スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小沢一郎元代表全国民同時参加型記者会見とシンポジウム案内

 今日10月20日、自由報道協会主催の「小沢一郎民主党元代表・全国民同時参加型記者会見」があります。

既存メディアヲ通さず、直接編集されない小沢一郎氏の参加型記者会見をぜひ見てみて下さい。

裁判を傍聴したり、石川秘書判決を調べるにつれ、司法の現場がどれほど腐敗しているかということを思い知らされた。こと小沢一郎議員に対する裁判は、それまでの司法の常識や基本をことごとく覆し、「推定無罪」すら葬り去り、「推認有罪」を裁判所が認めるという裁判史上例を見ない悪判決を認めてしまった。

 私達は、この判決を今後裁判に適用されないように、登石裁判長へ弾劾裁判を進めると同時に、この司法部を巻き込んだ小沢一郎氏への攻撃とその元秘書議員に対する裁判の動向を知り、これから政・官・行を支配している闇組織による国家権力から正常な国民のための政治や行政、司法にしていくいための行動を起こしていかなければならない。

 この第一歩として、現状認識のためにも、このシンポジウムへ参加しなければと思っている。私も行きますが、一般市民もできるだけ参加しましょう。

______________________________________________

10月20日

小沢一郎民主党元代表・全国民同時参加型記者会見

by: fpaj - 2011年10月14日 金曜日
10月20日(木)17時16時より、小沢一郎民主党元代表の記者会見を自由報道協会主催で行ないます。
※再度、時間が変更になりました。ご注意下さい。

 今回の記者会見は、広く「主権者たる国民」の疑問に答えるため、前半・後半の二部構成といたします。前半はインターネット等を通じ、事前またはその場で公募された質問への質疑応答。後半は会見場の記者との質疑応答です。
 前半部分では、各メディア、各記者が、事前またはその場でインターネットやメール、ツイッターなどを通じて公募した質問を4〜5問、小沢氏本人に『代理質問』いたします。
 
 なお、代理質問は会見に参加する各メディア、各記者がそれぞれ募集します。また、会見中にTwitter、Ustreamなどのリアルタイムメディアを通じて寄せられた質問を会場の記者が採用することもあります。
※代理質問は会場での挙手制で、司会者が指名します。指名された方は『代理質問』をお願いします。
 後半部分は通常の記者会見と同様、会場の記者からの質問を受け付けます。

【自由報道協会として小沢氏本人に『代理質問』いたします】
ご質問がある方は お問い合わせより、

題名
【質問】小沢氏記者会見

メッセージ本文
①お住まいの都道府県
②年齢
③職業
④質問内容

とし、ご投稿ください。
募集締め切りは20日13:00とさせていただきます。

【インターネット等を通じた国民からの質問公募について】
 会見に参加する各メディア、各記者がそれぞれ募集するものとします。質問を希望される方は「都道府県など居住地」「お名前」を明記の上、質問をお寄せ下さい。『代理質問』の選定は、各メディア、各記者の判断となります。詳しくは各メディア、各記者にお問い合わせください。

【当日会場に参加する記者の申込について】
[時間]2011年10月20日(木)17時16時開始予定(16時15時受付開始)
[会場]麹町報道会見場(東京都千代田区麹町2-2-4麹町YTビル2F)
[申込方法]「会見参加登録#2」より、件名を「10月20日小沢一郎氏記者会見出席希望」とし、
      必須事項をお送り下さい。必ず参加者本人が申し込んで下さい。
[申込締切]10月19日(水)18時まで
[主催]自由報道協会

※下記の注意事項について、事前にご確認をお願いいたします。
・受付では運転免許証など、本人確認ができる写真付きの公的身分証明書の提示をお願いいたします。提示いただけない場合、入場をお断りすることもあります。
・手荷物検査、金属探知機によるチェックにご協力下さい。

________________________

最終のご案内(10月21日開催 第6回シンポジウム)
 
http://minshushugi.net/activity/index.cgi?field=1
テーマ「司法部を巻き込んだ小沢一郎攻撃」
小沢一郎議員と3名の元秘書に対する裁判の動向
             記
日   時   平成23年10月21日(金)午後6時  開場
                       午後6時半 開会
場   所   豊島公会堂
         〒170-0013 東京都豊島区東池袋1−19−1 
        TEL:03−3984−7601

講   師   衆議院議員   石 川 知 裕  氏(予定)
        同       川 内 博 史  氏
        同       辻     惠  氏
        参議院議員   森 ゆ う こ  氏
        評 論 家   植 草 一 秀  氏
        日本一新の会代表
        元参議院議員  平 野 貞 夫  氏

ゲ ス ト   元大阪高検公安部長  三井 環  氏

参加費(含む資料代)  お1人様 1,000円


 本年9月26日、小沢一郎議員の元秘書3名に対する政治資金規正法違反被告事件について、東京地裁の登石郁朗裁判官により判決が言い渡されました。

驚いたことに、世間の予想をくつがえし、3名全員に対して有罪判決が宣告されました。

判決は、有りもしない小沢一郎議員と建設業界との金銭的癒着関係と、有りもしない水谷建設からの1億円の献金を妄想した挙げ句、だから秘書達は、4億円の金額を虚偽に記載したものと断定したのです。

又、西松建設についても、正当な政治団体をダミーと決めつけ、西松建設の献金なのに、ダミーの献金として虚偽記載した、と断定したのです。

判決は、そもそも、検察が起訴してもいない水谷建設の献金についてまで判断をし、それを根拠にして元3秘書を有罪としたものです。

本来、他の国家権力から独立して司法権を行使すべき裁判官がかくも行政権力におもねる理由は、一体何なのでしょうか。

それはとりも直さず、現在の司法部が、最早司法の独立を自ら投げ捨て、積極的に行政権、官僚に協力しているということに尽きます。

私達が自由、権利の最後の拠り所としていた裁判所までが私達の権利、自由を侵害し、かつ、国権の最高機関である国会あるいは国会議員に対する侵害を行なっている状況は、完全なるファシズムと言わざるを得ません。

私達は、このような日本の現状に大きな危機意識をもって対処しなくてはなりません。

私達としては、最早、裁判の経過を傍観しているだけでなく、国民の大きな運動のうねりで裁判所をとり囲み、無法な判決を書かせないための国民的運動を展開してゆかなくてはならないと考えます。

そのような目的で当会の第6回シンポジウムを開催することにしました。

多くの方々をお誘い合わせの上、奮って御参加下さい。

今回も又、日本一新の会との共催と致します。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

冤罪を推進する裁判官の独善

陸山会の秘書に対する政治資金虚偽記載の裁判は国民の目の前で信じられない判決をだし、またこの異常な判決を評価する大手マスコミ、検事出身のコメンテータ、政治評論家など嘘で固めた報道にへどが出る思いでいます。こんなだらしない日本にしたのは、マスコミ、政府を信じて、お任せにしてきた一般市民の責任と感じて意見投稿するもの。これだけひどい醜い報道をみると黙っていられない。いろいろなシンポジューム、デモに説教的に参加、行動しようと思う。政治家も、学生も、非正規の労働者もみんなこの世の中の非条理に行動で示そう。
プロフィール

和枝

Author:和枝
 高校教師をやめ、ガーデニングのブログを書くうちに、気づいた小沢問題の陰に潜むマスコミや検察の腐敗をブロガーたちと追究し、小沢一郎氏の無罪判決を得ることができました。

「和順庭の四季おりおり」と題したブログの時から御支持いただいた真実を追究する仲間や冤罪被害者の皆様に支えられ、市民メディア「ツイートテレビ」を立ち上げ、私も生まれ育った東京を離れ、「生活の党と山本太郎と仲間たち」に習い、心機一転、主人の郷里・徳島にてエネルギッシュで常に現実に向き合い情報発信する生活をしています。
 
 それに伴い「和順庭」と名づけた庭も徳島県へ引っ越しました。



※寄付のお願い
■郵便局からの振込みの場合
口座 ゆうちょ銀行
記号 10000 番号 88352491

■銀行からの振込みの場合
口座 ゆうちょ銀行
店番 008 普通預金
口座番号 8835249
口座名 服部 和枝

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。