スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小沢一郎の抹殺をたくらむ創価学会と裁判所

 小沢秘書裁判で、裁判長が「疑わしきは罰せず」の裁判の基本を覆して「推定無罪」ではなく有罪にするという司法史上例を見ないような違法裁判をしてしまったが、秘書との共謀罪を問われている小沢氏の裁判の大善裁判長は、かつて犯人も単独で犯行をしたと言い、もう一人の男性も犯行を否定しているのに、調書を優先させて共謀罪を成立させてしまった判例を持つ。
http://www.47news.jp/CN/201006/CN2010061401000580.html
 裁判所が、法曹界へ送り込まれている創価学会や裏社会に操られ、正義の場ではなくなっているという事実。

裁判がどのように行われているかを一般市民が知ろうとする権利を、NHKやTBSなどの民放テレビ局が記者席がありながらアルバイトとして傍聴券の抽選に並ばせ、傍聴席を占拠して、奪っている現実。どんな裁判が行われても、マスコミを通してしか情報を流さないようにされている。

傍聴席は100席あるのに、49席しか傍聴人に座らせぬ疑問。それもほとんどがマスコミの息のかかった人たちで占められる。NHKの一般傍聴人はずしが受信料でまかなわれているとしたら、これは大問題だといえる。

小沢氏の事件から検察の捏造・警察の腐敗などがわかったが、この裁判所や司法の腐敗が立ちはだかる最後の砦となるだろう。検察と裁判官がコンビを組んで無罪の者を有罪するような判例がいくつもあること。

 結論はすでに決められており、裁判所へ送り込めば検事と裁判官でどうにでもなるという捏造機関と成り果ててしまっている。冤罪製造場所となっているとしたら、すぐにでも是正しなければ、正しく日本の国が機能していくはずがない。

あの柏市役所による戸籍の改ざんから財産も仕事もなくした小川達夫さんの裁判が、
 10月13日(木) 東京高等裁判所 第14民事部 824号法廷 午後2時から
で行われる。

 これが裁判所という国家権力により法務局らの犯した犯罪を裁けるかは、生田弁護士の手腕にかかっている。国家ぐるみの犯罪を身内の裁判所が糾弾できるかを私達も見届けたい。権力に翻弄された一市民を応援できるのは、私たちしかいない。

 そして、この小川さんの前に立ちはだかる壁は、小沢一郎議員を苦しめているものと同じである。そして、それは日本を動かしている闇の部分であり。この闇組織に操られ、多くの日本人が財産を奪われたり、失脚させられたり、殺されたりしているという事実。

この闇組織に切り込めるかどうかも生田弁護士にかかっており、小沢氏の裁判の鍵を握ることにもなることがわかってきた。

 「めざまし政治ブログ」の「裁判所を操る創価学会や裏社会の系譜~マネーが司法が人を殺す時代に~ 小沢一郎を抹殺しようとする裁判所が、悪の組織に操られている絶対的な証拠を握っている小川達夫さん。」に、この経緯が詳しく述べられているので挙げてみた。

 司法を私達に取り戻すためにも、13日の小川さんの裁判の傍聴に行って、応援しよう!(抽選があるので、午後一時ぐらいまでに東京高裁へ)
10月13日(木) 東京高等裁判所 第14民事部 824号法廷

地下鉄東京メトロ丸の内線・日比谷線・千代田線「霞ヶ関駅」A1出口から徒歩1分,地下鉄東京メトロ有楽町線「桜田門駅」5番出口から徒歩約3分

裁判は午後2:00からですが、傍聴の抽選があるので、午後1:00ぐらいまでに裁判所へ集合。 

裁判長:設楽 隆一(滝沢・門田裁判官) 


東京高等裁判所

郵便番号 〒100-8933
所在地 東京都千代田区霞が関1-1-4
(最寄駅
1 東京メトロ有楽町線 桜田門駅下車 徒歩約3分
2 東京メトロ丸ノ内線,日比谷線,千代田線 霞ヶ関駅下車 徒歩約2分~5分
3 都営地下鉄三田線 内幸町駅下車 徒歩約10分
4 都営地下鉄三田線 日比谷駅下車 徒歩約13分
5 JR線 有楽町駅下車 徒歩約15分
6 JR線 新橋駅下車 徒歩約15分)
電話番号 代表:Tel:03-3581-5411
Fax: 03-3503-3997






___________________
http://rakusen.exblog.jp/
めざまし政治ブログ(旧落選運動ブログ)
 
 裁判所を操る創価学会や裏社会の系譜             ~マネーが司法が人を殺す時代に~
 
 小沢一郎を抹殺しようとする裁判所が、悪の組織に操られている絶対的な証拠を握っている小川達夫さん。



その証拠とは何か?
 それが改ざんされた柏市役所から発行された戸籍と改ざん前のお母さんが死ぬ直前に渡してくれた、本当の戸籍なのでした。
 
この改ざんを行えるのは法務省か役所しかありえません。そしてそれを当時、指示したのは千葉県の自民党時代の政治家かもしれませんが、少なくともそれを隠すように指示しているのは裁判所、それも最高裁判所であることが推認できるのです。(^_^;)

 ただお母さんから渡された戸籍謄本が本物と認定するには原本の副本と照合する必要があります。副本は地方法務局にあるのですが、なんと先の江田五月元法務大臣にあてて開示請求をしても、返ってきたのは開示できない理由書で「開示すると混乱を与えるから」と書かれてあったのでした。そこで裁判を開いているので、裁判官に開示させて比較するように求めているのですが、裁判所では開示させることすらしないのです。
 
こんな簡単なことなのに、ずっと裁判所は開示させずにその判断を拒み続けているのです。

http://www.youtube.com/watch?v=DdsLcrz5AKE

 このことでわかったことは、この戸籍改ざんの事実を認めると法務省と役所がグルになってこの戸籍改ざんを認めてしまうからです。そしてこのような裁判をもう十数年続けてもいっこうに認めない理由は、ある人が漏らしたのに、この裁判は最高裁判所の偉い方からの指示で、最初から小川さんが負けになるよう、ヒラメ裁判官が割り当てられて判決を出すようになっているとのこと。

これは小沢一郎さんを推認で有罪にした以上に、100%確実に地方の裁判所が独自に判断できないことの証明であり、司法が悪の組織に操られている証拠にもなっているのです。
 
10月13日(木) 東京高等裁判所 第14民事部 824号法廷 午後2時から
裁判所は戸籍の副本を法務委員会に出すように命令して比較するのかどうか、この裁判をみなさんといっしょに見守りたいと思います。
http://wajuntei.dtiblog.com/blog-entry-1411.html(さらに詳しいビデオあり)

 ところで日本史や世界史が赤点だった私に小川さんが研究してきた、地元の歴史を中心に日本の今、裁判所や行政、政治家を裏から操る創価学会やその裏社会の系譜を話してくれ、大いに興味をいだきました。(^_^;)

http://youtu.be/4ceclCYunrQ

http://youtu.be/6cS7ltAumk8

 マンガのような世界で恐縮ですが、風魔一族らの系譜からキム一族ら朝鮮からの人たちや近代ではロシア革命で迫害を受けたロシア正教の人たちなど、虐げられた人たちが住んでいた千葉県柏市やその周辺から、最高裁判所や国家公安委員長など要職に登用されており、最高裁判所を中心に検察、警察をも裏で操っている、とのこと。
 
その証拠を握った小川達夫さんは一人、裁判所や役所と戦っているのです。あたかもカフカの「城」に出てくる、Kのような孤独な戦いです(^_^;)
 
これもひとえに戦国時代、江戸時代からの人事制度をそのまま引き継いでいる官僚制度そのものに問題の根源がある、と小沢一郎さんも言ってます。
(^_^;)
 
確かにその通りだ、と小川達夫さんは激しく同意するのでした。
そしてそれは、たまたま偶然なのか、こんどの裁判で訴えている柏市長と裁判長の名前の姓が江戸時代の代官と奉行の名前と一致していたのでした。(^_^;)

http://youtu.be/zKYM1QeiNC0

 なお創価学会は元々をたどると、風魔一族など虐げられた人々にその系譜が見られるとのこと。
 
東日本(東国)はもっぱら朝廷側の西日本(西国)のために税金を搾取されつづけており、差別・虐待されていた朝鮮の人たちや同和の人たちの怨みの歴史もひきずっていたのでした。 富士山を信仰する浅間神社のネットワークや平将門らを信仰していた怨念の心ともつながり、東日本(東国)を西日本(西国)と対立する国として統治しているのでした。

いわゆる東日本(東国)を武士が統治し農民を働かせ朝廷に米としての税を納めるために働く国として、ゆとりある西国以上に厳しく取立てを行っており、東国に対して常に怨みの念を抱き続けていたのです。今でも、神田は平将門の「からだ」が由来で、朝廷と対立するニコライ堂(キリスト教)などとともに鬼門の位置に配置されており、そのなごりが残っているのです。
 
琵琶湖対しては手賀沼の周辺をその対立する拠点にしており、宗教に関してはキリスト教(ロシア正教)や日蓮(創価学会)、浅間神社などを配置した。もちろん、西の朝廷側としては平将門を滅ばすため空海を送り込み成田山に不動明王を置いた。そのため手賀沼周辺の人たちは絶対に成田山にはお参りせず、した場合は事故などの祟りがあったとのこと。(^_^;)
 
さて戦後、日本の内なる戦勝国の人たち、在日朝鮮、在日ロシア、在日中国の人たちにはそれなりの統治のための地位やエリアが逆に与えられ、日本の統治にともに参加できるようになった、というのです。
 
旧社会党などの指導者、創価学会の闇の部分を担当する会長、ロシア正教の血を引き継ぐ最高裁判所、風魔一族らの系譜の検察庁、国家公安委員長など官僚のトップを占めるようになり、法律に触れる裏の仕事を行う住吉連合などとも通じ合って、東日本の裏の統治機構を構成しているようです。(^_^;)
(西日本は山口組)

http://youtu.be/e22pwYd_gUE

http://www.youtube.com/watch?v=tnWGfJFJ_4A&feature=player_embedded
 そして小川さんが言うのには、2012年12月から2013年にかけて最悪の年になり、マネーが、そして最終的には裁判所が人を経済的、心理的に追い込み、殺してしまう時代になると言うのです。

 さて最後に脱原発デモに行くと必ず出没して攻撃してくる右翼(似非?)が、昨日の不法な裁判を糾弾する市民デモも攻撃してきており、その攻撃の実態をビデオで紹介します。

http://www.youtube.com/watch?v=Jx2YO1biM-Q

 ある人がどこかからお金をもらって生活している職業的な似非右翼の人たちだと教えてくれました。
 原発を推進したい勢力、現状の利権を維持したい保守勢力であろうことが推認できます。
http://rakusen.exblog.jp/http://rakusen.exblog.jp/
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

応援してます

ツイートテレビ毎日見ています。
和順庭ブログもずっと見ていましたが、熊木さん、服部さんの
行動力に敬意を表します。
ヘタなテレビ見るより、断然役立ちます!
明日は小川さんの裁判ですね。私は家が遠く駈けつけられませんが
小川さんの応援、よろしくお願いします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

和枝

Author:和枝
 高校教師をやめ、ガーデニングのブログを書くうちに、気づいた小沢問題の陰に潜むマスコミや検察の腐敗をブロガーたちと追究し、小沢一郎氏の無罪判決を得ることができました。

「和順庭の四季おりおり」と題したブログの時から御支持いただいた真実を追究する仲間や冤罪被害者の皆様に支えられ、市民メディア「ツイートテレビ」を立ち上げ、私も生まれ育った東京を離れ、「生活の党と山本太郎と仲間たち」に習い、心機一転、主人の郷里・徳島にてエネルギッシュで常に現実に向き合い情報発信する生活をしています。
 
 それに伴い「和順庭」と名づけた庭も徳島県へ引っ越しました。



※寄付のお願い
■郵便局からの振込みの場合
口座 ゆうちょ銀行
記号 10000 番号 88352491

■銀行からの振込みの場合
口座 ゆうちょ銀行
店番 008 普通預金
口座番号 8835249
口座名 服部 和枝

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。