スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特捜部の捜査は何をやっても許されるのか? 鈴木宗男も冤罪

 驚くべき事実だ。収監される予定になっている鈴木宗男もまた、政治生命をたつためにはめられたということがわかった。特捜部は、捜査のためならどんな手段を使っても許されるのだろうか?非人道的なことがまかり通り、その最たるところは、無実の人を有罪にして、社会的地位や政治生命をたつということだ。

 日本の利益のために、中国やロシアなどとアメリカの利益を飛び越えて結びつく政治家は抹殺されるということがよくわかった。その抹殺部隊が特捜部なのだ。この鈴木宗男の真実の叫びを聞いて欲しい。(鈴木宗男も検察に陥れられた1~5)

また、小沢裁判で、指定弁護士3人を推薦するように第2東京弁護士会に求められた3人のうち1人は、あの問題の東京第5検察審査会で審査補助員を務めた吉田繁実弁護士(59)が有力だが、驚くことに、残る2人は意外な人物になりそうだという。

92年の東京佐川事件や、93年のゼネコン汚職事件。いずれも金丸信・元自民党副総裁が絡んだ事件を手がけた元東京地検特捜部長の五十嵐紀男氏と、同じく元東京地検特捜副部長で、テレビのコメンテーターとして、茶の間でも有名で、一貫して検察審を擁護しているヤメ検弁護士の若狭勝氏といわれている。

指定弁護士は特捜部の意をくんで指揮できる身内でなければならないから、法曹界関係者によると、2人とも検察組織寄りのOBとして適任のようで、 そんな思惑を持った裁判に特捜部OBを東京弁護士会が押し込んだとしたら、小沢裁判は検察、裁判所、弁護士会が全部グルということになってしまうと、ゲンダイネットは指摘している。(抜粋参照)

 特に、マスメディアの衰退ぶりは嘆かわしい。今朝(10月19日)の「みのもんたの朝ズバ」では、コメンテーターが、小沢氏の訴え却下のことを「最後の悪あがき」と言っていた。いつものことだが、こんな番組なくなればいいと思う。とても不愉快だ。有罪と決まったわけでもないのに、もう罪人扱い。ジャーナリスト精神にも反するようなキャスターやコメンテーターは、国民にとって有害極まりないので、すぐにでもお引取り願いたい。まあ、絶対このような番組のスポンサーの製品は買わないと思ってしまう効果はあるのかもしれない。
(ファミマ、TBC、積水、日通、セキスイ、野村、アサヒ、JT、ヨドバシ等?)http://www.asyura2.com/10/lunchbreak34/msg/233.html
















日刊ゲンダイネット 
 
 

http://gendai.net/articles/view/syakai/126948
驚いた!小沢裁判 「検察官」役の弁護士に元特捜部長と副部長が浮上 
 

【政治・経済】
2010年10月15日 掲載
「ズサン捜査隠し」が狙いか知らないが、これじゃあ司法は全部グルの暗黒裁判だ
「強制起訴」された小沢裁判に向けて、東京地裁が動き始めた。来週22日までに、検察官役の「指定弁護士」3人を推薦するように第2東京弁護士会に求めたのだ。3人のうち1人は、問題の東京第5検察審査会で審査補助員を務めた吉田繁実弁護士(59)が有力だが、驚くことに、残る2人は意外な人物になりそうだ。
「吉田弁護士以外に引き受け手が見つからず、“2人目は、1回目の議決を担当した米澤弁護士か”なんて笑い話も飛び交っていましたが、水面下で決まりつつあるようです。元東京地検特捜部長の五十嵐紀男氏と、同じく元東京地検特捜副部長の若狭勝氏が有力視されているのです」(司法記者)
 いやはや、すごい顔ぶれだ。五十嵐氏が特捜部長時代に手掛けたのは、92年の東京佐川事件や、93年のゼネコン汚職事件。いずれも金丸信・元自民党副総裁が絡んだ事件であり、“師弟関係”にあったのが小沢だ。
 一方、ヒゲが特徴の若狭氏はテレビのコメンテーターとして、茶の間でも有名。一貫して検察審を擁護しているヤメ検弁護士である。
 なぜこの2人の名前が急浮上なのか。
「ヤメ検でなければ、この難しい政治資金規正法事件の検察官役は務まらない。それが理由のひとつだが、地検特捜部が何より気にしているのは自分たちの手の内が法廷でバクロされること。大久保隆規秘書を取り調べたのは、例の証拠隠滅罪で起訴された大阪地検の前田元検事ですが、その調書をはじめ、相当ムリして集めた捜査資料が含まれている可能性がある。それを公判でバンバン公表されたら、東京地検特捜部の威信に関わり、裁判どころじゃない。だから、指定弁護士は特捜部の意をくんで指揮できる身内でなければならない。2人とも検察組織寄りのOBだから適任というわけです」(法曹界関係者)
 そんな思惑を持った裁判に、特捜部OBを東京弁護士会が押し込んだとしたら、小沢裁判は検察、裁判所、弁護士会が全部グルということになってしまう。正気か!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

和枝

Author:和枝
 高校教師をやめ、ガーデニングのブログを書くうちに、気づいた小沢問題の陰に潜むマスコミや検察の腐敗をブロガーたちと追究し、小沢一郎氏の無罪判決を得ることができました。

「和順庭の四季おりおり」と題したブログの時から御支持いただいた真実を追究する仲間や冤罪被害者の皆様に支えられ、市民メディア「ツイートテレビ」を立ち上げ、私も生まれ育った東京を離れ、「生活の党と山本太郎と仲間たち」に習い、心機一転、主人の郷里・徳島にてエネルギッシュで常に現実に向き合い情報発信する生活をしています。
 
 それに伴い「和順庭」と名づけた庭も徳島県へ引っ越しました。



※寄付のお願い
■郵便局からの振込みの場合
口座 ゆうちょ銀行
記号 10000 番号 88352491

■銀行からの振込みの場合
口座 ゆうちょ銀行
店番 008 普通預金
口座番号 8835249
口座名 服部 和枝

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。