スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北・関東大震災原発放射能被害について

 原発3号機への放水による冷却が続けられているが、3号機・4号機への外部電源による復旧作業によって、冷却機能が回復するかどうかが、今後の放射能流出を防げるかどうかの鍵を握っているとみることができる。また、1・2・5・6機についても余談を許さない状況だと言われている。

このまま放水が続けれられなくなり、爆発という事態になれば、原発から300キロメートル(静岡県ぐらいまでか?風向きにもよるが)は、放射能飛散による自宅退避となるだろう。

放射能の飛散は、爆発時にこれら地域に大量に飛散することを見越して、すでに被災地だけでなく東京からもこの連休一時避難する人もかなりいる。

爆発が避けられるかどうかが、日本国民を放射能被害から守られるかどうかにつながる。だから、必死の作業が続けられているのだ。なぜ、もっと初期段階から東電だけに任せず、自衛隊・警察・消防などによる今にような取り組みができなかったのかということは悔やまれるが、このぎりぎりの時期になっての放射能の中での懸命の作業に祈るしかないであろう。

東京だと爆発から20時間で放射能が飛来すると言われている。この時期からは、これらの場所では自宅退避となる。窓を閉め、換気扇使用などによって外気が入らないようにし、洗濯物は室内干しとする。

どのように情報を判断して行動するかは、その人自身にかかっている。

テレビ・新聞だけでなく、あらゆる情報から自分で判断しなければならない。

放射能は、見えなく匂いもなく、体内に取り込まれてすぐに発症しないから厄介だ。できるだけ肌を露出せず、マスクなどをぬらすなどの工夫もしなければならない。

神経質と言われるぐらいでも、後で後悔することのないよう、特に汚染されやすい胎児・子供については配慮すべだろう。

アメリカでは、日本からの入国者については放射能検査を実施しているという。日本は放射能まみれと受け止められているのかもしれない。さいたまアリーナでの受け入れも放射能汚染による体の洗浄してからの受け入れという。

爆発を回避できるかどうかに今後がかかっているが、どのようになろうとも対処できるような行動を今から考えておかなければならないだろう。


________________________________
Market Hack
トレードは僕らのライフスタイル
2011年03月19日04:30 放射能汚染 
http://markethack.net/archives/51707837.html
たぶんこれが今公表されたデータの中で最も信頼性が高いニューヨーク・タイムズは「ここぞ」という時には日本のメディアよりずっと頼り甲斐があります。
これは18日に掲載された記事の抜粋です:

米国政府は福島発電所の放射能漏れの状況を把握するため、普段は北朝鮮の核爆弾の開発を監視しているドローン(無人飛行機)、「グローバル・ホーク」を日本政府の要請に従って福島発電所上空に飛ばした。

(上の写真はNYタイムズではありません)

米国NRCは被曝可能性(原文では「potential」)として:


(出典:NYタイムズ)

半径0.5マイル(*)以内: 5400rems =数週間以内に死亡する量
半径1.0マイル以内: 1500rems =数週間以内に死亡する量
半径1.5マイル以内: 670rems =2ヶ月以内に死亡する可能性が懸念される量
半径2.0マイル以内: 390rems =2ヶ月以内に死亡する可能性が懸念される量
半径3.0マイル以内: 180rems =口や喉から出血
半径5.0マイル以内: 75rems =吐き気、めまい、頭髪が抜ける
半径7.0マイル以内: 40rems =血中の化学物質に変化をきたす
半径10.0マイル以内: 14rems =同上
半径15.0マイル以内: 15rems =同上
半径20.0マイル以内: 13rems =同上
半径30.0マイル以内: 11rems =同上
半径40.0マイル以内: 10rems =同上
半径50.0マイル以内: 10rems =同上

という見解を示している。


(*)1マイルは約1.6キロです。

【追記】
なお最初の原稿では被曝という文字が間違っているというご指摘を受けましたので直しておきました。ご指摘ありがとうございます。

それから元記事では「グローバル・ホーク」のミッションと記事に添えられていたNRCの見解(上の地図)との関係は不明瞭でした。

なお上のニューヨーク・タイムズの地図は随時アップデートされているような印象を受けます。(毎日、データが詳しくなってゆくので、、、)

それからTanakaさんからpotentialという表現に気をつけるべきだというご指摘を受けました。その通りだと思います。太字にしておきました。またエクスポージャーの時間が明記されていないというのもその通りですね。
_________________________________


めざまし政治ブログ(旧落選運動ブログ)

rakusen.exblog.jp
福島原発事故に対するネット市民としての私の対応~「田舎へ帰ろう!」. 現在、東京もしくはその近辺に生活していて、田舎が静岡以西にある人たちは、「家族そろって田舎へ帰って、墓参りでも」と言う気持ちで帰ってはどうか、と思います。
 
生活のために働き手が東京へ戻らざるを得ない場合は、当人は東京に戻るとしても、
奥さん、子供たち、動きのとりにくいお年寄りの人たちはそのまましばらく残ってもらえばいいでしょう。

ちょっと贅沢なリスク回避かもしれません。
実際、お金のゆとりのある人たちは、既にそうしている、
と言うことは、今までのビデオでもわかります。
http://www.ustream.tv/recorded/13359218

 また被爆と健康被害の関連は下記のビデオで。
http://www.ustream.tv/recorded/13350711
 なお、国会議員会館内で行われた
「福島原発の現状と、今後予想される危険~後藤政志さん」
(NPO 原子力資料情報室)のビデオを
http://www.youtube.com/user/JunjiHattori
----------------------------------------
NPO 原子力資料情報室の情報に注目!
サイトは
http://www.cnic.jp/
記者会見の中継やその様子の動画などのライブラリは
http://www.ustream.tv/channel/cnic-news特に東京から避難した方がいい、と崎山さんが答えた動画

(消された?ちょっとセンセーショナルだもんな(^_^;))
http://www.ustream.tv/recorded/13354269

 ラジオ・テレビで有名な上杉隆さんのツイッター(鳩山元首相の秘書だった)
http://twitter.com/#!/uesugitakashi
岩上さんのツイッター(市民の立場で情報発信)
http://twitter.com/#!/iwakamiyasumi
フォト・ジャーナリスト広河隆一の現場からの「声」
http://daysjapanblog.seesaa.net/

フォトジャーナリスト森住卓のブログ
http://mphoto.sblo.jp/

 フリーの田中龍作さんのブログ
http://tanakaryusaku.seesaa.net/
ネット・オピニオンリーダー的立場にある植草一秀氏の『知られざる真実』

http://uekusak.cocolog-nifty.com/
 「菅直人政権、NHK、民放の電波マスゴミは、福島原発事故に関連する最重要情報を操作して報道している。真実の情報を隠蔽し、放射能被害を真実より軽微なものとして報告している。」とし、「市民はインターネットから正しい情報を入手しないと手遅れになる。放射線被爆量は時間と比例して増大するので、1秒でも早く行動することが被害を最小化させる方策になる。原発から100キロ以内、200キロ以内に居住する住民は、直ちに安全地帯への避難を行うべきである。」と結論づけています。


もう一人の私と同様、ちょっと大げさに騒ぎすぎと
言われる所もあるかもしれないけど(^_^;)
副島隆彦氏の 『副島隆彦の学問道場』の「福島第一原発でメルトダウン(炉心溶解)が起きました」
http://www.snsi.jp/tops/kouhou/1483 
「最悪の場合は、2号機が、炉心爆発を起こして、核爆発と同じことになることだ。さらに最悪の事態は、1、3、4号機の中の核燃料とも、連鎖爆発(誘発の爆発)を起こすことだ。そうなったら、強度の放射性物質が、空中に飛散する。それは、周囲300キロメートルを、核汚染し、多くの人間が被爆(ひばく)し、死んでゆく。」「私たちは、私たち日本民族の、存亡の危機のさ中にある。自分たちの幸運を天に祈るしかない。」
 なお福島原発から300キロとなれば、北は青森県から南は東京都、神奈川県あたりまですっぽり入ってしまいます。


その他、
マスコミに載らない海外記事
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/

”福島原発 真実” で検索すると
例のYAHOO!の知恵袋へ (^_^;)
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1357534698 
もう海外メディアは日本の後手後手の対応に怒っている!
最後のオプションとして、石棺しかないと。(コンクリートづめ)


米スリーマイル島の事故のレベルを超え、チェルノブイリレベルの事故になる可能性があるようです。
米ABCはチェルノブイリの時の様に早急に建屋自体を砂とコンクリートですべて覆ってしまう必要があると伝えています。
http://news.yahoo.com/video/tech-15749651/24532243#video=24539324
 私のように、東京に住むものは、なるべく東京よりさらに西の方の静岡へ、できれば名古屋より西に避難したほうがいいようだ。
(^_^;)

 さて世界で最初のプルトニウムを使った福島原発3号機爆発の可能性について
 原子力資料情報室の外国記者協会での会見の動画で
最後の方の1時間すぎの外国人記者の質問、そしてそれに対する東芝・元原子炉格納容器設計者の後藤さんの回答に注目してください。

 RT @ustream この動画をチェック! iwakamiyasumi 03/13/11 05:15AM
http://ustre.am/:TMNk
フランス大使館からの通達では「関東平野からなるべく多くの人は離れなさい」と言ってるが、明日にも避難した方がいいのか?

 それに対して、元原発設計者の後藤さんは「難しい質問だ。非常に小さい可能性だけど被爆したくなければ、関東地方から避難した方がいいだろう。それは個人の判断に任される」と言ってる。ところが、その一方では「この炉心を制御して治められる可能性は少ない」とも言っている。爆発はするが、東京の人たちが被爆し、健康被害を受けるほどの影響は少ないのでは、と言うことか?

 どちらにしても最悪、チェルノブイリ原発事故レベルを想定した準備をすすめておいた方がよさそうな気がした。

 そのうちにいい解説の記事をツイッタから紹介を受けたと思って読んでみた。(^_^;)
http://blog.livedoor.jp/lunarmodule7/archives/2406950.html
これを読んでると、妙に安心感を与えてくれて、今の現状はそんなに心配することでははないのだ、と思い始めた。
(^_^;)
 特に最後などは、私のような人間を批判している。(^_^;)


炉心溶融が進む最悪のシナリオを通ったとしても、環境中への影響は極めて限定的に封じ込められることに留意して欲しい。40年前に建築された原子力発電所が、想定基準値をはるかに超えるM9.0という地震に遭遇し、その中で機能不全に陥りながらも最後の一線を超えないように現場の方々の不眠不休の努力が続けられている。そんな中で、根拠なく不安を煽り立てるような言説を流すことは、彼らへの冒涜であるばかりか、無用な社会混乱を引き起こし、不測の事態を誘発しかねない。正しい情報を正しく理解して、必要な行動をとるようにしたい。


ただ妙な記述もあるようなのだけど。(^_^;)

@sensouhantai 明月社・山岸飛鳥
MITの研究者とやらは言う。「第三の格納容器は、炉心溶融が起こっても放射性元素を漏出さないように完璧に密閉されている」そんなことはないことを、格納容器を設計していた本人が言っている。圧力0.8メガパスカルをこえたらいつ壊れてもおかしくない と。

 ところで一方、ウランを研究し、政府の原子力委員会の委員でもある、あの有名な武田邦彦さんのサイトにびっくりした。
 特にこのページだ。
http://takedanet.com/2011/03/post_a1c1.html
これを見ると、最悪の事態として、チェルノブイリで起きた、炉心溶融から核爆発が起こるようになるのでは、と言う記事なのだ。

原発事故の種類として3つあるとして、水素爆発、水蒸気爆発、そして最悪の核爆発、の3種類と言うわかりやすい解説でもあった。(^_^;)

そうこうしている間に、ドイツの人からのツイッターでこんなことも

「福島第一原発3号のプルトニウムから逃れるために実家へ避難して。日本のニュースではプルトニウムのプの字も伝えられていないが、こっちのニュースではその恐ろしさを報道している。プルトニウムを使った原発は世界で福島第一原発3号だけ。威力はウランの数倍…」。

実際の裏はとれた
http://blog.goo.ne.jp/bluesnojo/e/3ddd05aeca819bba96d2eb099927811b
 こういうことからすると、やはり既存のメディアだけでなく、ツイッターが大きな役割を果たしているので、
 インターネットでの多元テレビ配信とツイッターが連動したUSTWRAP(ユーストラップ)や
http://www.ustwrap.info/multi/7495295::4939766::7475111::4446277
岩上さんらのツイッターを常時チェックして、
1号機、2号機、3号機などの格納容器も爆発を起こしそうになったら、すぐ東京から西の方、300km圏外に出られるようにした方が最小限の健康被害で抑えられるだろう。少なくとも、家でいる主婦やお年寄り、子供らは一時的にでも疎開させた方がよさそうだ。

岩上さんのツイッター
http://twitter.com/#!/iwakamiyasumi
岩上さんのUSTREAM 1ch
http://www.ustream.tv/channel/iwakamiyasumi
私は田舎が徳島だから、そちらに逃げるように準備するか、この東京で働いている子供たちといっしょにこの難局をともにのりきり、その様子を情報発信していこうか、と思っている。

 また、今回の原発はプルトニウムを使った原発で、それが爆発して放射能汚染が広がることが恐れられているのは、プルトニウムが人体にかなり強い放射性の影響を与えやすいものだからだ。特にそれを吸い込んだ場合、50年間ずっと肺にとどまり、放射線を出し続ける、というやっかいな性質があるからだ。

http://www.geocities.co.jp/Technopolis/6734/pu/puru7.html なお上記のフランス大使館の通達は、下記の気象庁の地震予測がベースのようで、原発の爆発とは無関係なのでは、と思わせるツイッターも出てきた。
http://mainichi.jp/select/today/news/20110314k0000m040074000c.html
なお実際のところは以下のようだ。

「関東から離れて」と勧告=在留フランス人に大使館
 【パリ時事】在日フランス大使館(東京)は13日、東日本大震災を受け、東京とその周辺に住むフランス人に「特別な事情がなければ、数日間は関東地方を離れた方が良いと思われる」と勧告した。強い余震の恐れがある上、「原子力関連の状況が不透明」なためとしており、被災した原発からの放射能漏れへの懸念が背景にあるようだ。
 仏大使館はこの中で、「マグニチュード7級の余震が3日以内に起きる確率は70%」とする気象庁の予測を紹介。日本への渡航を見合わせるよう強く勧告した。
 また、とりわけ被災した原発の近くに住むフランス人に対し、日本の地元当局の指示に従うように呼び掛けるとともに、「換気扇を切って家から出ないように」「どうしても外出しなければならない場合はマスクを着用するように」などと勧告している。(2011/03/13-22:39)

------------------------------------

原子力資料情報室記者会見
 2011年3月12日
http://iwakamiyasumi.com/archives/7597

内閣・原子力保安院・東京電力の情報開示が必ずしも十分とは言えない中、NPO法人「原子力資料情報室」による、原子炉の設計に関わった技術者2人も交え、緊急記者会見が3月12日夜8時から開かれました。(後段に、岩上安身の関連ツイートを掲載しています。)

上澤千尋(原子炉・安全問題担当,原子力資料情報室)
後藤政志(柴田宏行)(東芝・元原子炉格納容器設計者)
田中三彦(日立バブコック・元原子力圧力容器設計者・サイエンスライター)
海渡雄一(弁護士・原子力発電所運転差止弁護団)


今回初めて本名で発言される後藤氏は、政府が発表した内容は既に設計条件の2倍。これは技術者に言わせると「もう保証できない状態」とのこと。大事故にならないために大事なことは二点「炉心が冷やせるか。格納容器がもつか。」と強調しました。

---------------------------
そのときの被害範囲のマップ

おおまかな目安として

チェルノブイリ原発事故クラスなら、放射能の影響範囲は200~300km、300kmならほぼ関東全域が被爆範囲。
被爆と健康被害に関しては下記が詳しい。
http://www.ustream.tv/recorded/13350711

 なお、これも冷静に考えれば、日本全体には偏西風が吹いているから、どちらかと言うと、原発地点を中心に東側に流れるような感じじゃないかと思う。もちろんその地点の風向きは1日のうちでも海側から山側へ、またその逆に流れるだろうから、どちらにしても東西南北に真円というのは風向きを考慮しない最悪の場合の被爆マップだ。


最悪の場合で現実的な対応を示すマップでは、このNPO原子力資料情報室のマップが非常に参考になる。

大体のこれも概要

チェルノブイリでの場合、大体、300kmに放射能影響範囲が及び
真ん中より左下側にPlant

実際にチェルノブイリと日本の地図を重ねてみるとよくわかる?

-----------------------------------------
状況は政府が発表しているより、かなり深刻な状況であることだけは確かだ。
http://www.ustream.tv/recorded/13350711
tokaiama 東海アマ管理人
@
@wccflove 通常値の数千倍オーダーです。自然被曝年間0.5ミリシーベルトとすれば年間で数シーベルト。このまま被曝するならガン遺伝子破壊が避けられないが、即死するレベルではない。晩発性障害が危険な程度。24時間被曝で許容線量の千倍程度かな
20分前

tokaiama 東海アマ管理人
双葉町、保安院計測情報はCPM毎分と思われる。筆者宅は日本最高線量、通常30~40CPM毎分、名古屋では10~20CPM毎分 それほど凄い値か分かるがガイガーカウンターでガンマ線とベータ線の混合値をサーベイ、ストロンチウムとセシウムが主体と思われる。呼吸から体内被曝は避けられない
24分前

tokaiama 東海アマ管理人
保安院被曝情報 双葉町住民 約100名 測定結果(100名のうち、9名について測定した結果)18,000cpm1名 30,000から36,000cpm1名40,000cpm弱1名1回目の測定では100,000cpmを超えたものの靴を脱いで測定した結果計測
28分前

otomitv 富永秀一
arudebaran60yから
何度でも言います。原子力安全・保安院は、福島第一と第二原発だけで良いので、各炉の炉心温度と冷却水水位、格納容器内圧の数値を、1時間ごとに、会見なしで数字や特記事項だけで良いから発表して欲しい。会見で質問されてやっと言う、しかも炉心温度なしでは情報不足。


costarica0012 山下 安音
tokaiamaから
女川原発に届いた根拠の図を添付. http://plixi.com/p/83686765 ●広河氏の話では、最近のチェルノブリの半径200メートルぐらいの距離の計測値以上でかなり危険な状 ( #iwakamiyasumi live at http://ustre.am/eOVh)
21分前

costarica0012 山下 安音
tokaiamaから
13日10:20広河隆一さんらが双葉町町役場前で放射線量を測定。1ミリシーベルトまで計れる測定器の針が振り切れた。国道に面していて普通に車が通行しているので広河さんはショックを受けて ( #iwakamiyasumi2 live at http://ustre.am/pPQY)
38分前

tokaiama 東海アマ管理人
今回の巨大地震で日本の穀倉地帯、東北の半分以上が壊滅状態になっていることに注意。6月までに中国が未曾有の食糧不足で日本米を買い占めるという情報が流れている。放射能汚染により東北の生鮮物が問題になり供給不能になる可能性。福島三号機の結果如何で大規模な水源地汚染も。食糧生鮮物供給困難
1時間前

hanayuu はなゆー(一試合完全燃焼)
tokaiamaから
『福島第一原発から120キロ北方で通常の4倍以上の放射線を観測 』低気温のエクスタシーbyはなゆー|http://bit.ly/fnnmZe
1時間前

tokaiama 東海アマ管理人
@
@isnthelovely104 あなたの地域や汚染レベルが分からないので確実なことは言えません。放射能に強い感受性を持つ割合は 胎児・乳児・幼児・10歳児・16歳・20歳・40歳で30000:3000:1000:100:30:10:1 と大ざっぱに考えてください
1時間前

---------------------------------------

http://yes55.blog54.fc2.com/blog-entry-505.html
日経のwebに載った今中・京大助教授の発言だが、2時間後、「穏当」に書き変えられた。

        【転載はじめ】
   原子炉建屋の 骨組みが残っているので、大規模な爆発ではないが、原子炉を覆って
   いる最後の防護壁である原子炉格納容器(かくのうようき)が大きな損傷を受けた
   のは間違いない。

   核燃料が非常に高温にならないと出てこないセシウムが外部で検出されていること
   から、燃料棒や炉心が溶融し、格納容器の下にある水 と触れて「水蒸気爆発」を
   起こした可能性が高い。

   原子力事故としては、1979年の米スリーマイル島事故の水準を超えた。
   スリーマイル島原発では、炉心が溶融して放射能が漏れたが、爆発までは至らな
   かった。1986年に旧ソ連で起きたチェルノブイリ原発事故に次ぐ非常に深刻な
   原子力事故だといえる。

   原発で起きて いる核分裂反応を止めるには、ホウ素を原子炉に注入する方法が
   あるが、炉心が損傷していたら効果は期待できない。そもそも放射能がかなり漏れて
   いるため、東京電力や原子力安全・保安院の装備では近づくことすら難しいのでは
   ないか。核防護の装備を持つ自衛隊か米軍に支援を要 請するしかない。
        【転載終わり】

                 ~ 「副島隆彦の学問道場」~


  穏当」に書き換えられた記事では、

「チェルノブイリ原発事故に次ぐ非常に深刻な原子力事故」が
 
  「チェルノブイリ原発事故のように、大量の放射性物質が外
  部に漏れ出すという最悪の事態はとり あえず避けられた」

  に書き換えられた。

  事実認識が変わったともいえるが、どうも「官邸」は「大本営発表」で真実を隠しているら
 しい。
  官邸の記者会見をすべて追っているわけではないが、「メルトダウン」したとは、結局、
 枝野は認めていなようだ。
  親友 Iに電話で話していたのだが、彼も「官邸」は隠していると思っているらしい。
  さらに、「本当のことは言えないよな」とお互い合意した。
  おそらく、被ばくした作業員は瀕死だろう。

  チェルノブイリといっても、若い人はピンとこないかもしれないが、当時は、日本にも放射
 能が飛んでくると大騒ぎになり、「ヨード、昆布をとらなきゃ」と話題になってものだ。

チェルノブイリ原発事故クラスなら、放射能の影響範囲は200~300km、300kmならほぼ関東全域が被爆範囲。このクラスで被爆すると、3ヶ月で「ガン発病」となるようだ。


その他、万が一の為の放射能対策の記事です。

(1)http://blogs.yahoo.co.jp/proneko5/19252589.html
(2)http://blogs.yahoo.co.jp/proneko5/19253276.html
(3)http://blogs.yahoo.co.jp/proneko5/19253334.
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

どうもっ m(__)m

☆相互リンクも募集中なのでよかったらメールお願いします。


No title

福島から東京へ非難してそのまま転校した生徒が「放射能がうつる」などとイジメにあっているそうです。放射能はうつりません。
プロフィール

和枝

Author:和枝
 高校教師をやめ、ガーデニングのブログを書くうちに、気づいた小沢問題の陰に潜むマスコミや検察の腐敗をブロガーたちと追究し、小沢一郎氏の無罪判決を得ることができました。

「和順庭の四季おりおり」と題したブログの時から御支持いただいた真実を追究する仲間や冤罪被害者の皆様に支えられ、市民メディア「ツイートテレビ」を立ち上げ、私も生まれ育った東京を離れ、「生活の党と山本太郎と仲間たち」に習い、心機一転、主人の郷里・徳島にてエネルギッシュで常に現実に向き合い情報発信する生活をしています。
 
 それに伴い「和順庭」と名づけた庭も徳島県へ引っ越しました。



※寄付のお願い
■郵便局からの振込みの場合
口座 ゆうちょ銀行
記号 10000 番号 88352491

■銀行からの振込みの場合
口座 ゆうちょ銀行
店番 008 普通預金
口座番号 8835249
口座名 服部 和枝

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。