スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月20日(日)デモ案内

 2月20日(日)には、二つのデモが予定されています。ここにあげたアメリカ大使館への「高江にヘリパッドを造らせるな! 沖縄に基地はいらない!~アメリカ大使館デモ~」と、「緊急シンポジウム&デモのお知らせ」 のシンポジウム後のデモです。
http://kennryoku-teikou-kok.cocolog-nifty.com/blog/2011/02/post-1d03.html
(このデモについては、時間の変更があったようなので、確認したほうがいいと思います。)

何で二箇所でやるのか?両方参加できるならば参加しようと思ったのですが、無理なようなので、三井環さんの講演はすでに聞いており、今回はアメリカ大使館デモに参加することにします。

 戦争を世界中で引き起こしていくことがアメリカの利益につながるために、世界各地で戦争の火種をばらまき、はてはその戦争や戦争参加に対してオープンに議論し政治主導に切り替えようとする日本の民主化に対しても政治弾圧を加え、今や最終段階の貿易協定もアメリカの了解なくては議論もできなくされ、日本の農業をアメリカのために壊滅させるTPPを押しつけてきています。
 これらの反対表明をどこへ向けて発信するかを考えたとき、この時期にアメリカに対してデモを行うことは、効果のあることと思いました。

http://www.youtube.com/watch?v=BMVTPulR2Tw&feature=player_embedded



デモもですが、参加されている方のお話をお聞きできれば、沖縄の人の心にもふれることができるのではと思っています。

メディアを通しての沖縄の思いではなく、直接、話を伺ってみたいと考えています。
 なお今回は、USTREAMの阿修羅ちゃんねるでデモのライブ配信をしてくれるそうです。

http://www.ustream.tv/channel/asyura1

今までマスコミ・検察に対して全国で10回以上行われた市民デモも含めて、この市民デモUSTサブサイトで見られます。

http://nvc.halsnet.com/jhattori/rakusen/demo/index.htm





===================================


http://d.hatena.ne.jp/hansentoteikounofesta09/20110217/1297899537

2011-02-14
2/20 高江にヘリパッドを造らせるな! 沖縄に基地はいらない!~アメリカ大使館デモ~
2/20高江基地反対デモへの連続アクション


2月20日(日)アメ大デモ(告知は以下)の申請を、2月5日に行い、アメリカ大使館のまん前を通るコースの申請を警視庁警備部警備連絡係に受理させました。アメリカ大使館のまん前を歩く届けを出したデモ行進という形態では、おそらく1996年11月2日に行われた"日米合同軍事演習反対"を訴えるデモ以来、実に15年ぶりの事になると思われます。

例によって…と言うべきか警視庁・東京都公安委員会は私たちの申請したコースを捻じ曲げてアメリカ大使館から大きく迂回させるコースを強制したうえで"許可"する可能性も否めません。その際には、私たちは法的手段を駆使して対抗措置を講じる準備をすすめています。


そして、当然の民主主義と表現の権利の行使として、アメリカ大使館ひいてはアメリカ政府に直接私たちの声をぶつけましょう。


ご注目ください!

__________

「高江にヘリパッドを造らせるな! 沖縄に基地はいらない!~アメリカ大使館デモ~」

2月20日(日) 13時半~トーク&アピール 15時~デモ出発 ともにJR新橋駅前SL広場にて

デモコース:JR新橋駅前SL広場~外堀通り~アメリカ大使館前~虎ノ門JTビル前ゴール(予定)

呼びかけ:沖縄を踏みにじるな!緊急アクション実行委員会(新宿ど真ん中デモ)

協力:辺野古への基地建設を許さない実行委員会、ゆんたく高江

連絡先:no.base.okinawa@gmail.com  090-5344-8373(茂木。19~22時の間でお願いします)  ブログ:http://d.hatena.ne.jp/hansentoteikounofesta09/ twitter:http://twitter.com/domannakademo

沖縄県北東部の東村・高江地区で住民の座り込みによって食い止められていた米軍ヘリパッド建設工事が、昨年12月22日に再開されました。今年に入っても急ピッチで進行中であり、住民は24時間体制で監視・抗議行動をおこなっています。

昨年12月の米軍ヘリによるテント損壊事件の真相は究明されていません。更に沖縄防衛局長がこの事件の調査のために高江に来訪する直前に作業が強行されました。高江はヤンバルクイナやノグチゲラなど絶滅が心配される希少な生き物がたくさん住む豊かな森です。そこにヘリパッド(ヘリの離発着場)が新たに建設され、事故の多さで有名なアフガニスタンでも侵略戦争に使われている軍用ヘリ「オスプレイ」が配備されようとしています。こんなことは許されない!

私たちは昨年末からの工事強行に抗議し、日本各地、アメリカ、韓国などから集まった計140通もの抗議申し入れ書をアメリカ大使館に渡しました。しかし大使館が受け取りを拒否したり、大使館の意を汲んだ日本の警察が道を封鎖するひどい妨害を続けました。東京でも民意が踏みにじられたのです。大使館前は誰でも通れる公道です。1月の抗議申し入れに続き、今度はより大勢で集まり、声を伝えましょう!

日本政府と防衛省、その意をくんだ沖縄防衛局も何が何でもと工事を強行しています。国が自ら住民を訴えた裁判の日だった1月26日、何と座り込みの住民が法廷に出かけたスキをねらって工事強行しました。ありえない卑怯さ、最低さ! そして防衛大臣や外務大臣が今まで無かったほど次々東京から沖縄入りし、県民や知事に「基地を作るぞ!」とドーカツを繰り返しています。彼らを止めることも東京からやれることです。

高江の住民は全国からいっせいに声をあげることを求めています。名護市辺野古でも、沖縄の多くの人々が反対している米軍普天間基地の県内移設に向けた準備が進められています。阻止の座り込みは2400日を超えました。人殺しのための米軍基地、住民の生活と豊かな森を壊すヘリパッドはいらない。沖縄への基地押しつけを今こそ終わらせよう。

人殺しの戦争に協力したくないすべての人は集まろう。みんなで直接アメリカに抗議しよう!


高江はどんな所か、米軍基地とヘリパッドの問題、住民を訴える国のひどさ…

問題の詳細は、住民ブログ「やんばる東村 高江の現状」:http://takae.ti-da.net/ 「ゆんたく高江」:http://helipad-verybad.org/

日本語・英語の解説:http://d.hatena.ne.jp/hansentoteikounofesta09/20110110

朝鮮語:http://nobasestorieskorea.blogspot.com/2011/01/petition-fwd-please-join-action-for.html

★デモの際、アメリカ大使館に申し入れ書を渡します。みなさんの声をぜひ紙で持参してください。当日来られない方はメールでお送りください。全国・全世界から、ぜひ。

1. 宛先:no.base.okinawa@gmail.com

2. 以下の点をご記入ください。

・氏名(個人の場合)または団体名(団体・組織の場合)、地域

・申し入れ文(短い一言でも、長い文章でも、ご自由に。和文・英文どちらも可です)

・ブログへの公表(可/不可)

3. 締め切り:2011年2月18日(金)

★抗議文+ワンプッシュactionお願いします!

Blogやtwitterで知らせる他に、沖縄防衛局、防衛省、日本政府への抗議電話をぜひ!これは工事阻止に確実に有効で、誰でも空き時間にできます。

沖縄防衛局TEL:098-921-8131 防衛省:TEL03-5366-311 内閣官房:TEL03-5253-2111

★国際連帯の呼びかけ:http://d.hatena.ne.jp/hansentoteikounofesta09/20110127

http://twitter.com/#!/domannakademo/status/30648440010571779

An Open Call: Stop the Violent Construction of Military Helipad! What the U.S. Marine Corps and Japanese Officials Are Doing in Takae, Okinawa

私たちはアメリカの議会や世論に対して、各国のアメリカ大使館や日本大使館に対して、2月20日の東京デモとの連携など、世界各地の人々へ行動を呼びかけます。1月10日のアメリカ大使館抗議では、英文の呼びかけを見た各国から申し入れ文がたくさん集結! 全てアメリカ大使館に渡しました。だけど日米政府も沖縄防衛局も止まりません。そこで上記の英文をみなさまのアメリカ国内や世界各地の友人知人に広めて下さい。英語のネットコミュニティにも転載してください。

より広く積極的につながり、行動し、戦争と軍事基地を終わらせましょう。

Permalink | コメント(0) | トラックバック(0) | 00:40

2月20日アメリカ大使館へのみなさんから届いた申し入れ文の一部です
2/20高江基地反対デモへの連続アクション

2月20日アメリカ大使館へのみなさんから届いた申し入れ文の一部です

=========================

米国は沖縄への暴虐をヤメロ!!

=========================

やんばるの森

美しい森

自然豊かな森

森は多くのいのちを育んでくれます。

昆虫や鳥や蛙や小さな動物も大きな動物も

そして、私たち人間の暮らしも支えてくれています。

森は私たちのお母さん

どうか森を守ってください

高江にヘリパッドを造らないでください

戦争につながる基地をこれ以上造るのはやめましょう

平和につながる、豊かな森を守りましょう

今の私たちの暮らしのために

すべての生命のために

未来の生命のために

去年の夏

やんばるの森を沢を歩いた時

とても気持ちがよかった。。。

心がほっとやすらいだ。。。

あの森が壊されませんように

いつまでもあのまま残されますように

=========================

私は戦争がいやです。

もっとほかの解決方法があると思うし

それは日本の務めだと思います。

日本にしかできないことがあるのに

普通の国になってしまうのはもったいないです。

戦争の準備、するのはやめてほしいです。

するならちゃんと手続きとか踏むべきです。

高江をはじめ、沖縄に基地を負担させるのはもうやめたいです。

作るなら東京に。

神奈川県 

=========================

(広島市)

沖縄・高江にヘリパッドを建設することに反対します!

沖縄の土地は沖縄の住民のものです。

沖縄は米国の所有物ではありません。

米国の基地を日本・沖縄に押し付ける行為は、不当行為そのものであり不正義です。

今、国際社会は、「生物多様性、生態系の保存」こそが地球環境を保全するための最優先課題であると認識し、そのために行動しています。

沖縄・高江は、豊かな生態系を維持している地域であり、このような地域を基地建設で破壊する行為は「米国の環境関連法」でも禁止されています。

米国は、速やかに、沖縄の土地(米軍基地で専有されている)を、本来の所有者である沖縄の住民に返還すべきです。

高江にヘリパッドを建設することは止めるべきです。

米軍基地の撤去と高江のヘリパッド建設撤回を求めて、米国大統領に強く要請し、住民を無視する態度に強く抗議します。

あわせて、米国政府に従属し日本国民・住民の立場を無視し米軍基地建設を強行する日本政府に抗議します。


=========================

・ 申し入れ文 自然と希望の島、沖縄に基地はいらない!

=========================

申し入れ文:

「高江にヘリパッドはいりません。沖縄のどこにも、日本のどこにもいりません。

私たちには『孫の世代を戦争のない平和な世界として残す』義務があります。

アメリカの戦争にまきこまないでください。アメリカは日本から撤退してください。

もちろんアメリカも世界中も平和であることを望みます。」

=========================

アメリカのやり口はほんとにひどいですよね。人の家に来て好き放題。

思いやり予算はもらえるだけもらおうとするは、沖縄(沖縄だけではないけど

日本中で)では何をやってもいいと思ってしるは。

アフガンあたりではひどい殺戮をするは。

人の土地と金を使うのは少しは遠慮というものをするもんだよ。

さっさと自分に国に帰っておくれ。


=========================

海外からの申し入れ文です

=========================

We call upon the U.S. and Japanese governments to immediately stop

occupying and using Okinawan land for military purposes. No helipads,

no new bases, no moving of current bases! This endangers the lives of

everyone on the Islands. Return the land to the Okinawan people! ---

Liz

=========================

I am one of the workers who have fretted one's gizzard in the history of the hardship lasting for 65 years in Okinawan's postwar days.

It becomes the stage of the only ground battle in Japan, and people in Okinawa to which life under the base has been pressed after the war cannot be deserted as it is.

I remember strong resentment for the Japanese national administration prefecture that is subordinate to the United States at the same time as strongly protesting against the Afghan people slaughter by an American nation.

I want to do all things even that the security treaty abandonments and can be the base removals.

=========================

Dear President, Ambasssador, and citizens of the U.S.

Okinawa is not a military base.

We want you to look at Okinawa-Takae with your naked eyes, and listen to

our voices.

We don't want any military facility, and there is no need ofit.

For the U.S. being the most powerful and influential state in the world, you

have a big responsibility to come up to an alternative solution for

peace making & peace keeping which should be no-military and no violent

way.

Again, there is no need of military facility and military solution for

peace making & peace keeping because they only create another violence.

=========================

I am an Italian woman.

I love your beautiful country. This summer, I was in Takada, Niigata-ken as a social volunteer.

I want and feel the urge to keep peace and beauty all over our planet and I read your "Open Call" on this link on the web:

I wish you all the best with all my heart!

がんばってくださいね。

Italy

=========================

I tried to open the links to Okinawa matters, which are all in Japanese and

even if I don't understand a single word of it, the photos indicate that

the situation in Takae is so bad. I feel a sense of rage and helplessness

but I hold with so much respect and admiration for our friends

who continue to courageously resist despite the insurmountable difficulties they face.

Corazon, Fillipines

Permalink | コメント(0) | トラックバック(0) | 00:37



2011年1月26日 18時33分

裁判中に工事、高江住民ら怒り
東村高江区のアメリカ軍ヘリパッド建設問題で、建設に反対する住民らを国が通行妨害で訴えた裁判の口頭弁論が、1月26日、那覇地裁でありましたが、住民や支援者が那覇地裁にいる間に、国は高江区で工事を強行し、住民が強く批判しています。

那覇地裁では1月26日午前11時から、ヘリパッド建設に反対する高江区の住民2人が国に訴えられている裁判の口頭弁論が予定されていました。その前に開かれた集会には支援する人たちおよそ30人が高江区などから駆け付け、「国が住民を弾圧する行為は許さない」などと声をあげました。

ところが、それとほぼ同じころ、反対住民の多くが出払っていた高江区のヘリパッド建設現場には、沖縄防衛局の職員や作業員などおよそ30人が到着。工事用道路の砂利の搬入などを始めました。

現場にいた沖縄平和運動センターの山城博治事務局長は、「作業員・(沖縄防衛)局職員で押しかけて、今、砂利袋を入れて、ブル(トーザー)で道を広げて、そこに砂利を敷いてユンボで手入れするという作業をしていますね。裁判所が勧告することを無視して工事の強行に入るということについての憤り、私たちは腹のそこから怒りをおぼえています」と批判しました。

工事は現場に残っていた住民たちの抗議を受け、1時間あまりで終了したということですが、この一報が那覇で裁判を傍聴していた住民たちの耳に入ると法廷内が一時騒然となりました。

裁判の終了後には、住民たちが国の担当者に対して抗議する場面も見られました。伊佐真次さんは「彼ら本当に人がいない隙を狙ってきて、ぱっと終わらしてさっと帰っていくというような方法がずっと続いています。

本当にこういうやり方は許したらいかん」と怒りを表し、安次嶺現達さんは「裁判をしながら片方では工事を進めること自体が許せないと思いますけど。今すぐにでも飛んでいきたいですけども」と国の姿勢を批判しました。

高江ヘリパッド建築現場 建築資材頭ごしに (2011年2月14日)
東村 高江 ヘリパッド建設予定地きょうも騒然 (2011年2月8日)
沖縄防衛局 高江に大量の作業員を投入 (2011年2月7日)
東村・高江ヘリパッド建設 防衛局と住民もみ合い (2011年2月3日)
高江ヘリパッド移設工事 沖縄防衛局と住民もみ合い (2011年2月1日)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

和枝

Author:和枝
 高校教師をやめ、ガーデニングのブログを書くうちに、気づいた小沢問題の陰に潜むマスコミや検察の腐敗をブロガーたちと追究し、小沢一郎氏の無罪判決を得ることができました。

「和順庭の四季おりおり」と題したブログの時から御支持いただいた真実を追究する仲間や冤罪被害者の皆様に支えられ、市民メディア「ツイートテレビ」を立ち上げ、私も生まれ育った東京を離れ、「生活の党と山本太郎と仲間たち」に習い、心機一転、主人の郷里・徳島にてエネルギッシュで常に現実に向き合い情報発信する生活をしています。
 
 それに伴い「和順庭」と名づけた庭も徳島県へ引っ越しました。



※寄付のお願い
■郵便局からの振込みの場合
口座 ゆうちょ銀行
記号 10000 番号 88352491

■銀行からの振込みの場合
口座 ゆうちょ銀行
店番 008 普通預金
口座番号 8835249
口座名 服部 和枝

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。