スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小沢氏捜査の台本は、田中角栄氏失脚のロッキード事件

 小沢一郎氏秘書逮捕の裁判について、東京地裁は石川議員を脅した録音記録を証拠として採用し、また大久保元秘書の「調書」は前田元検事が作成しており、検察側が取り下げた。地検特捜部の敗北は明らかであり、マスコミや検察の捏造、報道についても明らかになっていくことだろうと思われるが、この西松・陸山会事件とロッキード事件がそっくりであったと「雑感」ブログが指摘している。

特捜部がロッキード事件で田中角栄氏を失脚させたように、台本を書き、そのストーリー通りに小沢氏を失脚させようとしたということが、このことからわかった。田中角栄氏は有罪判決を受けながら裁判半ばで亡くなったが、今では無罪であったことがはっきりしている。この田中角栄氏同様に小沢氏を失脚させようとしたのだが、角栄氏と違ってネットの普及している時代。しかける側の特捜部の捏造調書など特捜部のみならず司法の腐敗まで明らかになりつつある。

「西松事件・陸山会事件は、マスコミと官邸(自民時代・民主時代共)と検察官僚そして裁判所による小沢氏の力を殺ぎ政治生命を抹殺しようとするために作られた捏造事件であり冤罪なのである。マスコミと官邸(自民時代・民主時代共)と検察官僚そして裁判所が起こした犯罪なのである。」 と「雑感」ブログは結論づけている。このことについて見ていきたい。


雑感
日々思うこと

http://udonenogure.iza.ne.jp/blog/entry/2123513/
事件のひな型&記事のひな型

 
 今から28年前、つまり西暦1983年、昭和でいうと58年に刊行された”田中角栄の読み方”(高野孟著)という本がある。

その中の文章を引用しもって登場人物・場所を入れ替えてみた。

そしたら、今回の西松・陸山会事件とロッキード事件があまりにもそっくりなので驚くやらあきれるやらで。 検察には、はじめから事件のひな形が存在をしていて、それにあわせて登場人物を配置して捜査・起訴を繰り返してきたのではないだろうかと思えてならない。

 普通、ワイロの受け渡しというのは、絶対に第三者の目に触れないところでやる。丸紅(水谷)なら丸紅(水谷)の応接室とか、伊藤(水谷元会長)の自宅とか田中邸(小沢邸)の奥座敷とか、あるいは料亭で芸者を呼び入れる前にとか相場は決まっている。

そうゆうときには、芸者はもちろん腹心の者やお茶汲みの事務員すら遠ざけて、受け渡しの瞬間だけは人に見られないようにするのが、ごく初歩的な政界の”常識”なのである。

それなのに、なんだって白昼堂々、人通りも決して少なくないイギリス大使館裏の路上(都内のホテルの喫茶店)で、大きなダンボール箱(大きな紙袋)を車から車へ移しかえ(喫茶店で手渡)なければいけないのか。もし田中邸(小沢邸)へ運び込んで目立つというなら、多摩川でも越えたあたりの連れ込み旅館でやるとか、やりようはある。伊藤(水谷元会長)も榎本(大久保・石川)も、無名の人というわけではないし、第一両方の運転手(喫茶店にいるお客)がモロに目撃者になる。

金権政治も極に達していて、一億円やそこら、どこでどうしようと・・・・というくらい、政財界の金銭感覚がマヒしていたからだという説明もありうるが、それならなおさら、テレビ映画じゃあるまいし、路上や電話ボックスの前やホテルの駐車場(ホテルの喫茶店)なんて”絵”になりそうなところばかり使うのか。まったくもって不可解なのである。

もし田中側が言うようにこれがフィクションであるとすれば、検察がいきなりこんなディテールまで描くわけはないから、丸紅(水谷建設)の伊藤(水谷元会長)に何らか目的でそういうプロットを仕立てなければならない事情があったということになるが、それにしては供述が具体すぎる。

反面では、調書段階でキレイに伊藤(検面調書)に足並みが揃っていた榎本(大久保)や松岡(西松建設元総務部長)の供述が、裁判では全面否定に近いかたちに引っくりかえっている。笠原の自殺まで含めて、田中側(小沢側)が強烈なプレッシャーをかけたからだというのが検察側がにおわせている見解。かたや田中側(小沢側)は、検察側が無理やりプロットにハメ込もうとして脅迫まがいのことまでやって調書を作り上げた、その心労に耐えかねて笠原も死を選んだのだと主張している。

笠原氏の自殺をのぞいては、ほぼ全文名前を入れ替えるだけで今回の西松・陸山会事件が出来てしまう。今回は、ご丁寧に高野氏の文章を補完するような記事も新聞では流されいるから二度驚いてしまった。

探したらまだ、あるだろうとは思うが。とりあえず毎日新聞と夕刊フジの記事を引用してみたい。

毎日新聞 2010年2月4日 15時0分
大久保秘書も特捜部http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E7%2589%25B9%25E6%258D%259C/の調べに元幹部らと面識があることを認め、「向島の料亭で2回接待を受けた」と供述したとされる。

水谷建設元幹部らは「04年10月に都内のホテルで石川議員に5000万円を渡し、05年4月には大久保秘書に5000万円を渡した。国発注の胆沢(いさわ)ダム(岩手県奥州市)下請け工事の受注謝礼だった」と供述。これに対し石川議員、大久保秘書とも現金授受は否定している。

夕刊フジ
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20100126/dms1001261629012-n2.htm
「最強の捜査機関」による執念の捜査の一端が明らかになった。

東京地検特捜部http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E6%259D%25B1%25E4%25BA%25AC%25E5%259C%25B0%25E6%25A4%259C%25E7%2589%25B9%25E6%258D%259C%25E9%2583%25A8/が外堀を埋めつつある。民主党http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E6%25B0%2591%25E4%25B8%25BB%25E5%2585%259A/の小沢一郎http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E5%25B0%258F%25E6%25B2%25A2%25E4%25B8%2580%25E9%2583%258E/幹事長の資金管理団体「陸山会」の 土地購入をめぐる事件で、公設秘書の大久保隆規容疑者(48)が、 中堅ゼネコン「水谷建設」側から料亭接待を受けた証拠写真が存在し、 これを押収したという。(中略)

しかし特捜部は、元幹部らの供述の信用性は高いとして、04年10月の5000万円が陸山会による同時期の土地購入(代金約3億5200万円)の原資の一部になったとみている。

ワイロを渡すのなら料亭で云々という高野氏過去の記事に反応をしたわけではあるまいが、ワザワザ「水谷建設」側から料亭接待を受けた証拠写真が出てきて、それを押収したとの記事。

だからどうしたの?・・・という程度のレベルの話でしかないし、何よりも大久保元秘書はこの件に関してはなにも語っていないのに一方的に検察のリーク情報を流し具体的な数字(2回)を出し、さもそれが事実のように報道をしていたマスコミの過去記事の醜悪さには恐れいる。朝日新聞は複数回と書いているのだが、心象記事による”悪”とのイメージの植え付けを行っているようなものである。

同様に毎日新聞も記事タイトルには「陸山会事件:大久保秘書、接待認める…水谷建設から複数回」と書かれているのだが記事の中では二回と書かれていて、これもこれも読者の年齢層が上がると複数回の概念が多くなることを加味しての記事であろう。

これくらい、ロッキード事件http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%25AD%25E3%2583%2583%25E3%2582%25AD%25E3%2583%25BC%25E3%2583%2589%25E4%25BA%258B%25E4%25BB%25B6/をなぞったような事件の記事を書き続けるマスコミが問題だとかどうとか今更言うつもりもないし、相手にする心算もないが、読者側が少し記事の内容とか事件の内容を冷静に読み直したら”こりゃ、おかしい”と思うのが当然であろう。読者がそのことに気が付いていることにさえ気が付かない既存のマスメディアの存在・・・これは果たしていかがなものであろうか。

石川氏のICレコーダーの録音を証拠採用され、大久保氏への取調べ調書も取り下げてしまったのなら、これから検察・検察審査会http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E6%25A4%259C%25E5%25AF%259F%25E5%25AF%25A9%25E6%259F%25BB%25E4%25BC%259A/が出来る事といったら、小沢氏を起訴をして、裁判を引き伸ばすことしかなくなるのである。

もっとも、これから既存のマスメディアは、小沢氏が無罪判決が出る直前まで”小沢はクロ”のイメージ報道を延々と続けるだろう。同時に無罪が出ても誰も責任を負う人間はいないだろうし、その時には蜘蛛の子を散らすようにその場から立ち去るであろう。

しかし、昨今はどこの誰がどのような発言をしたのかが一般の人間の手元にも残るようになり、ロッキード事件のように「ノド元過ぎたら熱さ忘れ」という状態に決してしてはならない。

なぜなら、西松事件・陸山会事件は、マスコミと官邸(自民時代・民主時代共)と検察官僚そして裁判所による小沢氏の力を殺ぎ政治生命を抹殺しようとするために作られた捏造事件であり冤罪なのである。マスコミと官邸(自民時代・民主時代共)と検察官僚そして裁判所が起こした犯罪なのである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

和枝

Author:和枝
 高校教師をやめ、ガーデニングのブログを書くうちに、気づいた小沢問題の陰に潜むマスコミや検察の腐敗をブロガーたちと追究し、小沢一郎氏の無罪判決を得ることができました。

「和順庭の四季おりおり」と題したブログの時から御支持いただいた真実を追究する仲間や冤罪被害者の皆様に支えられ、市民メディア「ツイートテレビ」を立ち上げ、私も生まれ育った東京を離れ、「生活の党と山本太郎と仲間たち」に習い、心機一転、主人の郷里・徳島にてエネルギッシュで常に現実に向き合い情報発信する生活をしています。
 
 それに伴い「和順庭」と名づけた庭も徳島県へ引っ越しました。



※寄付のお願い
■郵便局からの振込みの場合
口座 ゆうちょ銀行
記号 10000 番号 88352491

■銀行からの振込みの場合
口座 ゆうちょ銀行
店番 008 普通預金
口座番号 8835249
口座名 服部 和枝

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。