スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乳がん (8)食事療法 2 「葬られた『第二のマクガバン報告』」

癌を増殖させないためにどのような食事をすればいいのか?「乳がんと牛乳」を読んでから、牛乳・チーズ・バター・クリームなどの乳製品とホルモンに何らかの因果関係があるらしいことはわかってきたが、さらに「葬られた『第二のマクガバン報告』」を読むにつれ、病気と食事が密接な関係にあることがわかった。

「葬られた『第二のマクガバン報告』」は、「栄養学分野のアインシュタイン」と称されるコーネル大学栄養生化学名誉教授のT・コリン・キャンベルがトーマス・M・キャンベルと著した本で、上・中・下の三冊からなる。

コーネル大学・オックスフォード大学・中国予防医学研究所による「健康と栄養」研究の最高峰とされる「チャイナ・プロジェクト」(中国農村部の栄養調査研究)がそのもととなっている。

また、アメリカ国立衛生研究所内の国立ガン研究所(NCI)がこのプロジェクトに資金援助しており、ニューヨーク・タイムズが「疫学研究のグランプリ」と絶賛した。

博士が伝えようとしているメッセージは、動物性食品の過剰摂取がガンの強力な要因となっているということだった。

言い換えると、動物性食品がガンの最大の要因であり、この食習慣をやめれば、ガンばかりか、心臓病・脳梗塞・糖尿病骨粗鬆症・関節リウマチほかのさまざまな自己免疫疾患・アルツハイマー病・白内障・加齢黄班変性(AMD)など、あらゆる病気を予防し、回復させることができるということになる。

 知識として、この中で見過ごすことができないことをまとめてみる。

* 乳がんは食べるものによって決まる「血中女性ホルモンのレベル」と関係している。

* 乳製品の摂取は、前立腺ガンのリスクを高める。

* 糖尿病や心臓病は、食習慣を変えることにより、薬をやめたり、回復させることができる。

* 前立腺ガンのリスクは、乳製品の摂取による。

* 果物や野菜に含まれる抗酸化物質は、高齢者の知的能力の維持と関係している。

* 腎臓結石は、ヘルシーな食習慣で予防できる。

* I型糖尿病は、間違いなく授乳習慣と関連している。

* 最も高たんぱくの食事をしている子供達が、肝臓ガンになるリスクが最も高い(ガンになっている子は、裕福な家庭の子供)


そして、さらに研究はその原因となる物質に迫ることとなる。

食事に含まれるたんぱく質は、がんに及ぼす影響があまりに強いため、たんぱく質の摂取量を変えるだけで、ガンの増殖を「ON」にしたり「OFF」にしたりすることができた。

また、「絶えずガンの発生・増殖を強力に促進するのが、カゼインだということもわかってきた。そして、それは、牛乳のたんぱく質の87%を構成しているもので、ガン形成・増殖のどの過程でも作用していたのである。

同時に、大量に摂取しても、ガンの形成・増殖を促進させないタイプのたんぱく質も発見した。この安全なたんぱく質は、小麦や大豆など、植物性のものだった。

心臓病、糖尿病、肥満は、ヘルシーな食習慣によって改善でき、これらの病気を回復、そして予防することが証明されている食習慣とは、「プラントベース(植物性食品中心)の、ホールフード(未精製・未加工の食べ物)で構成された食事」のことであると結論づけている。

良い食習慣(ビタミンやミネラル、抗酸化物質、食物繊維などの栄養が豊富で、低塩の植物性食品中心(プラントベース)の食事を続けているために健康状態が良く、その結果コレステロール値が低いという人は、コレステロール値が高い人と対照的に、動脈硬化や狭心症・脳梗塞・骨粗鬆症ほか様々な病気のリスクから免れ、ガンや感染症・脳出血・うつ病などの病気になることもない。

 動物性タンパク質は、体により多くの「IGF-1」を作らせ、細胞の増殖機能と除去作用を崩壊させてしまい、ガンの発生を促すことになる。
   
   →動物性タンパク質は、「活性型ビタミンD」の生産を止めてしまう。牛乳の中に見られる「過剰のカルシ
   ウム」もまた、「活性型ビタミンD」の生産を止めてしまう。「活性型ビタミンD」は、体内でさまざまな
   健康効果を作り出すことに貢献している。

   →「活性型ビタミンD」のレベルが低い状態が続くと、さまざまなガンや自己免疫疾患、骨粗しょう症ほか
   の病気を引き起こす環境を作り出すことになる。

  ・乳製品や肉を過剰摂取することは前立腺ガンの重大な危険因子となる

「高タンパク・高カロリーの食事」をすると、カロリーを体温に転換せずに貯蔵用の形(すなわち体脂肪)に
変えてしまうが、「低タンパク・低脂肪の食事」では、カロリーを体脂肪に変えるのではなく体温への転換に費やし、失わせてしまう。体温が上がることで、癌の発生も少なく、より多くの酵素がとりこまれるとカロリー代謝の変化を起こし、体重減少につながる。              
                                  つづく


スポンサーサイト

テーマ : 乳がん
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

和枝

Author:和枝
 高校教師をやめ、ガーデニングのブログを書くうちに、気づいた小沢問題の陰に潜むマスコミや検察の腐敗をブロガーたちと追究し、小沢一郎氏の無罪判決を得ることができました。

「和順庭の四季おりおり」と題したブログの時から御支持いただいた真実を追究する仲間や冤罪被害者の皆様に支えられ、市民メディア「ツイートテレビ」を立ち上げ、私も生まれ育った東京を離れ、「生活の党と山本太郎と仲間たち」に習い、心機一転、主人の郷里・徳島にてエネルギッシュで常に現実に向き合い情報発信する生活をしています。
 
 それに伴い「和順庭」と名づけた庭も徳島県へ引っ越しました。



※寄付のお願い
■郵便局からの振込みの場合
口座 ゆうちょ銀行
記号 10000 番号 88352491

■銀行からの振込みの場合
口座 ゆうちょ銀行
店番 008 普通預金
口座番号 8835249
口座名 服部 和枝

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。