スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乳癌 (4)抗がん剤治療に悩む(セカンドオピニオンへ)

5月2日に放射線治療が終わり、娘の出産でしばらく徳島を離れている間も、抗癌剤治療をどうしょうかと悩んでいた。

私の遺伝子はホルモン治療が効くタイプなので、切除手術・放射線治療・ホルモン治療だけで抗癌剤をしなければ生存率80%、抗癌剤によってさらに0~10%上乗せできると言われていた。

リンパに転移すると癌細胞が全身にまわっている可能性があること、切除した癌が端までいっていて取りきれず残っている可能性もあり、何より遺伝子の増殖率が高いので、主治医からは抗癌剤治療をすすめられていた。

抗癌剤治療については、近藤誠医師の「医者に殺されない47の心得 」、ジャーナリスト船瀬俊介氏の「抗ガン剤で殺される」などの著書だけでなく、ネット情報にはその危険性を指摘するものがあふれていた。

医者に抗癌剤をすすめられながら、また別の医者の医者は「抗癌剤で殺される」という。

癌患者にしてみたら、これほど判断に迷うことはない。たぶん、みなその立場になったら悩むと思う。

特に、近藤誠医師の「医者に殺されない47の心得 」は、乳房温存療法を確立した功績は認められても、抗癌剤治療について書かれている部分は、首をかしげることも多かった。

 なかなか結論が出せない日が続き、それでもやはり納得した上で治療を受けたいとの思いから、セカンドオピニオンを受けることにした。放射線治療が終わってから、すでに1ヶ月以上もの月日が経過していた。

幸いにも「納得した上で抗癌剤治療を受けたいのでセカンドオピニオンを受ける」という私の申し出を主治医は快く許し、病院への予約、紹介状や病状についてのデーターを送付する手続きをするように指示して下さった。

セカンドオピニオン制度は、保険が適用されず自費で相談時間によって料金が変わる。30分まで10500円、30分を超えて45分まで12750円、45分を超えて60分まで15000円で、それ以降も15分毎に2250円が加算される仕組みだ。

そして、6月5日(水)徳島から比較的近い所にある癌センターを夫と訪れた。あらかじめ主治医から紹介状をもらい、私の病状についてのデーターを送付してもらって、予約した日時に行った。

乳腺外科は、水曜日の午前中が相談日に当てられ、担当医も決まっている。

癌センターの受付で、必要事項を記入し、紹介状を渡して、指示された診察室の廊下で待っていた。 

予約時間を30分ぐらい過ぎた頃、呼ばれて相談室に入った。ベテランであろうと思われる医師と看護婦さんがいた。

「どういうことで来られましたか?」というようなことを聞かれ、今までの経過と0%かもしれない抗癌剤の必要性について疑問を話した。

浸潤性乳菅癌で摘出したしこりは3cmほどだが端まで癌細胞があり、取りきれていない可能性があること、見張りリンパと呼ばれるリンパ節に転移があり(8個摘出したリンパのうちの1個にだけ転移が認められた)、女性ホルモン受容体エストロゲンレセプターはプラス、プロゲステロンもプラス、アクセル役のハーセプチンがマイナス、増殖率が33%という遺伝子検査の結果も伝えた。

その医師は、おだやかで信頼できる口調で、これまでのデーターと遺伝子検査の結果から、抗癌剤による再発率がどれぐらい抑えられるか、0%ということはなく効果はあるなどということを話された。

抗癌剤の副作用のことや、抗癌剤の種類についての意見も聞くことができた。

 主治医の診察は、混んでいるからか時間を制約されているようで、疑問があっても何もかも聞くことができないで言われたままをただ「はい」と受け止めて帰り、治療は進むが気持ちが追いつかないでいた。

その乗せられたレールについて何の疑問も持たずにいたら、今頃は抗癌剤治療をすでにしていたのにと思いながらも、本を読み、ネットで調べれば調べるほど納得できずにいた。

自分がその立場になったのでなければ、他の人にはきっとそれまでの知識からだけだったら「抗癌剤はやめたほうがよい」と言っていたかもしれない。自分がなってはじめて岐路に立たされた。

ふらふら思い悩みながら、このセカンドオピニオンによって、話しているうちにだんだん自分の気持ちの整理もできていったといってもよい。

リンパに転移していなければ抗癌剤をすることもないが、リンパ転移があり増殖率が高ければやはり、標準治療として再発を防ぐためにも抗癌剤を用いたほうがいいという結論だった。

 癌センターだから標準治療に沿ってのアドバイスになるだろうことはわかっていた。だが、なぜ抗癌剤をしたほうがいいのかということについて納得できるまで話し、一時的に癌細胞を押さえ込んでも癌細胞に耐性ができるのではないかという心配も伝えた。「私のような乳癌で今まで直った人はいますか?」の問いに「いっぱいいるよ!今は先が見えないから辛いかもしれないけれど、一年経ったときにはきっと抗癌剤をしてよかったと思うはずだ。」という言葉を聞いたとき、私の心は決まっていた。

廊下に出てからも、さらに詳しく看護婦さんからの注意事項や説明があり、そのようなやりとりを通して、私の心はただ抗癌剤がこわいという気持ちから治療として抗癌剤を取り入れようという気持ちに変わっていった。

癌になってはじめてちょっと晴れ晴れとした気持ちになった。不安で落ち込んでいた気持ちがすっきりした。これから待ち受けるであろう抗癌剤治療への迷いはなくなっていた。

 後日、主治医にセカンドオピニオンの結果、抗癌剤治療を受けることを伝えた。

セカンドオピニオンでは、主治医が勧めるタキソテールとエンドキサンという抗癌剤より心臓に負担はあるが効果のある別の抗癌剤をすすめられていた。そのことを話し、相談の結果、私の年を考えて心臓への負担のかからないタキソテール・エンドキサンのTC療法にするということになった。

 セカンドオピニオンのように、ひとりの患者に医師と看護婦が充分耳を傾けて応対してくれる。これが本来の医療なのだろうが、これには保険が利かない。時間を気にせず話して、相談室を出たときには、45分ぐらい経っていて、心の治療代は高額だったが、これがなければ私はまだ闇の中、結論が出せず、さまよっていただろう。
スポンサーサイト

テーマ : 乳がん
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

和枝

Author:和枝
 高校教師をやめ、ガーデニングのブログを書くうちに、気づいた小沢問題の陰に潜むマスコミや検察の腐敗をブロガーたちと追究し、小沢一郎氏の無罪判決を得ることができました。

「和順庭の四季おりおり」と題したブログの時から御支持いただいた真実を追究する仲間や冤罪被害者の皆様に支えられ、市民メディア「ツイートテレビ」を立ち上げ、私も生まれ育った東京を離れ、「生活の党と山本太郎と仲間たち」に習い、心機一転、主人の郷里・徳島にてエネルギッシュで常に現実に向き合い情報発信する生活をしています。
 
 それに伴い「和順庭」と名づけた庭も徳島県へ引っ越しました。



※寄付のお願い
■郵便局からの振込みの場合
口座 ゆうちょ銀行
記号 10000 番号 88352491

■銀行からの振込みの場合
口座 ゆうちょ銀行
店番 008 普通預金
口座番号 8835249
口座名 服部 和枝

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。