スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニューヨーク 4、インディペンデントメディアセンター取材

市民メディアを知るために、インディペンデントメディアセンターを訪ね、インタビューもした。



さらに、紹介された市民テレビのMNNテレビは訪ねたが、職員はいなくてインタビューすることはできなかった。もう何日かいれば可能だったろうが、次の滞在地へ移動する予定があるので、それもかなわなかった。


 


ニューヨーク滞在中、日本食が食べたくなって、日本食のお店を訪ねた。
ロサンゼルスのようなリトル東京はなく、チャイナタウンやリトルイタリアなどがあった。

日本レストランがいくつかある通りがあり、ラーメンなども食べることができた。

お茶漬けや秋刀魚の塩焼き、お新香の盛り合わせなど、ニューヨークで食べることが出来るとは思わなかったが、何か久しぶりに食事らしい食事をした気になった。









Video streaming by Ustream

アメリカでは、レストランは10%のタックス(税金)と15%のチップ(強制ではないが)がかかるので、レストランでの食事より、ハンバーガーショップやピザなどのファーストフードのお店に入ることが多くなる。

いつもパンやハンバーガーだけだと食事した気がせず、バリエーションに富んだ日本食が懐かしくなる。

たまには、お茶漬けとか蕎麦とかも食べたくなる。

アメリカの食事は量が多い。そのせいか太った人が多く、日本では太ったことを気にしているのが、アメリカでは気にならない。

それほど太った女性が堂々としている。

お店に入ってメニューを見ても、それが写真でもなければどんな料理なのか検討もつかないから、疲れる。周りを見て、「あれと同じ物を」と注文することにもなる。

日本を出て、わかることが多い。

日本にいると気づかずにいるが、日本語のない生活がどんなかが身にしみた。

日本の経営だったお店や企業が中国や韓国にかわり、日本食のレストランやお店に行っても日本語は聞かれず、いるのは中国人や韓国人の店員。

これほど日本語が懐かしくなるとは思わなかった。

このまま至る所から日本が消えていくことがしのびなかった。


ニューヨークは近代的なビルばかりと思っていたが、荘厳な重厚な建物が随分残っていた。


ウオール街のモルガンスタンレーのビルも、中国の企業が買い、安中石油と書かれた黄色い旗が翻っていた



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

和枝

Author:和枝
 高校教師をやめ、ガーデニングのブログを書くうちに、気づいた小沢問題の陰に潜むマスコミや検察の腐敗をブロガーたちと追究し、小沢一郎氏の無罪判決を得ることができました。

「和順庭の四季おりおり」と題したブログの時から御支持いただいた真実を追究する仲間や冤罪被害者の皆様に支えられ、市民メディア「ツイートテレビ」を立ち上げ、私も生まれ育った東京を離れ、「生活の党と山本太郎と仲間たち」に習い、心機一転、主人の郷里・徳島にてエネルギッシュで常に現実に向き合い情報発信する生活をしています。
 
 それに伴い「和順庭」と名づけた庭も徳島県へ引っ越しました。



※寄付のお願い
■郵便局からの振込みの場合
口座 ゆうちょ銀行
記号 10000 番号 88352491

■銀行からの振込みの場合
口座 ゆうちょ銀行
店番 008 普通預金
口座番号 8835249
口座名 服部 和枝

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。