スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エネルギーシフトパレードと「3・11から未来を拓くシンポジウム」

5月15日(日)
渋谷NHKホール前集合。
「エネルギーシフトパレード」普通の市民の参加パレード。
今までの「原発いらない」デモなどに比べると、穏やかで、誰もが参加できる。

 (3時間ぐらいの動画)


集会。

これから整列します。

いよいよ出発。

グループが4つに分けられる。ファミリーグループは子連れ参加者など家族で。
第二・第三グループは、太鼓などの楽器演奏しながらのパレード。第四グループは、自然エネルギーへのシフトを静かに訴えます。

今までの警官や公安のものものしい警備もなく、のんびりとしたあたたかなパレードでした。

子供達の未来のために。子供も「放射能はいや!」。

子供のこの意思表示を政府はどうか受け止めて、20ミリシーベルトの撤回を!

渋谷ではこのところ頻繁に市民デモが行われるので、沿道の人たちもだいぶわかってきたみたいです。

ヨチヨチ歩きのこどもも!

老いも若きも未来の、今の私たちの生活のために!

ちんどん楽器もここのところデモではよくみかけます。

ギターをひきながら。

地球を守るために。

デモの列は続いていきます。

自転車での参加。母親は、給食の食材が心配と言っていました。

歌をうたいながら、原発について訴えます。

ゴール。集会。


 最後にインタビューしたパレード参加者から、この脱原発にどういうように政策的に取り組むか、ドイツ緑の党の国会議員(脱原発担当?)も呼んだシンポジウムがあることを聞き、急遽、そちらの方にも参加することに。

代々木公園を通ると、バラがきれい。





国立オリンピック記念青少年センターで午後6時30分から参加費無料とのこと。
 センター内の食堂で670円のディナーコースを食べたが、安くておいしかったのには驚いた。(バイキング風でサラダ、飲み物、デザートつき)

 友達は、できればUSTREAMで配信させてもらおうと張り切って行ったら、岩上さんが配信してくれていた。










 ドイツの緑の党国会議員 原子力・環境政策スポークスパーソン シルビィア・コッティング=ウールさんは、原子力からのシフトは、市民の力強い運動と議会に議員を送り、政策として通していくことだとドイツのことを例にとりながら話されていた。

この話を聞いていて、ぜひ質問したいことがあった。

日本でも昨年から、検察やマスコミの捏造などへの市民参加のデモが起き、それはやがて大きなうねりとなり、現在に至っている。

しかし、これまでそれを取りあげるのは、日本のメディアではなく、BBC・ロイター・AFP・アルジャジーラという海外メディアだった。これまで日本のメディアはどんなに普通の市民が立ち上がっても、報道しなかった。

これら普通の市民の訴えを、あるいは市民の立場から真実を報道してくれるのは、自由報道協会・岩上さんのユーストリーム配信・山路さんのAPF通信、一般市民のユーチューブ・ユーストリーム配信だった。

多くの勇気をもって立ち上がった一般市民は、これらから真実を知ることによって、冤罪を追求し、また事実を知ることで守られてきたともいえる。

特に、原発については、テレビ・新聞は原発推進派の御用学者を登場させていたが、ネットでは当初からメルトダウンが始まっているとか、放射能が何日にどこへ飛散するとか情報を発信し、危険性を指摘したために抑圧されてきた学者たちの国民を守る立場にたったアドバイスを直接得ることができた。

 そして、選挙に出たとき、ネットから情報を得ている者と新聞・テレビという既存メディアからだけ情報を得ている者と、認識のあまりの違いに愕然とした。

今になってやっと、新聞もテレビも市民デモを報道したり、原発の危険性を国民の側にたって報道し始めたが、今まではなんだったのかと思う。国民の命を守るために、メディアという媒体を使って、真実を伝えるのこそジャーナリストだと思うのだが。

まず、今の日本でもっとも反省すべきはマスコミで、特にテレビに登場する人は、メディアを個人攻撃に使うような報道は慎むべきで、悪人というレッテルを貼って攻撃すべきではない。

この当たり前のことが、昨今の日本はおかしくなり始めた。三権分立のはずが検察がマスコミにリークしたり、政府や政権を追及することで国民を守るはずのマスコミが、政府や検察捏造の片棒担いだり。

市民運動がいくら起きても、既存メディアだけからしか情報を得られない国民を目覚めさせなければ、国会へ送るだけの支持など得られるはずのないことは、この統一地方選に出て、痛いほどわかったことだった。

また、ネットをやらないのはお年寄りだけでなく、若者にもかなりいることがよくわかった。新聞やテレビだけから情報を得て判断している現状で、既存メディアが真実を伝えないかぎり、国民は救われない。

ドイツではどうなのか?国会へこのような問題意識を有する者を送れるかどうかは、日本におけるメディアを正常化することが急務であり、そのことについての具体策について、主催者に聞きたいと思ったのだ。

手を挙げたがあたらず、それに近い質問を何人かの方がされたが、まだしっくりこなかった。

ただ、帰ってテレビを見ると、マスコミもかなりネットで言ってきたようなことを報道しはじめ、原発のメルトダウンについても報道されるようになってきたので、このような報道姿勢に変われば、国民の命も守られるのだと思えた。

 なお、この日本で緑の党を作る、ということについては友達のHPに詳しくのっている。

http://nvc.halsnet.com/jhattori/green-net/


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

誰かと思ったら

いつものトンデモ男のサイトか。
川田議員も、いい迷惑だな。(嘲笑)
プロフィール

和枝

Author:和枝
 高校教師をやめ、ガーデニングのブログを書くうちに、気づいた小沢問題の陰に潜むマスコミや検察の腐敗をブロガーたちと追究し、小沢一郎氏の無罪判決を得ることができました。

「和順庭の四季おりおり」と題したブログの時から御支持いただいた真実を追究する仲間や冤罪被害者の皆様に支えられ、市民メディア「ツイートテレビ」を立ち上げ、私も生まれ育った東京を離れ、「生活の党と山本太郎と仲間たち」に習い、心機一転、主人の郷里・徳島にてエネルギッシュで常に現実に向き合い情報発信する生活をしています。
 
 それに伴い「和順庭」と名づけた庭も徳島県へ引っ越しました。



※寄付のお願い
■郵便局からの振込みの場合
口座 ゆうちょ銀行
記号 10000 番号 88352491

■銀行からの振込みの場合
口座 ゆうちょ銀行
店番 008 普通預金
口座番号 8835249
口座名 服部 和枝

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。