スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ、第三者機関の座長が千葉前法務大臣なのか?

 千葉前法務大臣が大臣に就任したとき、検察特捜部が躍り上がって喜んだという記事を読んだことがあった。なぜ、また、大阪地検特捜部の押収資料改ざん・犯人隠避事件を受けて設置する第三者機関の座長にその千葉前法務大臣をあてるのだろうか?中井たかし元国家公安委員長がなったらどうしようと検察は、震えていたというのだから、中井元大臣あたりをあてるならまだわかるのだが。

 柳田稔法相は26日の記者会見で、大阪地検特捜部の押収資、あれだけ料改(かい)竄(ざん)・犯人隠避事件を受けて設置する第三者機関「検察の在り方検討会議」の座長に千葉景子前法相を起用したことについて、「しっかりとした議論で改革案を出していただけると思って選んだ」と言っているというが、千葉前法務大臣が第三者性を保って、厳しくやれるとは思われない。

 菅さんと仙石さん、千葉さんは、全共闘時代の仲間と聞いたことがある。今は弁護士の千葉さんは、辞任の頃にあわてて死刑場公開をしたぐらいであれだけ望まれていた可視化も実現しなかったし、村木局長逮捕・拘留をはじめとして、検察特捜部の改ざんなど千葉前大臣の任期中でもあったのだから、この人だけははずすのが筋のはずだ。それを、任命するなんて、とても正気の沙汰とは思えない。しかも、国民の信頼を得られず、選挙に落ちているのに。

気心知れてる仲間だからなのか、それを、「しっかりとした議論で改革案を出していただけると思って選んだ」と言い切る柳田法相についても、このまま任せ、冤罪捏造法曹界を正せるのかと疑問になる。

 もし、小沢捜査をはじめとし、鈴木宗男、三井環 各氏などの冤罪について、菅内閣が仙谷官房長官任せにして、民主党のマニフェストで言っていたような官僚体制を正さず、自公政権時代と同じような政権運営しかできないとしたら、民主党支持者はしだいに離れていくことだろう。

誰がなんと言っても、冤罪被害者を菅さんには救って欲しい。三井環氏の告発を菅さんがするはずだったのだから、権力を行使できる座についたら、大鉈をふるってもらいたいと思う。法曹界の官僚と癒着した体制を正していってもらいたい。

 今、巷では、これができるのは小沢さんとそれを支持する民主党議員と目覚めた市民しかいないと言われている。菅さんは、もし検察審査会が国民を利用し、一部で言われているように開催もされず、議事録すらないのであれば、それを国民に公表し、指揮権を発動してでも、断固たる態度をとってもらいたいと思う。

 昨日、テレビを見ていたら、「北海道の選挙で自民党の町村議員が当選し、民主党候補が負けたのだから、民主党は小沢国会証人喚問をしろ!」という趣旨のことを自民党の議員が述べていたが、とんでもない。(ついでながら、これで北海道は、小林千代美議員辞職、鈴木宗男議員収監、小沢氏秘書石川議員裁判、鳩山さんが引退したら、自民町村大国になるのか?)なんで、選挙で負けたことと小沢喚問が関係あるのだろうか?負けようが勝とうが、それとこれとは関係ないことなのに。何とかして小沢氏の政治生命を断とうするのは、見苦しい。

仙谷体制を谷垣自民党も応援し、日本国民を守れる唯一の政治家小沢一郎をつぶそうというのだろうか?谷垣(自民党)・山口(公明党)・福島(社民党)ら各氏は、いずれも弁護士として仙谷氏と親しいのかもしれないが、法曹界が冤罪を作り出す組織となっている以上、その長きにわたる官僚体制を正すためには、法曹界でもちつもたれつの関係にあった千葉氏では駄目だということだけははっきりしている。

 このような人選をした責任は、菅内閣にある。菅さんは、仙谷さん任せにせず、民主党がめざした政権交代の理念にむかって目覚めて欲しいと思うのだが。まだ、眠っているのですか?




柳田法相、千葉氏起用は問題なし 日弁連の懸念に「意味分からない」

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/101026/plc1010261311011-n1.htm
2010.10.26 13:07
このニュースのトピックス:特捜部
 柳田稔法相は26日の記者会見で、大阪地検特捜部の押収資料改(かい)竄(ざん)・犯人隠避事件を受けて設置する第三者機関「検察の在り方検討会議」の座長に千葉景子前法相を起用したことについて、「しっかりとした議論で改革案を出していただけると思って選んだ」と強調、改めて人選に問題はないとの認識を示した。

 千葉氏の起用をめぐっては、日弁連は同事件の発端となった郵便不正事件の公判中に、千葉氏が法相を務めていたことに関して「第三者性が確保されるか重大な懸念がある」と問題視している。だが、柳田氏は記者会見で「『第三者性』という意味がよく分からない。(千葉氏は)今は大臣でもなければ、弁護士だ」と反論した。

 また、千葉氏が法相として臨んだ今年7月の参院選で落選し、その適格性について有権者の厳しい審判が下されたことについても、「選挙に出て負けたからどうのこうのというのは、(起用を左右する)理由にはならないと思っている」と答えた。

 この問題では、菅直人首相も25日の参院予算委員会で「(千葉氏を起用した)法相の判断をいい判断だなと思う」と述べている。

千葉氏起用批判に法相反論 「改革案出してもらえる」

http://www.47news.jp/CN/201010/CN2010102601000196.html

 柳田稔法相は26日の閣議後記者会見で、大阪地検特捜部の証拠改ざん隠ぺい事件を受けて設置する第三者検証機関の座長に、千葉景子前法相を起用したことを日弁連などが批判していることに「千葉氏は今は弁護士。大臣を辞めた後、検察に大変厳しい意見を言っている。しっかりした議論で改革案を出してもらえると思う」と反論した。

 日弁連は、厚生労働省の文書偽造事件の公判継続中に千葉氏が現職だったため「第三者性が確保できるか重大な懸念がある」と疑問を示していた。

 柳田法相は、検証機関の発足時期について「11月の早い段階で1回目をやりたい」と言及。議論が公開されるかは「メンバーが決めるが、最低限テーマは公開されるのではないか。すべて秘密とは思わない」と話した。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

和枝

Author:和枝
 高校教師をやめ、ガーデニングのブログを書くうちに、気づいた小沢問題の陰に潜むマスコミや検察の腐敗をブロガーたちと追究し、小沢一郎氏の無罪判決を得ることができました。

「和順庭の四季おりおり」と題したブログの時から御支持いただいた真実を追究する仲間や冤罪被害者の皆様に支えられ、市民メディア「ツイートテレビ」を立ち上げ、私も生まれ育った東京を離れ、「生活の党と山本太郎と仲間たち」に習い、心機一転、主人の郷里・徳島にてエネルギッシュで常に現実に向き合い情報発信する生活をしています。
 
 それに伴い「和順庭」と名づけた庭も徳島県へ引っ越しました。



※寄付のお願い
■郵便局からの振込みの場合
口座 ゆうちょ銀行
記号 10000 番号 88352491

■銀行からの振込みの場合
口座 ゆうちょ銀行
店番 008 普通預金
口座番号 8835249
口座名 服部 和枝

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。