サンデープロジェクト田原総一郎

サンプロ
 日曜日、テレビ朝日の「サンデープロジェクト」を見ていて、メインキャスターの田原総一郎の発言に、疑問を持った。

 この番組、朝寝坊の友達から「見ておいて」と言われて見ているのだが、政治に疎い私にとって、特に見たい番組というわけでもない。

 だけど、その疎さが、市民感覚のレベルで判断すると、友達からは頼りにされている。

 8月2日 日曜日の番組は、私が途中からつけたときは、各政党がマニフェストなどについて議論しているところだった。

 自民党からは石原のぶてる、民主党からは長妻あきら。その他、各政党の代表が出ていた。

 マニフェストについて、田原氏が民主党の岡田さんと小沢さんの消費税がらみのもめたことをあれこれ言い始めた時、星解説員が「自民党も民主党もマニフェスト作成過程での内部でのごたごたはあるかもしれないけれども、マスコミはそのことをあげつらうのではなく、出てきたマニフェストで判断し、議論すべきだ」という主旨の意見を述べていた。
星浩

 それに対し、田原氏が「朝日新聞は民主党に政権をとってもらいたいのか」と反論していた。

 この言葉に私は疑問を抱いた。

 本来、田原氏のような立場の者は、中立・公平な立場であるべきで、どの政党の意見をもっともだと思うかを視聴者が判断することができるように進行すべき義務を負う。

 それをいきなり「朝日新聞は民主党に政権をとってもらいたいのか」などと田原=自民党を思わせる発言をするということは、視聴者を愚弄するものである。

 どちらにもかたよらず、見ている側に判断を委ねられるようにすべきが、キャスターや解説員の責務である。

 星氏の意見は、マスコミのあるべき姿を述べたもので、民主党に特に肩入れした意見ではない。

 それを感情的にああいうことを言うのは、逆に立場を利用して特定の政党をつぶし、ある政党に有利に働くように命令でも受けているのかと憶測させ、疑念を抱かせる。

 ある時から、「サンデープロジェクト」の番組内容が他の政治番組では追求できない本質をえぐり問題提起していた番組から、歯に衣をきせたようなあたりさわりない番組へと変質していき、さらにしだいにマスコミの使命を忘れたかのような政権迎合番組になっていった。

 つまり、それまでこの番組しかなかった良さがしだいになくなり、個性も特徴もなくなった魅力のない番組となった。

 この変わりように、「サンプロどうしたんだろうね?」と友達に尋ねると、「スポンサーに自民党を支える経団連などに代表される業界団体の企業に加え、新たにパチンコ業界や創価系企業なんかも加わり、そんなスポンサーに気を配らないと、番組をやっていけなくなったのかな?」という返事が返ってきた。

 マスコミの使命をスポンサーに売り渡し、テレビを見ている視聴者を忘れ、冷静な判断を国民にさせることなく、ある政党有利の誘導番組になっていったら、国民はコントロールされ洗脳され、それが報道番組だということになってしまう。

 民主党や自民党のうちわもめを印象づけ、漁父の利とばかりにどっかの政党が甘い汁を吸うようにもっていっているとまで思えてしまう。

 田原氏は、国民に判断させる立場にいることを忘れないでいてもらいたい。

 視聴者は、いつでも番組を見限れるし、そんな番組のスポンサーも金でマスコミの使命を売り渡させたスポンサーとしか思われず、視聴者の支持など得られるはずがない。

 星氏のようなマスコミのあるべき姿に対して勇気をもって意見が言える人がひとりでもふたりでも増えていってくれればと願わずにはいられない。


 

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

和枝

Author:和枝
 高校教師をやめ、ガーデニングのブログを書くうちに、気づいた小沢問題の陰に潜むマスコミや検察の腐敗をブロガーたちと追究し、小沢一郎氏の無罪判決を得ることができました。

「和順庭の四季おりおり」と題したブログの時から御支持いただいた真実を追究する仲間や冤罪被害者の皆様に支えられ、市民メディア「ツイートテレビ」を立ち上げ、私も生まれ育った東京を離れ、「生活の党と山本太郎と仲間たち」に習い、心機一転、主人の郷里・徳島にてエネルギッシュで常に現実に向き合い情報発信する生活をしています。
 
 それに伴い「和順庭」と名づけた庭も徳島県へ引っ越しました。



※寄付のお願い
■郵便局からの振込みの場合
口座 ゆうちょ銀行
記号 10000 番号 88352491

■銀行からの振込みの場合
口座 ゆうちょ銀行
店番 008 普通預金
口座番号 8835249
口座名 服部 和枝

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR