小沢一郎氏とフリージャーナリストとの記者会見 すべて

 
 ニコニコ動画での「小沢一郎氏とフリージャーナリストとの記者会見」が、上杉隆氏の司会で行われた。私達は、テレビや新聞というメディアが、記者クラブを通しての情報や切り貼りして都合のいいように編集した情報しか与えられず、真実の情報を得たいと常々思っていた。このような記者クラブから締め出されたフリーのジャーナリストを中心とした人たちが、国民に情報を生で発信し、正しく受け止められるということは、とてもよいことだと思う。大衆誘導されるのではなく、与えられた情報を判断するのは、国民ひとりひとりであるということだ。そのような機会が私達に与えられたということは、画期的なことだと思う。

政治家を選ぶのは私達だが、正しい情報が与えられなければ、判断のしようがない。今のマスコミに対して、私達は厳しく「NO!」をつきつける時代がくることだろう。インターネットテレビなどの普及により、これからさらにこのような傾向になっていくだろうと思われた。直接情報を得て、市民が本当の意味で日本の政治をつくりだしていく時代がくれば、日本も世界も大きく変わっていくことだろう。平和な地球も訪れるかもしれない。 

小沢氏の動画をまとめた。聞いていて思うことは、「小沢一郎」という政治家は日本の政治も世界のこれからの動きについても熟知しており、高い見識をもった政治家だということだ。低迷する日本の国にとって、絶対に必要な政治家だということだ。

 小沢氏の言っていることを聞いてもらいたい。

特に「その2」の動画で、『今の菅政権は、アメリカからの働きかけで変わったのではなく、菅さんが思ってやっているのだろうが、本来の民主党の初心を忘れずに、謙虚に勇敢に国民との約束を実現する姿勢を持たなければならない。政治行政は、国民全体の生活と安定・平和を考えた場合には、好き勝手にやればよいというのではなく、弱い者も強い者も憲法でいうところの健康で文化的な安定した生活が営めなければならない。

その上での近代的な考え方、憲法精神にのっとった自由競争、自由主義でなければならない。小泉的改革なるものが、規制の撤廃だけ一方的に推し進め、格差社会というゆがんだ社会をつくりだしてしまった。自由競争も野放しにすれば弱肉強食で、政治の立場としては大部分の多くの人が安定して生活できるという状況をきちんとつくっていくということ、それができてはじめて「あとは自分でやんなさい」というのが近代自由主義だ。』という趣旨のことが述べられている。

記者クラブ制度を始めとした今の報道のあり方については、その3で「現行では意味がない」と述べている。記者室・報道に携わる者すべてにオープンにすべきで、フリーの記者を入れない閉鎖的な現状ではフェアな競争はのぞめない。フェアに公平・公正にすべきだ。

また、議会制民主主義については、その4で、政治は国民みんなのためにあり、物事を決めるときはみんなで話して最終的には多数決で決めるが、大人数では代表を選び物事を決定せざるを得ない。政党政治とは、みんなで意見を交わして決めていくことで、国民みんなで話し合って決めていくことが、大事であり、根本である。日本は習慣・発想が成熟していない。中央が主導して決めてしまい、みんなが意見を言って決めるという習慣が定着していない。

イギリスでのイラク戦争についてブレア首相が証人喚問されたりしているが、日本がイラク戦争に賛成したことについては、国際社会の合意を得ないで軍事力を提供していることについて間違っているとはっきり述べている。また、北朝鮮問題については、当分このままで、中国の動向しだいと見ている。中国の了解なしには北朝鮮は戦争は始められないのが実情だということだ。

その5では、議会制民主主義の前提として、国民が判断情報が得られるということが大事となってくるが、日本においては機能しているかどうかということについて述べている。日本はあらゆる分野で、フリー・フェア・オープンな社会にならないと情報が開示されない。社会そのものをオープンな社会にしなければならない。そのためには、国民自身が情報を欲しいとならないとだめで、情報を咀嚼して考えて判断する能力が身につかないと意味がない。

国民の側が成長して、官庁も民間も情報を出せというようにならないとオープン化しない。主権者である国民しだい。国民と同じレベルの政治家しか出ない。国民が自覚して賢明になる。

経済では、デフレ脱却するには天下り前面禁止することで、ただし「役人も食ってかなくちゃならない」ので身分保障もしなければならない。景気は、金融政策で解決する道はせばまっている。財政出動と個人消費を高める手だてを考える。国民は、年金も社会保障も先行き不安な現状。そのためには、将来の見通しを国民にわからせる政治を行うことだ。富の配分を一般の人にもう少し手厚く配分し、個人消費を伸ばし、必要な財政出動をする。国債に頼らず、活用する効果的な財政出動を。

「政策の小沢」といわれているように、日本のこれからの政治についてとても有意義な話だった。また聞きたいと思った。

その1


その2


その3


その4


その5


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

和枝

Author:和枝
 高校教師をやめ、ガーデニングのブログを書くうちに、気づいた小沢問題の陰に潜むマスコミや検察の腐敗をブロガーたちと追究し、小沢一郎氏の無罪判決を得ることができました。

「和順庭の四季おりおり」と題したブログの時から御支持いただいた真実を追究する仲間や冤罪被害者の皆様に支えられ、市民メディア「ツイートテレビ」を立ち上げ、私も生まれ育った東京を離れ、「生活の党と山本太郎と仲間たち」に習い、心機一転、主人の郷里・徳島にてエネルギッシュで常に現実に向き合い情報発信する生活をしています。
 
 それに伴い「和順庭」と名づけた庭も徳島県へ引っ越しました。



※寄付のお願い
■郵便局からの振込みの場合
口座 ゆうちょ銀行
記号 10000 番号 88352491

■銀行からの振込みの場合
口座 ゆうちょ銀行
店番 008 普通預金
口座番号 8835249
口座名 服部 和枝

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR