スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小沢一郎氏は何を語るか?10・6東京地裁

 小沢議員秘書の有罪判決が出たばかりだが、明日10月6日10時から東京地裁で小沢一郎議員の裁判がある。

私も傍聴にいくつもり。9時ごろには行って、ツイートテレビで中継放送するつもりです。かなりの傍聴人がいると思われるので、抽選にあたるかどうか?また、裁判後にも中継の予定です。

東京地方裁判所


郵便番号 〒100-8920
所在地
東京都千代田区霞が関1-1-4
(地下鉄東京メトロ丸の内線・日比谷線・千代田線「霞ヶ関駅」A1出口から徒歩1分,地下鉄東京メトロ有楽町線「桜田門駅」5番出口から徒歩約3分)

電話番号 代表:03-3581-5411



________________
産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111005/trl11100521050007-n2.htm

小沢被告、あす初公判 元秘書との共謀が焦点 陸山会事件
2011.10.5 21:04


政治塾で講演したあと、一息つく民主党の小沢一郎元代表=3日午前、東京都新宿区(緑川真実撮影)
 
 資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる事件で、政治資金規正法違反罪で強制起訴された民主党元代表、小沢一郎被告(69)の初公判が6日、東京地裁(大善文男裁判長)で開かれる。


 検察審査会という“民意”を後ろ盾に、客観証拠を柱とした有罪立証を目指す検察官役の指定弁護士に対し、小沢被告の弁護団は全面無罪を主張する方針だ。有罪判決を受けた元秘書3人との共謀の成否が最大の争点で、小沢被告が用意した現金4億円の原資が解明されるかどうかも注目される。公判は来年3月に結審、4月にも判決が言い渡される見通しだ。

 小沢被告は、陸山会が平成16年10月に土地を購入した際、元秘書3人と共謀し、用意した4億円を同年分の政治資金収支報告書に記載しなかったなどとして強制起訴された。

 同法違反罪に問われた石川知裕衆院議員(38)ら元秘書3人は、東京地裁の別の裁判官が担当した公判でいずれも執行猶予付き有罪判決を受け、控訴している。計18回に及んだ小沢被告の公判前整理手続きでは、争点が(1)検審の起訴議決に基づく起訴の適法性虚(2)偽記載の有無(3)元秘書との共謀の有無-の3点に絞られた。

 全面否認する方針の小沢被告に対して指定弁護士は、小沢被告が自ら4億円を用意し、土地購入後に陸山会が同額の銀行融資を申し込んだ際に、書類に自筆で署名しているといった客観証拠を中心に、共謀を立証する見通しだ

 収支報告書提出前に、小沢被告に「報告し、了承された」とする石川議員の捜査段階の供述調書の採否も公判の鍵を握る。東京第5検審はこの調書を起訴議決の根拠の一つとしたが、東京地裁の元秘書らの公判では「取り調べに威圧、誘導があった」としてこれを含む11通を却下。今回、異なる裁判官によって2度目の評価が下されることになる。

 公判には元秘書3人や取り調べを担当した検事ら計9人が証人出廷する予定。石川議員が取り調べの様子を隠し録音した記録も第2回公判で再生される。

_____________________

かっちの言い分


http://31634308.at.webry.info/201110/article_5.html



10月6日から小沢氏の公判が始まるが、ネットからの逆襲が始まる。
<< 作成日時 : 2011/10/05 21:37


 民主党は自民公明が求めた小沢氏の証人喚問を拒否したが、再要求をする事が自公会談で決まったという。この自公のやり方もきたない。まさに10月6日から誰でも聞こうと思えば傍聴が出来る裁判所の公判において、それこそ膨大な検察資料を持つ指定弁護士が小沢氏に質問し、お互いに証人喚問を行うのに、週刊誌程度の資料しか持たない国会議員が何を聞こうとしているのか?

今回の証人喚問の意図は単に、「小沢は何か汚いことをやった悪い奴」のイメージを刷り込むだけの喚問の要求である。もし、喚問を行ったとしても、当然公判中でノーコメントとすれば、「小沢はやっぱり何か隠している」などとマスコミが騒ぐことは目に見えている。

ニュースによると、10月6日に小沢氏が冒頭陳述を行うと出ていた。普段の2倍(10分)の異例の陳述を述べるのではないかと言われている。
この不当な起訴に対し、激しい口調で反駁してほしい。

裁判の後で、記者会見もするのではないかと言われている。
小沢氏は自分達の意見をどんどん発信しないとだめだ。なぜなら、マスコミを含めて批判されるだけだからだ。特に産経新聞が小沢氏批判をあからさまに開始し出してきた。今日も以下の見出しで、自公の援護射撃を行っている。

『自民・菅氏、小沢氏証人喚問に慎重な野田政権を批判「あり得ない」』

http://sankei.jp.msn.com/politics/topics/politics-14785-t1.htm


今回の陸山会事件は、小沢氏の側近の平野氏があちこちで述べているが、麻生元首相時代の閣僚の森法相が平野氏に予告していた経緯もあり、指揮権を発動したのではないかと言われている。自民党は民主党の中で最も怖い小沢氏を今潰さなければ、逆にやられると考えている。

だからこそ、再度証人喚問を要求して、叩けるときに叩いておこうとしている。証人喚問が例え実現しなくとも(織り込み済み)、民主党に貸しを作り、後で自民党に有利な法案を引き出そうとしている。自公には何の損もない。

登石という「とんでもない」裁判長で、裁判所の権威を大きく失墜させた。江川紹子氏のツイッターを見ているとおもしろい。江川氏をフォローする人から、いろいろな情報がもたらされる。

その中で、登石が石川議員らの公判で述べた「判決文」をそのままオープンにしないで、今訂正しているという。多くのブログやツイッターで、判決文の論理矛盾を突かれて、その箇所を訂正しているという。何という浅ましさであろうか?裁判官も地に堕ちた。発表してから論理矛盾が出てくること自体、証拠に基づかない「推認」によって判決を出したからである。これでは、有罪にされた人は堪らない。

また、あまりにネット社会で自分(登石)への批判が大きくなり、いろいろ経歴を調べられるので、自分のWikipediaを削除依頼したらしい。しかし、こんなことをしても、無駄である。さらにいろいろわかってきた。

前述のツイッターを見ていると、「登石郁朗裁判長が、平成5年から平成8年まで、法務省刑事局付検事だった」と出ていた。裁判官は、三権分立の立場から、「立法」、「行政」と最も隔絶していなければならないのに、「行政」のど真ん中でどっぷりと碌を食んでいたことになる。

人間、他人の家で暮らせば、一宿一飯の義理や人情が出来る。これでは、検察と情が繋がり心情的には検察マインドとなってしまう。陸山会事件の裁判で、検察が訴因を変更したいと言い出したとき、弁護側が猛烈に反対したが、検察に不利であった訴因変更を認めたのも登石である。しかし、前述の経歴を見ればなるほどとわかる。


江川紹子氏はもう裁判所までも改革しなければならないと言っていたが、それは登石という、とんだ食わせ物の裁判官で明らかになった。それにしても、最後の砦の裁判所がこれでは国民は救われない。

小沢氏はネット社会からの逆襲を始めなければない。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

和枝

Author:和枝
 高校教師をやめ、ガーデニングのブログを書くうちに、気づいた小沢問題の陰に潜むマスコミや検察の腐敗をブロガーたちと追究し、小沢一郎氏の無罪判決を得ることができました。

「和順庭の四季おりおり」と題したブログの時から御支持いただいた真実を追究する仲間や冤罪被害者の皆様に支えられ、市民メディア「ツイートテレビ」を立ち上げ、私も生まれ育った東京を離れ、「生活の党と山本太郎と仲間たち」に習い、心機一転、主人の郷里・徳島にてエネルギッシュで常に現実に向き合い情報発信する生活をしています。
 
 それに伴い「和順庭」と名づけた庭も徳島県へ引っ越しました。



※寄付のお願い
■郵便局からの振込みの場合
口座 ゆうちょ銀行
記号 10000 番号 88352491

■銀行からの振込みの場合
口座 ゆうちょ銀行
店番 008 普通預金
口座番号 8835249
口座名 服部 和枝

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。