の証拠関係色々あるでしょうからそれによって結論が出る話しでありまして、まあその特捜部の能力云々とかそう言う問題は僕は直接関係ないと思いますし検察の正義が変わったと言う風にも認識はしておりません。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

和枝

Author:和枝
 高校教師をやめ、ガーデニングのブログを書くうちに、気づいた小沢問題の陰に潜むマスコミや検察の腐敗をブロガーたちと追究し、小沢一郎氏の無罪判決を得ることができました。

「和順庭の四季おりおり」と題したブログの時から御支持いただいた真実を追究する仲間や冤罪被害者の皆様に支えられ、市民メディア「ツイートテレビ」を立ち上げ、私も生まれ育った東京を離れ、「生活の党と山本太郎と仲間たち」に習い、心機一転、主人の郷里・徳島にてエネルギッシュで常に現実に向き合い情報発信する生活をしています。
 
 それに伴い「和順庭」と名づけた庭も徳島県へ引っ越しました。



※寄付のお願い
■郵便局からの振込みの場合
口座 ゆうちょ銀行
記号 10000 番号 88352491

■銀行からの振込みの場合
口座 ゆうちょ銀行
店番 008 普通預金
口座番号 8835249
口座名 服部 和枝

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。